スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガネーシャ

11 24, 2010
チキンマサラ

カレー王国、でランチ。外でランチというのは、ひさしぶり。
この店はナンがなんというか、かなり大きくて、しなり具合もいいんだな。

チキンキーマを頼もうかと思ったが、チキンマサラのが安いんでそれを頼んだ。
が、ウマイわ、これも。やわらかいチキンがすげーうまい。
カウンターの中にいるインド人の店員に、親指を立てると 「初めてですか?」 と話してきた。
いや初めてじゃないけど、このあいだ来た時いた日本人の可愛いウエイトレスはやめたのか?
彼女に会いに来たのに残念だ。ああ、そうか。などと話をしていたのだが、
前から気になってた、店に飾ってある 【ガネーシャ】 の大きく立派な絵について訊いてみた。

   Is that the god of ガネーシャ?

   ya, ガネーシャ。 yes. that's the god, ガネーシャ。

   i love it. Very Beautiful and Fantastic and .... looks Very Strong.

そのガネーシャの絵なのだが、全体が赤、そう血の赤でなくほんのちょっとだけ紫っぽい赤、の色をした絵で、まさにすばらしい筆力、およびデザインの才能を持つ画家が描いたのだろうと思う。
ガネーシャの周りに描かれた模様や、派手できらびやかな様々な装飾品や背景。
何か非常にエキサイティングなんだけど、しっくりくるわけで・・・

98年にシンガポールに行ったとき、リトル・インディアを訪れ、私はシンガではあるが初めてじかにインドの空気に、アートに触れた。おばちゃんや子供、男たち・・・・インド人たちといろいろ喋った。
なんか、ジワーーっとしっくりくるのを感じた。
ヒンズーのアートはものすごい勢いのキラキラ装飾&色使いなんだけど、なぜか気持ちが落ち着く。
街が、人が、、、前者はカラフルで、後者は地味。いい感じに地味なんだな。
まあ、リトルインディアごときではあるが、自分の故郷にいるみたいな気持ちになったのだ。

それは何の神さまだ?とか、この絵はいくらした?→わからない、とか、しばし話して店を出たのだが、やはり英語で話すのは気持ちいい。私の語彙はまったくもって貧困状態だが、それでも話す。
顔の黒い人、白い人に向かって脳細胞にキュルキュルとアクセスしながら、英語表現を探る感覚をを久しぶりに思い出した。これが非常に楽しい。 脳細胞=私の貧弱なハードディスク、右脳も左脳もフルに働く。
そうだな。物理的な目標だけでなく、来年の春くらいまでに英語を定期的に話す環境を作る、みたいな目標を持って暮らしてみるのもいいかも知れない。
例えばインド人でなくても外人の友人を作るとか、英会話スクールに通うとか、モルモン教・・・とか。

以前勧誘を受けて、モルモン教の教会に通ってたことがあるが、あれはいかんな。
英語を思う存分話せるのは非常に楽しいのだが、なんせ禁欲の宗派。
タバコやめろ、とか、酒を飲むな、とか、、いちいちジワジワと人の行動を抑制してくるわけだ。
でも、まあ、外人と色んなこと話すのは本当に楽しい。
ツインピークスを字幕でいつも見てるから、意外と会話能力は落ちてないしな。



ソアラ 3.0GT

ソアラが帰ってきた。
ODDが10万キロを超えたので、タイミングベルト交換。 ¥68,000

     タイミングベルト(技術料)  ¥33,000
     タイミングベルト(部品)     ¥3,600
     テンショナーベアリング     ¥3,200
     ウォーターポンプ交換    ¥14,500
     ファンベルト交換         ¥6,480
     オイルシール             ¥770
     クーラント             ¥1,450

という内訳になるのだが、クルマは金がかかる。本当にかかる。死にそうだ。

代車のホンダ・ライフから、交換修理を終えたソアラに乗り換えた、その瞬間だ・・・・
私はBMWの6シリーズにでも乗ってるのかと思った。
なんて安定感、ずっしり感、信頼感、高級感なのであろうか!私のクルマたるや。すごいな。

まあ、30の中古のソアラでこんなに満足できるのは、きっと幸せなことだ。
中学生の頃、私は大きくなったらミュージシャンになって、きっとアウトローに渋くきめたアメ車にでも乗ってるだろうな、と思っていた。未来の俺は。
金はうなるほど持ってるし、女は両手じゃ足らないほどに侍らせているだろうと思っていた。
毎日毎日、キャビアだのフカヒレを食い、高級スコッチを口にしてるだろうと思ってた。
それが何だ?現状は!

まあいい。
明日いよいよ REGZA 32R1 の箱を開け、オフホワイトの 「高級わけありテレビ台」 の上に設置する。
アストンマーチンのミニカーを、その横にさり気なく置こうと思っている。
それが楽しみでならない。

今夜は遠足の前の日のような気分。




関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 食べ物、飲み物
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。