スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スラブ人がやり遂げた

06 25, 2010
体重が徐々に減りつつある。
朝・・・ぬき。 昼・・・パン1個。 夜・・・350のビール。

この基本パターンがうまい具合にハマリつつあり、事態は好転している。

しかし野菜など食わなくていいものだろうか?
まあいいんじゃないかな。
爽健美茶を毎日1リットル飲むようにしている。
水分さえ取っていれば死なないんじゃないかな?
(・・・生死の話になってきたな)

明日は休日。
兵庫県にでもドライブに行こうかと思っている。
見知らぬ国道をただただ走りたい気分だ。
と考えつつ、イタリアvsスロバキアの試合を見ている。
実におもしろい試合だ。
イタリア。前回王者がグループリーグ敗退のピンチ。

しかしヨーロッパのチームは自陣のサイドで、ちょっと危なくなってもボールを蹴り出さない。
日本などはすぐ蹴り出して逃げる。
それがいかんのだ!
ボールを簡単にクリアするなと言いたい。

まあどうでもいいのだが・・・・・

シャラポワ

スロバキアのハムシクの髪型はなんだ、、、
と思っていたら、ハムシクのクロスからスロバキアが2点目。
スラブ人やるじゃないか。

と思っていたら、イタリアがゴール。
イタリアあと1点でグループリーグ突破。残り8分!!!!

シャラポワ

・・・・・・・・
いやおもしろかったな、この試合。
本気のラスト。1点がすべてを決めるGL最終戦終盤の緊張感。
最後ペペがシュートはずしたとき、イタリアベンチからブッフォンが飛び出て頭を抱える。
いや~~緊迫の一瞬また一瞬だったね。

これでフランス、イタリアが姿を消した。
ざまあみろだ。



0 CommentsPosted in サッカー

日本 vs カメルーン

06 15, 2010
前半の途中からゲームを見たわけだが、
日本の、というか、日本と対戦したチームのサッカーのゲームというのは、
どうしてこう、つまらないゲームなのだろう・・・。

なんか日本のサッカーって相手の良さを消すためにあるサッカーという気がする。

エトー。何もしてない。
カメルーンってこんなに何もできないチームなのか?
相手の良さを消す、相手にサッカーをさせない日本の戦法。
それも、まあいいだろうが、なんかつまらない。
どうしてこう、マッタリとしたゲームになってしまうのだろうか・・・・・

アルゼンチンとか、やはり面白いサッカー見せてくれたもんな。(少々汚いが)

まあしかし、、日本は 『つぶす』、 これこそを懸命にやるチームだと考えれば良いのかも知れない。
『相手の覇気を失くす』
日本は強豪国とは違うサッカーの言語で試合をしているのだと思えばいい。



勝った。
あぶないなぁ。
終盤は防戦一方だったな。
しかし盛り上がらない勝ち方だな。

まあいい。




0 CommentsPosted in サッカー

Hidetoshi Nakata

06 07, 2010
最近はよく睡眠がとれ、それは良いのだが、「寝すぎかも」 と思う。

昨日は夜11時ごろ寝たのだが、今日目が覚めたのは10時。
・・・・・
11時間も寝たのか! しかし、わたしは思った。

  「寝たりない」

こんなに寝てももっと寝ていたいのだ。
こういう気持ちは何時代までさかのぼれば許されるのだろう?
多分江戸時代の農民なら、日が昇ってまだ寝てると叩き起こされるだろうな。
平安時代でも室町時代でも、農民なら同じようなものだろう・・・・・

しかし縄文時代ならば、あえて10時まで寝ても許されるのではないだろうか。

「あいつ、まだ寝てるわ」 とか言われて。
それでも家族も、隣人も起こそうとはしないだろう、おそらく。
どーせ、さかなを取ったり、木の実を取ったりするだけだからな。
インターネットもゲームもないから、、【ないからこそ】 しあわせな毎日だろうなあ。

軽四

  ↑この軽四を見て欲しい。かすかに見えるが、鋲が打ってあり、車高も低く渋くきめている。



ワールドカップ開幕まで、あと4日だと。
昨日もナカタさんと本田の対談を見ていて思ったのだが、
なんか、すべてを忘れて盛り上がることができない気がする。

ドーハの悲劇の時は、体の芯から盛り上がったんだがな。
イラクのセコいコーナーキックから変なヘディングのゴールが決まって、
私は 【ものすごい喪失感】 を味わった。

・・・・・・こ、これで、ワールドカップに出れないのか!・・・・・・

私は部屋の窓を開けた。夜中の近所の風景。何も変わりはない。どうしてだ?

・・・・・・・日本がワールドカップに出られなくなったんだぞ! おまえら寝てる場合か!・・・・・・

そして4年後のジョホールバル。
あの時は 【ものすごい高揚感】 を味わった。
イランとの決戦。同点で延長戦になった。ナカタさんがシュート! キーパがはじく!
そこに岡野がいた。
なんとあんな簡単なタマを、スライディングまでしてGOAL。

いや、すごいな、すごいよ、岡野。よくていねいに押し込んだ、エライ!!
私はテレビの前で両腕を突き上げた。
スポーツを見てて、たかがスポーツを見てて、こんなにも激昂するなんて・・・。
(激昂というのは言葉の使い方がちょっと違うな。興奮だな)

みんな大喜びなのに、ナカタさんはクールだった。
岡野に集まるメンバーを尻目に、マスコミをも手でさえぎりながら消えていった。
さすがナカタさんだ。
私はそれ以降、ナカタさんが大好きになった。
ペルージャに移籍して、セリエAを見るようになった。
175cmと決して大きくないナカタさんだが、体内に獰猛なエンジンを備えてるような、
そんな動きをするナカタさんが大好きだった。

ローマに移籍。
トッティとのスタメン争い。
ナカタさんは控えに回ることが多くなったが、私はこのユベントス戦でのゴールを忘れることができない。





0 CommentsPosted in サッカー

ワールド・カップ・イヤー

04 30, 2010
深夜の国道を、70~80キロの速度で流している。
帰路についている。
あいかわらず Kenny Kirkland のファーストアルバムのピアノ・プレイが車内に満ち、私は明日からの6連休に向けて、ハンドルを操作している。

今日は中学3年生の女の子から 『アンティック珈琲屋』 っていうビジュアル系のバンドの話を聞いた。
なんか良いんだそうだ。
後で YouTube で見てみようと思う。

しかし私はクルマの中ではジャズしか聴かない。
あたりまえのことだ。
私はクルマの中で「歌詞」のある歌を聴いたこともない。ジャズだけだ。
秀でた演奏家の奏でるジャズだけが、私をソアラの車内で解放させてくれる。
もう何度も言っているが、日本では渋谷の雑踏と、三宮のおっぱい公園の雑踏の中にいる時だけ、私はあらゆる物事から解放され、自由な気持ちになれる。

ソアラのメーター



しかし村上ショージって面白いな。本当におもしろい。
深夜番組ってのも笑わせてくれるものだ。
ダウンタウンとココリコと山崎、唐沢寿明まで舞妓はん教室ってのをやっているwwww



今夜は外食をした。明日から休みということで、職場の同僚のM氏を誘ってみた。
ジョイフルの799円のでかいステーキである。
私が運転をしたので、M氏だけ飲んだ。私と同様、東京から岡山に帰ってきた人なのでなんとなく話が合う。営業をしていたというのも共通だし、24歳で大学を卒業したというのも共通している。

ジョイフルのこの巨大な799円・ステーキはもう3回目だね。ハッキリ言って。
ガーリックソースがウマイんだな。肉はクズ肉だろうけどさ。

1回目は、R氏とマセラティを見に行く前に食った。
2回目は、Mちゃんというある経営者と、その女子社員と3人で。
なんか、Mちゃんは、「ファジアーノ見に行きましょうよ」としきりに言う。
私は、Mちゃんとこの社員と宇多田ヒカルの話で意気投合し、「芦屋の六麓荘連れてってあげようか?」という話になり、ファジアーノはあまり気が進まない。
私はあんまり、地元のサッカーチームがどうであれ、気にしない。
要するに最近はマンデー・フットボールを見るくらいのサッカー観戦者であり、やはりイブラヒモビッチがどうしたとか、カカとかクリスティアーノ・ロナウドとかドグロバとかルーニーとかメッシがどうした、、位しか興味がなくて、いまさらながら、ファジアーノを応援する気にはならないのである。

1回だけファジアーノの試合を見たことがある。
確か、これに勝てばJFL昇格って試合で、相手はおそらく鳥取FCだったように思う。
県営競技場にある、サブグランドでの試合で、客席は階段5段くらいの高さしかない。
横から見る感じで、普段はテレビで上からピッチを眺めるのに慣れているせいもあって、見にくかった。
まあしかし勝ったし、ゴールも良かったし、何より昇格の喜びで満足。
試合後、鳥取のサポーターが 『ファージアーノ!ドドンドドンドン』 ってやったくれたのに、そのころは全く統率のとれていないファジアーノのサポーターは、返礼をすることもなく、バラバラと散っていった。
お礼くらいすりゃいいのにね・・・。

しかしだな。今年はワールドカップ・イヤーなんだな。
それを考えただけで、体の底から暖かいものがこみ上げてくる。
この仕事について良かった。南アフリカでのゲームは、殆どヨーロッパと同じ時差なので、日本の深夜になるだろう。私は、私には見ることができる。だって新しい会社の出社時刻は13:30だからな。



酒

いつもの酒をあおっている。
日曜日に超泥酔し、次の日がたいへんだったのも忘れて、ダウンタウンを見ながら缶を傾ける。

サッカー日本代表は、今年、どんなワールドカップを見せてくれるだろう?
今から楽しみだ。
私個人的には、松井大輔のプレイが見たい。
あいつのことは昔から大好きだ。さり気ないし、プレーがおしゃれだし、なんか人を食っている。プレイがな。
後はスティーブン・ジェラードだな。イングランドがどうなるか、ってのも気になる。

日本代表については、この金子達仁氏の記事がおもしろいと思う。
結構2ちゃんねるなんかでは叩かれてる評論家だが、僕は好きだ。彼は分り易い文章を書く才能がある。

    ◆ 金子達仁のサッカーコラム ◆ ←クリック

「28年目のハーフタイム」 とか 「決戦前夜」 とかホントにおもしろかったもんな。
今でもこの2冊はよく読み返す。日本サッカーの夜明け、っていえる頃だな。

今年のワールドカップで日本はもうだめじゃないの?、、みたいな空気が蔓延しているが、私は逆に期待してるね。松井大輔のほかにも、本田とか森本とか、一応日本にも期待できる選手がいるし、とにかくサッカーはやってみなけりゃわからないスポーツだ。
アトランタオリンピックのU-23日本 vs ブラジルの一戦を思い出してみれば分る。

  マイアミの奇跡

ああいうこともあるんだよな、サッカーには。
例えばバスケットボールとかには考えられない奇跡が起こるのだ。
ワールドカップまで、あと41日と22時間!

0 CommentsPosted in サッカー
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。