スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫路~神戸 ロングドライブ

08 16, 2011
去年行った鉄板焼きの よろずや へ再び。

この店はメインストリートに面し、目立つとこにあり、とても気楽風。 (うおまち.net

よろずや

わたしはスレンダーで可憐な女の子のウエストのくびれの記憶を反復しつつ、ホルモン焼きを注文。

  これがまさに、あつあつである。 肉が旨い。 あまいほどに!

鉄板焼き屋というシステムを最初に考えた人間に感謝したい。
あつあつが、すぐに食べられるということが、人にとってどれだけ幸福なことか。

なんか、焼いてくれるお姉さんの仕事っぷりも去年と変わらずプロフェッショナル。
ヘラの魔法使い、、、という感じだ。
ニンジンも、キャベツも、ホルモンも、すべてが熱く旨く歯ごたえが良好。

わたしは次を注文した。

 「おねえさん、にんにくライスと生おかわり」

うなずくお姉さんの笑顔と、仕事中の真剣顔とのギャップがとても良い。
にんにくを細かく刻む音とともに、ガーリカルな香りが店内に充満してゆく。

にんにくライス

焼きのラスト30秒間。 わたしのにんにくライスには、調味料の微調整が何度も行われた模様。

    まるでアレだ! 米のひとつぶひとつぶが、パラパラだ!
      完全独立主義をいっている!
        Oh my God , Oh my Godness !


先ほどのスレンダーな女の子の顔も忘却するほどに、わたしはにんにくライスに集中した。
にんにくライスはアタリだ。
ポーカーで言うとスリーカードほどの実力と言える。ありがたみだ。
そしてこの味は関西だと思う。絶妙に薄く、最後まで素材の旨みを感じさせてくれる塩加減。
わたしの母親のなんちゃって関西味とは比較にもならない。
ましてや、マックのポテトとかどっかの牛丼屋とかジョイフルの安ステーキとかの、

   【最初のひと口にガツーンと過多な塩分で、シロウトに 「うまっ!」 と感じさせよう】 

というような姑息な手段は論外である。
この世にマクドナルドのポテトほどしょっぱいものはない。

わたしはにんにくライスを最後のひとつぶまで食い散らし、店を後にした。



若いにいちゃんの経営してたピザ屋が、他のお店に変わっていた。
おいしいピザだったのにな・・・

わたしは無性に豆腐が食べたくなり、その辺の居酒屋で揚げ出し豆腐と豆腐サラダを食った。
歳を取ったものだ。
本来ならばまだまだ唐揚もしくは天ぷらもしくはギトギトらーめん等、食ってたものだ。
本当に歳を取った。
さかな、酢のもの、らっきょう、昆布、ぜんまい、からすみ、おから、ひまわりの種・・・・
昔嫌いだったものがどんどん好物に変化してくる。







明けて8月13日 土曜日。
お盆の初日だ。

わたしのソアラは駐車場の片隅で光り輝いていた。

Aston Martin 3.0GT


おそらくどこに行っても渋滞は避けられないだろうが、あえてわたしは東に向けて進んだ。
気の向くままに兵庫県をドライブしてみよう。
気になるところがあればクルマを止め、気に入らなかったら通り過ぎよう。
わたしはなにものにも指図されない、自由なタイプの人間なのだ。

・・・と思っていたら、2号線で早くも 【加古川バイパス東行き渋滞2km】 とのこと。

人からは指図されないが、道路状況に行動が大きく制限される世の中。
地球の年齢46億年を1年と見ると、ホモ・エレクトスの一部がアフリカで進化して現生人類(新人=ホモ・サピエンス)が誕生したのは、なんと12月31日の午後11時37分だ。
人類がこの地球で繁栄を謳歌してると言っても、たかが23分のこと。
【渋滞】 とか 【先物取引】 とか 【摂食障害】 などと複雑なことになっているが、
われわれはいつか必ず滅びるのだ。
ものごとをあまり複雑にするな! ギャルとかは別にいい。 通信販売も別にいい。
FXとか外為とか、そういうのをやめろ!

             ◆ 地球カレンダー Calendar of the earth ← 実におもしろい



わたしは加古川バイパスを、優雅に走行していた。
昨夜、スレンダーギャルのウエストをわしづかみにしたその両手で、ハンドルを握る。
渋滞がそこまで迫っていた。
それにしてもあのウエストの引き締まり具合はというと・・・・・
たまらんで、本当に。

三島の 『仮面の正体』 に出てくる平岡公威の本籍地が、加古川の志方町という集落だ。

   平岡 公威

三島の残された写真はかっこいいものが多い。 腰に手をあてている。
腰に手をあてている・・・というと、大学生のころ石川町の銭湯の脱衣所で、風呂上りに片手を腰にあてがったままビンの牛乳をグビグビと飲む小柄なジイさんを見た。 遠い昔のことだ・・・・

まあそれでも、携帯で三島由紀夫の本籍地の地番を検索するのも面倒で、 『明石にでも行くかな』 と思ってた矢先、ひどい渋滞に突入した。
渋滞はにわかにやってくるものだ。
何がうれしくてクルマに乗っているんだ、おまえは? 
この根本的な、そして人間の根底を覆す問いを、日本のすべてのドライバーに向けて発したい気分だ。

耐え切れず、次のICでバイパスを下り、混んでなさそうな方向に適当にソアラを走らせた。
そうだ、コンビニでおしっこしよう。

    当店のトイレをきれいに使っていただきありがとうございます。
    またご利用くださいませ。


もう二度と来ねーよ。 きれいに使う気もねーし。



神戸の西区に隣接する稲美町というちっちゃな町 (それでも人口3万人) がある。
兵庫県加古郡稲美町。
町内には高速道路はおろか、国道も鉄道も駅もない珍しい町だ。

    稲美

1999年、前世紀末。
わたしが岡山の私立高校の非常勤講師をやっていた時、ここから通ってくる生徒がいた。
西明石から新幹線に乗って岡山まで毎日通う。 彼を受け入れる高校は兵庫にはなかった。

彼は三宮から一番近い郡部ということもあって、都会風であり同時にいい感じにヤンキーだった。
ケイスケ。よく教師と生徒ながらも、須磨や三宮で遊んだ。
南京町で飯食ってるとき、自分の将来についての不安を素直に話し始めたりもした。
意外と親はしっかりしてるようで、いい家だった。豪邸と言ってさしつかえないだろう。
ただ、彼の日常はあまりにも須磨海岸であり、あまりにも三宮の物欲の集積だった。

そこらうちじゅうのギャルの水着が、繁華街の物品たちが、彼をマトモから遠ざけては近づける。
残念ながら私が1年間の勤務を終える前に、彼は退学処分となった。理由は知らない。
最後の日、高校の食堂でコーラを2人で飲んだ。
「先生、なんとかなるわ。心配せんで」

あんなに陽気で、決断が速く、足が速くて、しかも女の子が群がる男を他に知らない。

      AUG.1999 Nishinomiya    もう12年前か・・・




ということで稲美にでも行ってみるかと思ったが、、
あの町の典型的な大都市郊外の、殺伐とのどかが同居する風景が頭をよぎり、眠くなってきた。
明石の山陽電鉄より浜側の、県道沿いコンビニの駐車場で仮眠。
正午に近く日陰はない。エアコンつけっぱなしで30分くらい寝た。
昨夜は薬を飲むのを忘れてて、結局朝4時くらいまで起きてしまい、睡魔に勝てなかった。

JRの明石の駅をかすめて北上。 何事もてきとうに走行。 退屈を絵に描いたような道路だ。

らぶらぶ

第二神明も混んでいる表示を見たので、高速には乗らない。
そういえば、以前このあたりに叔母さんの住んでたマンションがあったにはあったな。
ということは・・・・王将があるはずだ。

わたしの勘が冴えわたり間もなく王将を発見し、マーボ豆腐とビールを注文。
よく豆腐を食べる人間になってしまった。
豆腐など地球上でもっとも意味のない食べ物だと思っていたにもかかわらず、今のわたしは豆腐を好んでいる。冷奴とかは、たまらんで、これ。

次第に混みつつある王将を後にし、コンビニでジャスミン紅茶みたいな名のペットボトルを購入。

これが大はずれだ!

ジャスミンティが甘いのだ。
これほどまずい紅茶はそうあるまい。いい加減にしてくれ。

先日わたしは迷ったあげく チョコレートスパークリング というのを買って飲んでみた。

     チョコレートスパークリング

これは最初吐き気がしたが、飲むにつれまったく ALL OK になってきた。
絶妙な味と言っていい。人生の理由を根本的に蹴散らかす味だ。
ものすごく反り立った絶壁から落ちそうで落ちない。
味覚・嗅覚の限界に挑戦してくる飲料と言えるだろう。



てきとうに運転していると神戸の市街地に入った。ここは村上春樹の育った街。
彼は旧神戸一中、神戸高等学校に通いつつペーパーバックを読み漁っていたという。
しかし 海辺のカフカ はいかんかったな。
わたしの一番好きなのは、ずいぶん昔の本だが何といっても 羊をめぐる冒険 だ。

             羊をめぐる冒険

彼の大傑作と言えるだろう。
十二滝町に列車に乗って向かう途中、主人公が 「十二滝町史」 をゆっくりと読むところが特に良い。 
まさに作家の絶頂期という感じがする。

メリケンパーク。
近くにクルマを止め、歩道橋に上がると薄汚れた海が見える。

2005年、真夏。
無職だったわたしは名古屋に遊びに行った帰りに、ひとりでメリケンで夜を明かした。
ホテルに泊まるような金はなく、服も腕時計も安物だった。
ベンチの上に横たわるとポートタワーのオレンジの造形。
女人のウエストのごとくくびれている。
横浜のマリンタワーもいいが、ポートタワーには誇らしげに「PORT OF KOBE」と書いてある。



        三宮の駅前もまるで夏だった。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++




関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 旅行

Previous: 空色

Next: 姫路 DH
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。