スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kawasaki BALIUS Ⅱ - 豊岡①

10 29, 2011
 

金曜日、休日。
9時起きして院庄のPaddockへ。

Paddock Tsuyama

おそらく今年最後となるだろう。バイクをレンタル。
250ccだから8時間で8000円ほどだ。
Paddockの店員さんたちは、いつも笑顔でスロウリィに接してくれる。

いい感じだ。
これぞバイクショップのお手本。



Kawasaki BALIUS Ⅱ

カワサキ バリオス Ⅱ  Kawasaki BALIUS II

  ■ engine : 水冷4ストロークDOHC並列4気筒 249cc
  □ maximum horse power : 40ps/14,000rpm  dry weight : 151kg

ということは、パワー・ウェイト・レシオ(これにこだわる)

  (乾燥重量 151kg + わたし 70kg) ÷ 40馬力 = 5.525 kg/ps これよりダメか)

'92年デビューのバリオス(リヤモノショック仕様)をベースに、低中速トルク強化&ツインショック化('97~)したのが、このバリオス-Ⅱ。レーサーレプリカ'88~ZXR250の超高回転ユニットを祖とする12.2:1の高圧縮比エンジンや、低回転域から最高出力が発生する14000rpmまで全域で扱いやすさとスムーズレスポンスに貢献するスロットルポジションセンサー「K-TRIC」付きCVKD30キャブレター、ねじれ剛性に優れるφ38㎜丸型鋼管ダブルクレードルフレームなどのエクイップメントは継承。長らくカワサキ250㏄モデルの中核を担ってきたモデルだが、生産終了車となっており、現在は店頭在庫のみ。




  ȣȣȣȣȣȣȣȣȣȣȣȣ  本 日 の 激 走 M A P  (クリック拡大)  ȣȣȣȣȣȣȣȣȣȣȣȣ

map



予定通り豊岡に行くことにした。
わたしが予定通りの行動をするなど稀だが、まあ朝起きて豊岡以外に思いつかなかったわけだ。
いつもドライブは車に乗ってからどこいくか決める。
それが男の基本ではないだろうか・・

午前10:20
パドックの店員さんから、このバイクについてのスロウリィな説明を聞いたわたしは、
ETCカードを差し込んで院庄をさりげなくスタートした。

このバイク! 回るんじゃないだろうか!
レッドゾーンは1万7000回転からという高回転型。

いいね、この、、250で4気筒っつうのは。回すために作られたバイクと言えるんじゃないだろうか。
(なんか初期型のバリオスはレッドゾーン1万9000だが)
グングンと、、そう、グングングイグイとタコメーターの針が上昇してゆく。

津山市北部をバイパスする広域農道を走り終え、国道53号線に出たころには、
わたしはすっかりこのクォーター・ストレート・フォア・エンジニアリング・バリオスを気に入っていた。
わたしが世紀末に乗っていたビラーゴ250とはなんだったんだ・・・
あんなウンコバイクもそうあるまい。
遅い。。。

それどころか、
わたしが1980年代なかばに乗っていたXZ400(改)とはいったいなんだったんだ・・・
あんなクソバイクもそうはあるまい。
遅い。。。

10月の空



10月の晴天だ。
クルマを抜き始める。
ときに路側帯から、ときにセンターラインを越え、わたしはクルマを抜き始めた。

どうしてこんなにクルマを抜かなくてはならないのか?自分でも分からない。
奈義町を過ぎると、おそらく牛だろう、牛のクソの匂いがしてきた。
まあこれがバイクの醍醐味だろう。

中国山地をグイグイと登ってゆくバリオス。
フルスロットルにしてみた。
タコメーターは超順調に上昇。10,000、12,000、14,000・・・
16,000あたりから、『クォォォォーーーーン』みたいな金属音的咆哮がはじまるではないか!

こりゃいかんな。
ゼファーもCBヨンフォアも、あくまでも『バォォォーーーーォォォーーーン』だった。
それがこのバイク、『クゥァォォォーーー』ときた。



ローソン

あっと言うまに黒尾峠を越え、智頭に下り、新しくできた鳥取までの高速を終点まで走り終え、
わたしは鳥取市内で最初のピットイン。

やはりタバコは1時間たったら必ずや吸わなくては。

BALIUS

LAWSONの駐車場の車輪止めに座り、Georgiaコクの微糖をひとくち。シガーに火をつける。
高速では140まで出た。
まあおそらく、もっと回りそうだからもうちょっと出るだろう。フフフ。
小便を終えたわたしは颯爽に、かつ流麗に単車にまたがり、国道9号線をめざした。


   県庁舎とひこうき雲。最初は肌寒かったが、よい感じになってきた。
       空は青く、鳥取の空気は澄んでいる。

   鳥取県庁




市内でもクルマを抜きまくり、トップで9号線に到達したわたしはさり気なく右折。
そうか、この道路、京都まで続いてんだ・・

  ファォーーン

青空

9号線は道幅も広く快適のようだ。
わたしはアクセルグリップを握った右手を、カコンッとフルオープン。150、160、まだ行きそうだ。
クォォォーーーン!!
170にあとほんの少しというところで、前方のクルマに追いつき減速。 チッ。

再度前方の視界が開けたストレート。
全開。
クォォォォォーーーーー!
いったな、170。
まあメーター読みだが、よく走るバイクだ。250のくせして。

わたしは最大トルクを発生する1万4000回転あたりを多用して、それでも尚且つクルマを抜く。
田舎道になってきた。
1万4000から上がどうしようもなく快感的ゾーンだ。
ドラッグスターなどレンタルしなくて良かった。予約入ってて良かったよ。
まあ今回はのんびりと豊岡までアメリカンなフィールで行くか・・・
などと考えていたんだが、やはりバリオスが正解だった。

クルマも少なくなってきた。
更にアクセルを開ける。

  ファォーーン

ふと昔の気分がどこからかやってくる。

   環七、246、山手通り、甲州街道、明治通り

あのころのアクセルの開け方に似てきたきたようだ。この田んぼの真っただ中で。



Kawasaki BALIUS Exhaust




しかし考えてみると、もっと海沿いを走って北側から豊岡に入るつもりだったんだが、
道を間違えてるような気がしてきた。

    豊岡のロータリーと、直線道路の場所をメモした紙をポケットに入れている。
    そこに鳥取から豊岡に至る道のことも少し書いたはずだ。

だがしかし、
単車止めて、グローブをはずすのがめんどくさいんだな。
まあ紙など見なくともいい。
わたしはたかが紙きれなどには支配されない。
このまま適当に行けば良し。

111028_123601.jpg

482号線の標識が出た。
しばらく走り「植村直己冒険館」を通過。植村・・・
あれかなぁ?アラスカとか北極とか行ったやつか?

まあそんなことは最もどうでもいい。

わたしと単車はなだらかな兵庫山間アンジュレーションから抜け出し、
どうやら平らな土地に入ったようだ。
透き通る秋の空気。田畑の稲の色。色づき始めた山々。牛糞の香り。
豊岡だな。
いよいよ兵庫北国大国の首都、豊岡市じゃないかな?


   (つづく)




関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in バイク
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。