スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エストレヤ / 龍野城内 ②

04 04, 2012
 

少し疲れ、LAWSONにて休息。

すべからく微妙なところに駐車。
バイクで駐車スペース1台分を占領してしまわないという、思慮深さを表現してみた。
昨今失われつつある『思いやりの心』だ。

120402_122611.jpg

わたしは常に野菜とカルシウム不足に悩まされている。
野菜カルシウムジュースを購入。それを飲みながら、灰皿スペースでタバコを一服。
タバコはカルシウムの吸収をさまたげるという。
そんなことを研究して発表するな!
頼むから放っておいてくれ。

スーツを着た男が携帯を手に早口でしゃべっている。
こんな田舎にスーツを着用する人間がいるのだ。しかも関西弁・・・
さすが兵庫県。岡山とは格が違う。





 龍野城下 揖保川西岸地区

179号線の旧道・・出雲街道に入り、いよいよ龍野城下に入る。
そこは迷路的路地と古民家の密集。
さりげなさと人通りの少なさ。

120402_131020k.jpg

001_20120403123719.jpg

道路の混沌たる無節操状態をご覧いただきたい → Google Map たつの市龍野町地区

まあそんなに無節操でもないが、うすくち醤油博物館は月曜のため休館であった。
残念だ。入場料は10円ということだ。
10円ということは300人入っても3000円なわけで、それなら無料にせよ、と言いたいが、しかしながら10円という料金はまるで人の心を操るエキスパートが設定したに違いない。
【無料】だと、おそらくほとんどの人間が『どうせつまんないだろうな』と入場しないだろうからな。

まあ、そんなことはどうでもいいのだが・・

ここはバイクかチャリで来るべきだ。もちろん本竜野駅で降りて徒歩でもいい。
細い路地だらけだ。
到底クルマでは入れない1mクラスの極端に狭い路地があり、冒険心をくすぐられる。
わたしの乗るエストレヤの幅は、おそらくマツコデラックスの幅程度だろう。

     バイクはどんな路地でもゆるりと走行することができる

120402_131007k.jpg

120402_130040k.jpg

商店と言う商店はあまりに無人。

商売をやる気がないわけではないだろうが、人間がいないわけだ。
クルマ社会は昔からの旧市街・街の中心から人を消す。
沢木耕太郎がDVD版 深夜特急 のインタビューで、
『ジブラルタルからアフリカ大陸を見て、その足でもしもマラケシュに行ってたら、香港、カルカッタ(コルカタ)に次いで、混沌たるカオスに対する強い衝動がわきあがり、違った旅になったかも知れない』
と語っていた。
おそらくはマラケシュは人の洪水。香港やカルカッタでもそうだろう。
人の居ない日本の地方都市の中心部。
しかしそれはそれで魅力的かも知れない。人の洪水を避ける必要もなく自由に探索ができる。

国の首都、あるいは地方の拠点となる都市以外の街は、残念ながら変化しない。
あるいは変化のスピードが極端に遅い。
変化させる意志と経済力が圧倒的に不足している。
その結果は朽ちていくしかないのだ。
岡山の津山市もそのとおりだ。

120402_130257k.jpg

120402_125913k.jpg

120402_125603k.jpg





白鷺山という小高い丘の展望台を目指した。
この龍野町地区はどのように見えるのだろうか?

と思ったら車道は途中までで、なんと 階 段 を 登 ら な け れ ば な ら な い !
【童謡の小道】みたいな名前の、階段ウェイである。

きゃりーぱみゅぱみゅというシンガーをご存じであろうか?

120402_142557.jpg
童謡にラクダが関係あるのだろうか? 

   ♪ ウェイ・ウェイ・ポン・ポン・ポン  
          ウェイ・ウェイ・ポン・ウェイ・ポン・ウェイ・ウェイ

このなんというか、ウェイのところで『W』、ポンのところで『P』の文字を表現している「ぱみゅぱみゅ」がなんとも言えずクセになるPVだ。
一聴されたい  →   きゃりーぱみゅぱみゅ/PON PON PON 

しかし再生回数2300万回というのはすごいな。
北朝鮮の老若男女すべての人間が見たことになる。

わたしは老体にムチ打ちつつ、先の見えないぐにゃぐにゃの階段を上った。
3段目くらいから息が切れていた。
しかしわたしはくじけない。とりあえず頂上にのぼり、龍野エルサレムの姿を見るのだ。

すると上から小学3年生くらいのガキが身軽な動作で階段を下りてくるではないか。

    「君! 頂上はまだ先か?」

    「・・・・・わからない」

わからない、とは何ごとだ!!
最近のガキは人との会話の基本を教育されていないのか?ふざけるな。
まあいい。
そのうち着くだろう。

思いのほか超運動不足の足腰であり、展望台スペースに到着したときは、ハァハァと肺の活動が活発化しこのまま死ぬんじゃないかと思ったほどだ。
120402_141725k_20120403142948.jpg

120402_141705k_20120403143014.jpg

残念ながら、山や樹木が邪魔になり龍野旧市街は見えないじゃないか。
地図で確認する限り、旧市街を見下ろせる丘はなかなかないようだ。
まああれだな、そんなに見たいわけでもないけどね。

灰皿があったのでタバコに火をつける。
やっと動悸が収まりつつあり、老体が転ばぬようにゆっくりと一歩一歩階段を下りる。

すると石碑が立っていた。
【夕焼小焼】と書いてある。石碑のそばに寄るといきなり、尚且つ自然に、メロディが聴こえてきた。

      ターンタタ タタタト トトトレロー  (ゆうやけ こやけで ひがくれて)

わたしはハイ・テクノロジーに愕然。
人が近寄るとセンサーが察知し、スピーカーから【夕焼け小焼け】のメロディが流れるのだ。

      夕焼小焼で 日が暮れて
        山のお寺の 鐘がなる
          お手々つないで 皆かえろ
            烏(からす)と一緒に 帰りましょ


カラスと一緒に帰りましょー、、、
なんというセンスをしているんだ。
なんと抒情的、絵画的、オレンジ色的なのだ。
物理的にカラスと一緒に帰れるわけがないじゃないか。
『この腐敗した世界に産み堕とされた』鬼束ちひろ並の作詞能力ではないだろうか。

また2番がすごい。

      子供が帰った 後からは
        円(まある)い大きな お月さま
          小鳥が夢を 見る頃は
            空にはきらきら 金の星


小鳥も寝るんだな。
わたしは鳥が寝ているところを見たことがない。
どうやって眠るのだろう?
木の枝に止まって眠るのであれば、足は起きていて枝をつかんでいるのだろうか?
それとも地面に犬のように転がって眠るのであろうか?

さっぱりわからない。
この世は謎だらけだ。



わたしは『夕焼け小焼けセンサー』を3回作動させ、階段ウェイを下った。
階段ウェイの中ごろで、小学4年生くらいの女の子が2人、わたしの方へと登ってきた。

         GIRL1 「こんにちわー」

         GIRL2 「こんにちわー」

なんという機械的なあいさつか。びっくりしたがわたしも言葉を返した。

         OSSAN 「こっ、こんにちわ」

田舎の小学校では道で人に会ったら必ず挨拶するように指導される、と聞いたことがある。
以前、兵庫県佐用町でも見知らぬ小学生に「こんにちわー」とあいさつされた。

まあこれは性犯罪的犯行を未然にふせぐ予防策ではないかと邪推する。
『なんか少女(少年)に悪さをしてやろう』と近づくおっさんの立場としては、「こんにちわー」と言われることによって、「やっぱ悪さはやめとこう」と8割方が思うんじゃないかな。

120402_122656.jpg

まあそんなことはどうでもいいが、わたしは空腹を覚えた。

    「へっへっへ、そろそろメシにするか」

壮年のわたしは、ほぼ食べることしか楽しみがないのだ。


            (つづく)
003_20120403152208.jpg

関連記事
スポンサーサイト
1 CommentsPosted in バイク
-1 Comments
By 02 18, 2016 - [ edit ]

このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。