スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノルウェー90人殺し

07 27, 2011
また帰り道、すき家でカレーを食ってしまった。
どうしてかと言うと・・・

うまいからだ。

カレー大盛り

これはネット上の写真を勝手に盗用しているが、ほんとうに ↑ こんなだからだ。

要するにメシに対してカレーの量が十分以上に十分で、すごくうまいのである。
すき家はカレーの量とか牛肉の量をけちってないように見受けられる。
微笑ましい。
それに対し、わたしが長年に渡って愛し続けてきた吉野家の昨今の状況はどうか?

    牛肉の盛りが、けちくさいのである!

吉野家よ、すき家が豪快に盛ってきたら、盛り返せ!なぜそれができない?
それができないから客を減らしてるのがまだ分からんのか?

まあそんなことはどうでもいい・・・



ノルウェーで90人くらい殺したようだ。
まあわたしは、別段驚きはしない。驚かないし、まあそんなこともあるだろう、という感想だ。

犯人はこぎれいなFACEをした奴だ。クールな顔というか・・・
津山30人殺し、とか、人間ひとりがひとつの事件で何人を一度に殺したか?、の観点でみると今回の事件は史上最高記録かも知れない。
しかしだ。

なぜ人を2人殺したらだいたい死刑になり、牛や豚やウナギを何匹も殺してるのに死刑にならないのか?
わたしにはそれがわからない。
基本的に理解できない。

それは、人間がこの地球の統治者としてそういう法を作ったに過ぎないと考えればそうなんだが、強者は弱者を殺戮・捕食する権利があると考えればそうなんだが、、
人間という種は、必要以上に他種を殺戮してないだろうか?
わたしは殺戮し過ぎだと思う。
食うために育てて、殺して、刺身にしたり焼いたり燻したりして食っている。
しかもシステマティックに。
食うために、育て、殺戮し、流通させ、食いたくない人にも宣伝しながら小売りし、皆が購買し、胃の中へ。
そういうシステムができあがっている。
そのシステムの中で金を得て生活してる人も大勢だ。

うなぎの養殖とか、ウナギの気持ちになったらかわいそうでたまらないじゃないか。
(といいながら、長年わたしもウナギを食っているが)

電気がないなら節電する、それができるのなら、せめてウナギを沢庵とかに変えられないのか?
食われるために生きているウナギの気持ちになってみよ。
無理だろうな。
無理だ。

人間という種は徐々に、そして加速度的にわがままになっていき、今では超わがままになってしまったから、それは無理だ。
恐竜が地球の生命の頂点に君臨していたとき、無駄な殺生をしただろうか?  否。
ダイナソーは多分、食べる分だけ殺しただろう。
先週わたしは店舗の外にクモの巣があったからホウキでからめ取り、落ちてきたクモをホウキでつぶした。
そういうことを恐竜はしない。

まあそんなこともどうでもいいのだが。



最近酒を飲んでないんで、淡麗生の500mlとつまみに180円のたん塩を買い、飲んでいる。
これも牛の舌を切り、スライスし、パック詰めされたものだ。
まあうまいから食うけど、わたしはウナギの気持ちにはなれるがもうすでに牛の気持ちにはなれない。牛を今まで必要以上に何回も、数えきれない回数食ってきたからだ。

まあその話はもうよそう・・・

仕事が終わって職場で同僚のM氏と話をするのが楽しい。
M氏は中学・高校と野球部の野球少年だったようだが、野球をやっていた人でこれほど話が(というか冗談が)おもしろい人に出会うのは初めてである。

バチカン市国



今度イエロージャケッツの 「IT'S ALMOST GONE」 を youtube にアップしようかなと画策している。
もうすでに MP3 に変換した。
この6分ちょうどの名曲は、キーボーディストの Russell Ferrante が作曲したことになっている。

youtube ・・・・・・著作権で消されたりするのはアーティストによってまちまちだ。
プリンスの曲は、実際1曲もない。おそらく消されるのだろう。
イエスも消される。
ボストンやイーグルスも消されてるようだ。 
宇多田ヒカルも必ず消されていたが、最近、今年になって 「Utada Hikaru Official YouTube Channel」 というのができて、traveling でも Final Distance でも好きな曲が聴けるようになった。
悟ったのだろう。
消すよりも、自分からアップしてより多数に聴かせたほうが商業的にベターだろう、と。

わたしはイエロージャケッツの 「イッツ・オールモースト・ゴーン」 を必ずやアップしよう。
これがないと youtube も話にならんだろう。



ウナギを何千・何万と殺していいのは、日本に原爆を落としていいのと同じ理屈なのだろうか?
1945年に広島市で30万人が無駄死にしたのは、人種差別以外の何物でもない。
アメリカはベルリンやフランクフルトに原爆を投下して2次大戦を終わらせることもできたはずだ。
ホワイトでなくイエローだから、ウナギのように殺されたわけである。



関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 日記
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。