スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

領収書の書き方

12 27, 2010
私には 【アニキ】 として崇める人物が4人いる。

横浜のHIDE兄貴。福井のマイク兄貴。岡山のK原兄貴。そして同じく、S沢兄貴。

アニキの車

S沢アニキとひさびさに面会することとなった。 これは ↑ アニキのレンジ・ローバー。

S沢アニキとの出会いは・・・・・1993年ころだから、もう170年前くらいだな。
津山○○連盟のソフトボールチームの早朝練習に、ある朝BMWに乗った男が現れた。
私はその時のことを今でもありありと憶えている。

「どうも、はじめまして。キシモトと言います」
「あ~、キシモト君。ぼくS沢です。よろしく」

アニキは京都の難関大学在学中に東京の難関大学を受験し、合格。
4年の東京生活の後、渡米しアメリカのプロ・テニスプレイヤーの資格を取得、2年間全米を転戦。
帰国、東京でしばらく。そして彼は岡山の実家にお戻りになられた。

「いいクルマ乗ってますねー」
「いいでしょ?コレ。・・・キシモト君さぁ、再来年くらいに5シリーズ新型が出そうだから、ぼく新型買うからキシモト君このクルマ乗らない?」
「・・・いいっすねぇ。そうしましょうか」

そして私は2年後、アニキからBMWを170万で買った。 これである →  ◆ BMW525i ◆ 



あにきの事務所

アニキの事務所は私の母校・津山高校のほど近く。

「やあ、元気してた?」
「おひさしぶりです。ナオンいってますか?」
「何言ってんの?ハハハ。まあ入ってよ」

渋いイケメンは、その渋さを増していた。
いい感じだ。いい感じに歳を重ねるとはこういう男のことを言う。

「キシモト君さぁ、悪いけどちょっと待ってて。その辺で何か見てて」
「了解です」

ビデオ授業で他の追随を許さずトップを独走してる予備校の津山支店を開設なさったアニキ。
その資料やら、なんやらかんやら、広くて清潔なロビーに色んなものが置いてある。
クールなんだな。
やはりアニキのセンスなんだな。

「お待たせ」
「いえいえ」
「こっちがさー、○○ハイスクールの教室。こっちが自習室・・・かな」
「かな、って何ですか?」
「ホントは自習室っていうか図書館にしたいんだよね」
「はぁ・・・・」
「2階行こっか?」
「そうしましょう」

Range Rover and Aston Martin

事務室には白衣が数着掛けてある。なんで???
大橋のぞみの等身大の四谷大塚全国模試の人形があるし、とてもいい。

「これがそのDVDなんだよね」

私は先日電話で、アニキが今DVD製作方面に夢中なのを聞いた。

「いーでしょ、コレ」
「まあいいんじゃないっすか?」
「いいんだよねー、これが」
「本書いたんっすか?」
「本は書いてないよ。DVD撮っただけだよ」
「本って脚本ですよ」
「ああ、そうなの? 脚本、演出、編集、全部ぼくがやったんだ」
「へぇ~~すごいじゃないすか」

2人で岡山白陵中学の入試問題を見ながら盛り上がる。
こんな問題作るかーーー!これ、、ここが!斜めになった板なんだよ、ほれ45度って書いてある!
ガハハハ! 地獄ですねぇ、この問題。しかもさぁ、この板と板の間に穴が開いて、水が抜けるんだわ。
ガハハハ! 水が抜けていくんっすか!ガハハ! 地獄ですねぇ。

大橋のぞみ



「そのDVD買いますわ。領収書書いてください」
「りょうしゅうしょ~~?・・・ちょ、ちょっと待ってよ」

アニキは領収書のある場所を知らないらしく、社員に電話。しばらくして領収書を持ってきた。

「これさぁ、どうやって書くんかなぁ?」
「し、知らないんっすか?」
「だいたいは分るんだけどさ」
「ちょ、ちょっと違いますよ。そうやるんじゃなくて」

私は領収書の書き方を教えた。2枚重ねて、その下に下敷き敷いて・・・。
「えっ、写んないじゃん!これ!」 「もっと硬い下敷きがいいんじゃないすか」
私は辺りを見回し、アニキの大型デスクの上にあるプラスティックの小さな板を差し出した。
「これをこうはさんで」 「はさんで・・・なるほどね」
アニキは 「DVD代金として」 と書いた。
「写んないじゃん!これ!」 「そのうち字が浮き上がってくるんですよ」 「あっそうなの?」

Range Rover & Aston Martin

なんとか領収書を書き終えたアニキに、私は3000円を出した。

「えっ?おつり?」 
「ええ、おつり下さい」 
「ちょ、ちょっと待ってよ」

アニキは財布を取り出しておつりを探す。

「無いよ!320円なんてないよ、ほら。千円札しかないよ。なんでおつりなの?」
「それが購入者に向かって言う言葉ですか」
「だって無いんだもん、仕方ないじゃん。どうする?」
「ジュースでも買って来ましょうか?」
「あっ・・・そうだね。キシモト君、じゃちょっとジュース買ってきて」
「何がいいですか?」
「あのさー、あったかいの。ほら、ポッカレモンとかさ」
「はいはい。アセロラレモンみたいな・・・」
「そんなワケのわかんないの買わないでくれる!!」

私は隣のローソンへ。ありましたよ、今時ポッカレモンが。
私用にと、つねづね飲んでみたかったドロリッチを購入。
私は真冬でも暖かいものよりも、冷たいものを好む。
家で飲む爽健美茶にも氷を浮かべる人間だ。妥協というものを一切しない人間だからだ。



裏から、というか通用口から見た津山高校。
津山高校

「じゃあ今度飲みにいこうよ。ぼく月・火は岡山だからさ」
「ぼく津山なんっすけど」
「いいじゃん、岡山まで来れば」
「来ればって・・・」

2人で階段を下りてると駐車場が見渡せた。

「あのS沢先生のデカイクルマの横に、ぼくのアストン・マーチンが停まってますよ、ほら!」
「ああ、ソアラン・マーチンね」
「・・・よ、よく知ってますね」
「あの緑色いいじゃん。あ~ゆ~色のさぁ、ポルシェに乗りたいんだよね今度、ポルシェ」

本当に、勝手になんでも買ってくれという感じだ。
BMW、BMW、アコードワゴン、ホンダ・シャドウ、ハーレー、その他もろもろ。
アニキの物欲は途絶えることを知らない。
アニキはあいかわらずアニキのままであり、私は11年落ちの中古車に乗っている。

常時アニキは私の目標であり、お手本であった。
いつか私も、新車で外車買える男にならなくてはならんな。
でもなぁ、この人を追い抜くことなんか、できそうにないなとも思う。
でもきっとそれでいいのだ。

 ♪ Brother、生きてゆくだけだよ
    ためらうことなど何もないよ 今更
     同じ道を行くわけじゃない
      それぞれの前にそれぞれの道しかないんだ~

     




関連記事
スポンサーサイト
1 CommentsPosted in 日記
-1 Comments
By あろえ01 13, 2011 - URLedit ]

とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。