スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

池田夏希 AWESOME

11 12, 2010
これを見てくれ。
この女体というか肢体というか裸体というか、、肉体を見て欲しい。

池田夏希

池田夏希 ( Natsuki Ikeda )
1987/6/24 生  T170 B90 W59 H87

このウエストとヒップのコントラストは、どうなっとるんじゃい?
ええんか? ええのんか? 本当にこれでええんかいな?  →  いいんだよ。

今宵は缶の安酒はやめて、アーリー・タイムズの残りを、ちびちびとロックでやっている。
痛烈に酔っ払ってきたな・・・
NHK教育の 『ロシア語講座』 を無音で眺めながら、エバンスを聴いている。
ビル・エバンスの定番、【 Waltz for Debby 】 というアルバムだ。

こうやってバーボンを煽りつつ、1961年の音を聴くのは、おそらく人生の最高の儀式だろう。
1961年。ニューヨーク、ヴィレッジ・ヴァンガード。
私が生まれる前のNYのジャズクラブの空気がまた、今夜私の部屋を埋めてゆく。
池田夏希、ビル・エヴァンス、アーリー・タイムズ、ロシア語講座。
なんというピアノを弾くのだ! なんという旋律を奏でるのだ。 awesome, awesome.........

(尚、池田画像はクリックで高画質版。諸兄は、保存し有効活用を)

池田夏希

なんともまた、この下着の色たるや・・・・・、秋だねぇ

エヴァンスのこのアルバムの1曲目は、~マイ・フーリッシュ・ハート~
なんと最早、私の精神・肉体は60年代のニューヨークへかっ飛ぶ。NYCへ。
スタチュー・オブ・リバティ、ウォール・ストリート、5番街、セントラリング・パーク。
エヴァンスの鍵盤のタッチが夢を起こす。スネアのブラッシングが薄青色の煙を舞い起こす。

ああ、、、2曲目。
ワルツ・フォー・デビー。ワルツといいながらも、・・・なんかこれ、4拍じゃね?
まあ、どうでもいいんだね、そんなこと。
エヴァンスのピアノのアーバナイズドされた語り口調のあと、この曲のハイライト=ベースソロが始まる。

このベース・ソロのフレーズが私の部屋を満たすと、信州のことを思い出す。
そう、1985年の志賀高原。われわれのサークルの夏合宿 の時を。
何も悩みなんてなかった。毎日毎日が微熱を帯びていた。
ジャズ聴いて語り合える仲間がいて、すかいらーく行って、ほうれん草ソテー頼んで、いつまでも語り合った。
オートバイや、クルマや、御殿場や、根岸の米軍住宅。
それは、われわれのテリトリーで日常形態。マーベラスな自由を満喫していた。・・どこまでも。

池田夏希

ウエスト・ライン・シルエット。
ザッツ・ザ・ウエスト・ライン! という感じである。
このウエストのくびれこそ、真実。 リアルでトゥルーでフィジカリーなものなのだね。

北志賀、小丸山、キャラバン。
練習室のドラムセットの、ペダルの踏みにくかった記憶。安そうなシンバルの記憶。
発表会のために、私とモトイ君とアベ君とナガス君とタカギ君は、チック・コリアの名作、「フレンズ」から、
かなり難しい曲を選んで練習した。
でも、特訓なんてゆう表現とは違い、各自懸命にプラクティスするわけである。
ジャズには義務感があってはならない。ジャズとは究極に自由なもの。
演奏する側も、聴く側にも自由あってしかるべし。
ピアノのソロを、テナーのソロを聴きながら、どのタイミングで煙草に火を点けようが、どのタイミングでグラスを傾けようが、それは自由。言っておくがジャズに関する限り、すべては各自の自由。

池田夏希

このアンダーウエア(下着)は、どうなっとるん?   なにやっとるん?
是非貴方のハードディスクにセーブして置いて欲しい。しないと後悔するかも知れない。
私もデジタル・データとして取り込んで、より深く、より緻密に、この下着を理解することができた。
な ん と い う 下 着 だ !

ウッド・ベースの音の粒を聴いていると、自然と右手がスティックを握って、レガートを始めたくなる。
私は4ビートは決して得意ではないが、しかしレガートしなければならない気分になってくる。

横浜市 西区 浅間台。浅間台小学校。
そこからは横浜の街を見下ろすことができた。崖の上のポニョ。
陽光にあえて霞む天理ビル。遠くは関内方面。丘が連なり、尾根が連なり、この集落が、この街が、この丘だらけの奇跡的大都市が成り立っているのが分かる。
横浜とは私の生きる気力を与えてくれた街。一見途方もないフリーダムを与えてくれた女神のいる街。

浅間台を下ると、洪福寺・松原商店街のホワイト餃子
裁判所通りを抜け、もうひとつ坂を上ればガーデン山のグリル・ガーデン
16号におりて保土ヶ谷警察を過ぎてしばし進むと、中華 天龍

それら3つのコラボレーションが私を育み、私を成長させてくれたわけである。
この3つの店舗なしに今の私はない。

池田夏希

これは、私のHD内にある莫大な量の画像の中でも、ベスト5に入るショットだと感じる。
いったいこの下着をデザインした人間は、なんという人だろうか?
ファースト・ネームだけでもいいから教えて欲しい。
私がおそらくこの10年くらいで老衰するだろうから、死んだら神棚に飾って欲しい。
この画像を!!!!

疲れた体でアパートの近くまで帰ってくる。
石川町の北口近くのセブンイレブンの前に単車を停め、無心でドアを押す。
「いらっしゃいませー」
いったい 「いらっしゃいませー」 に相当する、英語やロシア語はあるのだろうか?
無いと思う。
ああ、「Welcome to SEVEN-ELEVEN」 か。
でもそんなこといちいち言うか?

まあいい。
私は疲れた体でエロティック・マガジンをスタンド読みする。
本棚の隅から隅まで、エロティック・マガジンを読み干すのだ。
私のエロに対する執着心はこの頃確立されたのである。(そんなことどうでもええって)

池田夏希

私がこういった 【セクシー】 を持ったねえちゃんから解放されるのは、シンバルをレガートする時だけだ。

トップシンバル。
ドラマーの右手にある最もでかいシンバル。
それを私は、ジャズ研究会の部室でレガートし続けた。雨の日も、風の日も。ぴーかんの日も。
シンバルをレガートしている時のみ、エロを忘れることができる。我をも忘れる。
モトイ君のベースに合わせて、エイちゃんのチョッパーに合わせて、シンバルをレガート。
邪念は無意識に吹っ飛ぶ。ベースの音が心地良いのだ。私はベースの音がかなり好きなタイプの人間だ。

ウッドでもエレクトリックでもいい。モトイ君でもエイちゃんでもうっちゃんでもいい。
しかしその3人以外はダメだ。良く知らない。
気心の知れた(知れたことが特に良い方向に働くのかどうかは議論の余地があるが)、ベーシストたち。
ドラムスを演奏する者にとって、何よりクローズなのであり、何より密着的なのであり、
何より弦を指がアタックする瞬間に、スティック・チップがシンバルやヘッドの打面を捉え、
2つの作業が一蓮托生でグルーヴィングを創造しなければならない。

「グルーヴィング」 って言うとなんだか違うな。水谷さんに叱られそうだ。

  「ジャズはロックじゃない!」

あたりめーだろ? んなことは。分かったよ、分かったから。
水谷さんは厳しい。自分には甘い。それこそ人間の基本。人間生活の基礎。

池田夏希

これもキテるな。キテルわ。
このケツのリフトアップ具合はなんたることであろうか。しかも下着のエロい形状。
私のハード・ディスク・ドライブに保存されている膨・・・・・・(以下略)

私は丘公園の近くから、新山下の埠頭が突き出す様子を眺めている。
そこは私の居場所であり、現実を、夢想を生きてゆく私の、エナジーの根源的な情景だ。
初めて横浜の地を踏んだとき、ここにやってきた。
港は活気を帯び、やがて人口は300万を数え、湾に橋がかかった。
新山下、高島町、浜松町、六角橋、西谷、二俣川、根岸、岡村、文庫、戸塚、羽沢町、鴨居、新横浜、妙蓮寺、生麦、新子安、日吉、瀬谷、日の出町、星川、そしてなんと、、、、たまプラーザ。

プラーザってなによ? プラーザって。


  横浜。 それは私が土に還るべき場所。
姪っ子に頼んで、大黒町の真っ黒な海にわしの骨をそっと撒いて貰おう。



関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in おねえさん
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。