スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YAMAHA ドラッグスター ★鳥取 ①

04 16, 2012
 

今日は、YAMAHAの DS=ドラッグスター 400をレンタル。

120416_163129.jpg


前々から、非常に乗りたかったバイクだ。
どこに行こうか迷ったけども、鳥取の城址と、海を見に行くことにした。





++++++ 本日のまあまあ激走マップ ++++++

000map.jpg
(※ クリック拡大)    





ま、なんつうか、結論的には 非常に、いいバイク だった。

今回で、Paddockでのレンタルは5回目。
5台とも違うバイクに乗ってきた。
移り気なわたしには、とってもありがたいシステム・・・レンタルバイク。

「あらぁ、おはようございます、キシモトさん!」
いつものメカニックの人と、受付のおねいさんが迎えてくれる。

120416_101115b.jpg  120416_090412b.jpg

今回、フルフェイスのブラックメットを新調(HARD OFFで中古で1980円)した。あへへ・・

午前10:20分、ETCの説明を受けスタート。
一応防寒のためのダウンジャケットを荷台に積む。



乗りやすい! ステップがほどよく前方! ちょっと発信加速が悪い!
でもいいバイク。
相当にいいバイク。
空は薄曇りなんだが、バイクで公道に出た瞬間、心が、肉体が、解放される。

津山市の北をバイパスする広域農道を、要所要所でクルマを抜きつつ70㌔ほどで流す。
乗りつつ1枚撮ってみた。

120416_102700.jpg

月曜の津山市。交通量少なし。じゃまするクルマも少なし。
ほどなく広域農道終点で、Route53(鳥取と岡山を結ぶ国道)に合流。
勝北町、奈義町をパスし、中国山地がもたらすワィンディング・ロードにやってきた。
赤く見えるサークル状のロードは、岡山県民なら誰でも知ってる那岐スラローム。

120416_105533.jpg

カーブを曲がるたび、車体を傾けるたび、
心が解放されてゆく。
いろんな悩み、人間関係のほころび、朽ちてゆく人生そのものが、どこかに飛んでゆく。
人は歳を取る。誰でもそうだ。
今日の自分は、昨日の自分よりも中古なんだ。

今日よりも明日、などときれいごとを言うつもりは毛頭ない。

しかし、男でも女でも、
一旦バイクにまたがってカーブを走り抜けると、そんなことはすっかり忘れることができる。
それは真実だ。

120416_110135_20120417031614.jpg


黒尾トンネルを抜けるとそこは鳥取県。
カーブの連続に、『アメリカン曲がりにくいなぁ』って痛感したが、ニーグリップを効かすことによって、なんとかカタチになってきた。やっと鳥取に入って乗り慣れてきた。

峠の先は下り。
すごく交通量が少ない。Monday...
80~90㌔の速度で駆け下りてゆく。そう、秀吉に落された鳥取城を目指して。

Route53は、川を渡り切って左に折れ、智頭町の市街をパス。
高速を走るか、下の道をのんびり行くか迷ったが、ローソンの交差点を右に入り高速に乗る。

秀吉も陣を築いた 河原城、別名:若鮎城 (ちっちゃく写ってる)

120416_112950.jpg

トンネルにて全開120㌔、しかしそれ以上針は動こうとしない。どして?限界?
その後、下りを利用して再度フルアクセル。140㌔を少し超えた。

お~、まあこんなもんだろう。
トンネルの中でも車列をガンガンに抜いてゆく。路側帯から、センターラインから。
この鳥取市への高速道路は片側1車線。
クルマをパスするには路側帯かセンターライン走行しかないのだ。

トンネルの中で、1車線しかないのに右からトラックを抜く。

   ダダッダ

死ぬかと思った。
スニーカーの先が、センターライン上に並んだプラスティックの支柱を3つヒットしたのだ。

あと5cm右を走っていたら・・・
恐怖にとらわれるが、すぐに忘れる。
90~100㌔といったペースで快調に高速の終点へ。鳥取市街方面へと向かう。

走行キョリ、約70キロ。
コンビニで最初の休息をとることにする。

120416_114616.jpg

なんだか、風の強い日である。
自転車もぶったおれているのである。

120416_114811.jpg

車輪止めは空いてなくて、道路の縁石に座って一服。ビタミン野菜を取る。
まあ、その~。
タバコ吸ってビタミン飲んでもあんまし意味ないんだがな・・


10分ほど休憩。  鳥取駅。
120416_115642.jpg


駅からメインストリート方面の風景。前方に見える山の麓にかつて鳥取城があった。
ほどよくコンパクトな街。
120416_115801.jpg

だらだら、ブラブラ、鳥取の街を流してみる。
こういう瞬間が最高だね。
普段とは違う知らない街を、ゆるりゆるりとアメリカンバイクで流す。
右に曲がってみようかな、と思えば迷わず右に曲がる。
おっ、この路地入ってみようかなと思えば迷わずインサート。

自由だな、バイクって・・・

すると・・・・!・・・・

武蔵小杉に住む親友の名を冠した小料理屋の看板が!
120416_120142b.jpg

鉢植えの作業をしてるおばちゃんに、自分を入れて看板の写真撮ってもらおうかな、と思ったが、思いのほか忙しそうなので、通行人がいねぇかな?と思ってると来ましたよ。通行人が。

「すみません。写真とっていただけます?」

ヘルメットかぶったまま、怪しげな男の申し出に、ほどよくお歳をめされたご婦人は、

「・・・えっ、あの・・わたし・・写真とか分からないから」

歩を緩めず断られた。

「ごめんなさい。すみませんでした。」


「おにいちゃん、どっから来たの?(ヘルメットかぶってるのでオッサンだとバレてない)」

鉢植えで作業してるおばちゃんの声がした。

「え~っと。・・ヨコハマです」(岡山ナンバーなのに)
「へえ、そりゃまた遠いとっから」
「実は、僕の友人に【えいちゃん】ってやつがいて、おばちゃん写真とってくれないですか?」
「ええ~?わたしそんなのねぇ、苦手だから・・・」

と言いつつも鉢植え作業を中断し、僕から携帯での撮影方法を伝授され、カメラを構えてくれた。

「行くよ!」
「行ってください!」   パシャリ!

120416_120416.jpg


「いやぁ、完璧です!ありがとう、おばちゃん」
「あなたの友達、なんて言うの?」
「エイイチです」
「そうなの。この店ね、主人がサラリーマンやめて始めるときにね、自分の名前つけたの」
「そうなんですか。エイイチさん?」
「エイイチじゃないよ。せっかく撮れたんだから、ともだちに見せてね」
「わかった、おばちゃん!ありがとうね!ありがとうございます!」





DIESEL製の高級な腕時計を見ると12時を回っていた。
腹も減ったし、メシでも食うか?
わたしは駅から県庁を結ぶメインストリートに戻り、繁華そうな場所にバイクを止めた。

だが、何の下調べもしないたちなんで、どうしようか迷う。辺りにもメシ屋なさそうだし・・
するとそこに、痩身のOL様が歩いてきたので、にわかに質問。

「あのー、ほんと、すいません。・・あのですねぇ、ここらでランチとかおいしいお店あります?」
「・・・・」
「まあ、そのあまりおいしくなくても、いいですけど・・」
「この通りを、あっちに行かれると、左手に%&イパンって店がありますよ」
「何・・パンですか?」
「フ・ラ・イ・パ・ン」
「あー、フライパンですね!どうもありがとうございます!」

やさしいおねいさんだった。日本の人って、大概はみんなそう・・
(おまえは何人なんや?)

フライパンという店を、目を皿のようにして20㌔走行で探すがない。
とうとう橋を渡ってしまった。  ・・・こりゃ行き過ぎたな。

バイクを路肩に停める、とそこにパン屋さんが。

「バイクのおにいさん、試食しませんか?」
「いやオッサンだけど」
「今日、メーカーの人が来てみんなでウチの店のパンを試食してもらってるの」

そのおねえさんはシャキシャキしてる感じだった。

「ひとつ食べて。これがカボチャのパン、これがサクラ餅、これが・・・」

わたしはいい感じにピンク色のサクラ餅パンの小切れをつまんだ。
120416_122840.jpg

「うまいね、これ」
「そうっ? じゃ何個?」
「えっ、買うの」
「買ってくださいよ~」
「じゃあ1個でいい」
「はい、お客さんサクラ餅いっこ!」

店内に向けておねえさんが大声。140円の売り上げに対して、声大きすぎ。

120416_122916.jpg

「なんで写真とるの?」
「ブログ書くのが趣味なの」
「へぇ~~っ!宣伝しといて!」

そうだ、こんなことをやってる場合じゃない。メシ屋を探さなくては・・

「あっ、フライパンて知ってる?」
「知ってるわよ。ここを戻って3つ目の信号を・・・(詳細な説明)」
「あそう。よくわかった」
「大きなバイクねぇ、何cc?」
「えっ、   ・・1600cc」
「わたしの車よりおおきい。どっから来たの?」
「岡山の山ん中」
「気をつけてね~!」
「ありがと!」

わたしはそのおねえさんが事細かに教えてくれた場所に、みごとに【フライパン】を発見した。
その時点では、店内にて超大物美少女と出会うことになろうとは、つゆ知らず・・・

120416_130425.jpg







          ② につづく




関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in バイク
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。