スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の生命を思いやる人間

12 12, 2011
 

家に帰るのが非常に楽しみだ。
帰宅途中のクルマの中でも、『早く着かないかな』とわくわくする。

    部 屋 を 片 付 け た か ら だ ! !


そこらうちじゅうに散乱していた本やらCDやらDVDやらを、完全に整然とさせた。

     これを見てくれ↓↓

111211_132624.jpg

わたしは検討に検討を重ね、アマゾネスで山善の本棚・180cm tallを購入。
格安だ。
「山善」っつうのはわたしに言わせると、かなりのリーズナブル価格・品質の家具を提供し、あえて顧客の心をわしづかみにする、善良なメーカーである。
「善」という字がついてるくらいだから・・

わが部屋のCDを数えてみたらおおよそ500枚あった。
この写真以外にも置き場があり、もう収拾がつかない。

なんつーか、そのー・・・
iPodつうか、なんつうか、みたいなモノに変換すれば場所負担もグッと軽減するだろう。
しかし、あんなちっちゃいものにCDが500枚入り、それを聴く様子を想像すると、なんとも味気ない気がするのである。

  完全に新しいものを拒否している、引きこもり老齢者の言うことだ

ということは重々承知だ。
重々承知の上で、MP3みたいなのは『なんか物悲しい』と思うのである。

わたしは30cmLPがCDになったときも同様の味気なさ、寂しさを感じた。
大きなジャケットに描かれる「芸術」とも言える絵や写真のインパクトはどうなるんだ?
特にプログレッシブ・ロックのジャンルにおいては、まさにジャケット&内ジャケットは作品の一部だった。
(内ジャケットってのがあるんだな。知らないだろう?)

そしてその大仰なジャケットからplastic袋を取り出し、その袋からLPレコードを取り出すのだ。
レコードプレイヤーのターンテーブルにセットしレコードの外枠の黒い部分に針をそっと落とす。
(レコードプレイヤーはその後、自動的にアームが動き針を落とすように進化した)


まあそんなことはどうでもいい。

本を1冊1冊拭き、CDも1枚1枚拭き、棚に並べた。
こんな感じになって信じられない快適さだ。

111211_132705.jpg

部屋に居ることが、心地よくてしょうがない。

わたしはまるでスピリチュアルな面での安静と平穏、しいて言えば「慈悲の心」を獲得した。
今後のわたしはきっと他の生命を思いやる人間へと変わってゆくことだろう。



ほんの1ヶ月前はこのざまだったのである。

111113_174342b_20111212022140.jpg
     ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
111211_132746.jpg

まあまだテーブルの上はカオスだが・・

反対側はこうなっている。

111211_132812.jpg







まあ部屋のことなどどうだっていいのだが、ドライバー・サンフランシスコっつうのはすごくいい。
本当にすばらしいレースゲームだ。

このようなチャレンジ←が沢山あり、そのどれもこれもが劇的だ。衝撃的と言ってもいい。

このゲームのチャレンジ(レース)はトラフィックに大きく左右される。
トラフィックとはその場その場の一般車の存在。
対向車が不意に出てくるとか、先行車が車線を塞いでいるとか・・
つまり言いたいことは、、、2度と同じ環境でレースできない ということである。



◆Driver; San Francisco
driver-san-francisco-20110713031831146.jpg
driver-san-francisco-20110817102318937.jpg

Gran TurismoとかForza Motorsportsといった種類のレースゲーの場合、
やはりサーキットもしくは一般道のクローズドサーキットで、毎回公正にレースが行われる。

まあそれは、真の腕試しであり、自分のスキルを公正な場で発揮するのには良い。
・・のだが、そこに偶然の要素がほとんど入らない。

偶然の要素。

それは予期せぬ対向車。予期せぬ一般車の流れ。
ドライバー・サンフランシスコはそういう「偶然」に満ちている。
「偶然だらけ」と言ってもいい。
わたしはGran Turismo、Forza Motorsports系のレースゲームには正直飽きてきた。
もうそういうのはやり尽くした感がある。
オーバードライビンDX、初代グランツーリスモ、コリンマクレーラリー2、などだ。(古っ)
まあレースゲーマーとして成長したならば、「偶然」もしくは「運」が大きく影響する、味わい深いゲームを求めるようになる、とでも言えばよいのかも知れない。
わたしは混沌とした理不尽なレースを求めている。
それはちょうど人生のようなもの・・

よくアメリカ人は公正なスポーツを好むと言われる。
運ではなく実力が結果に出やすいスポーツ。
アメフトしかり、野球しかり、バスケットボールしかり。
しかしヨーロッパの人間は野球などやりはしない。
「公正・公平」のための決まり事、制約の多い競技はやってられないのである。
ルールを覚える時間がもったいない。
だからルールが極限にまで簡素なフットボールを好む。
サッカーこそは偶然だらけ、運だらけのスポーツ。
時には偶然だけで勝負が決まる。

ミランの元監督であるアンチェロッティは言っていた。
「責められて責められて、90分ピンチの連続で、しかしロスタイム、相手のオウンゴールで1-0で勝利。みたいな勝ち方が最高だね」と。
彼はおそらく108-92みたいなスコアで終わるバスケットボールには、興味がないかも知れない。



◆パトカーからの逃走
driver-san-francisco-20110713031823131.jpg
driver-san-francisco-20110817102214495.jpg
e3-2011-driver-sf-screens-20110607062002118.jpg

モータースポーツにおいてもそうだ。
毎回違うレイアウトのサーキットを転戦するF1。
F1ほど偶然と運が勝敗を左右するレースもないだろう。
億の金をつぎ込んだ異常な馬力のマシンを、毎回スタンディングスタートさせる。
これは『1コーナーでクラッシュしろよな』と言ってるようなもんだ。
と誰かが言っていた。

別に誰だっていいだろう?誰かだ。

そしてまさに毎回ポールポジションを取ってほとんど毎回勝つのは金のあるチーム。
まさに不公平。まさに金が無ければ入賞もできない。

アメリカ人はそういう不公平をなるべく排すべく、オーバルトラックを用意し、厳密な予選を行い、ローリングスタートさせるレースを考えた。シャシーもエンジンもなるべく公平にした。
インディ・カー、カート、NASCAR。
そういうのがアメリカ人なのかも。
自由と平等。

しかし、ミハエル・シューマッハという青年が、デビュー2年目でF1初優勝を果たした。
当時は微妙な資金力のベネトンに乗り、チャンピオンチーム・ウィリアムズを押さえての勝利。
しかも難コース、スパ・フランコルシャンで勝ったのである。
この世は理不尽で、不公平なことだらけなんだ。それは仕方ないこと。
ただ運と、それをつかむ更なる運があれば、上りつめる・金持ちになれるかも知れない。

フットボールやF1というのは最低限のルールだけで行われる。
そういう競技はいつも美しく、歓喜が大きい。
昇華された大人の楽しみがある。


(たかがレースゲームのことで何を言っているのか・・寝よう)




関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。