スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国製アメリカン

07 09, 2010
このバイクショップは、なかなか良い雰囲気だ。

Paddock

中庭があり、奥にショールーム。左右にバイクがずらりと並べてある。
かなり広い敷地のバイク屋だ。

「あの~、レンタルバイクなんですけど」

おっさんと女性がいたが、全くバイク屋の人っぽくなく、それはそれでその方がいい。
来週の金曜ドラッグスターを予約、店内をしばらく見学。

   DS11

DS11

ドラスタ1100は60馬力なんだが、400は30馬力なんだな。
どーしてアメリカンの400はこうも低馬力なんだろうか。
例えばHONDAのCB400SFなどは53馬力。
まあいいけど。

   KANNON

KANNNON

なんとフォードの5000ccのエンジンを積んでいるという。310馬力。
ラジエータでかすぎるし、中古でも280万だし。
まあいいけど。

まあバイクは、細かいようだが45馬力前後くらいがおもしろいんじゃないかな。
馬力がありすぎると回せないし。
そういうバイクで九州を地味に、綿密にツーリングしてみたいものだ。
5万人以上の町にすべて行ってみるくらいの綿密さで。
そして人口が15万を超えると、そこには必ず風俗デリバリー産業がある。
それをもれなく利用しながら、各地域を、路地裏を、港を、旅してみたいものだ。

50cc

ローソンの105円・生ハムは非常にいい。
徐々に 「少しだけ食べればいい」 という体になってきたのだろうか。
先日妹に焼肉をおごってもらったとき、「おいしいものをチョット食べられればええわ」 と、
肉をガツガツ食べるようなことはしなかった。私もそれには同意する。
生ハムなどは特に 『ほんのチョコッと』 食べればよい。
デフレにたいへん感謝しつつ生きている。神が日本に与えたもうたデフレ。

トライク

こういう ↑ トライクというのも乗ったことはないが、良さそうなんだが、
幅があるので、片側1車線の道路とかで、クルマどもをガツンガツンと抜いていけなさそうだ。
まあいいんだけど。

郊外型大型店舗でバイク用ではなく作業用のグローブを買い、ラーメン屋で超大盛野菜ラーメンを食い、
神楽尾公園の丘へ。
この狭き上り坂の左側には、いい感じに古すぎる市営住宅が立ち並んでいる。
すべてが平屋だ。クルマも入れないほどの路地。換気扇煙突。朽ち果てたドア。
人が住んでるんだろうか?住んでるようでもある。

神楽尾の丘

ロト6を買ってレッドバロンへ。
すると店員のにいちゃんが、超・話の長い人間だった。
大阪出身だというが、話し出すとまさにノンストップのにいちゃんだ。
おかげでずいぶんドラッグスターとレッドバロンの良さについて詳しくなった。
2000年ごろに排気音の音量規制があったようで、バイクの年式によって、マフラーが違法だったり、
そうじゃなかったりするそうだ。
要するにマフラー付けてうるさくするには、90年代のバイクを買ったほうがいいようだ。

近くの教習所で大型二輪は6万いくらで取れるそうで、レッドバロンの店員の名刺を持っていくと、
さらに1万円引きで、5万いくらで大型免許が取れるそうだ。
まあしかし、あれだ。猫も杓子も大型に乗ってる昨今。私はあえて大型を取る気はない。
絶対に取らないと言っておこう。二輪は250や400で十分である。
125もいいかも知れない。
なんか、韓国製のヒョースン(HYOSUNG)というメーカーの125ccのアメリカンがあって、
なかなか大きくて堂々としていた。125のくせに一応Vツインだ。
しかし韓国製。
いかんなやはり韓国製は。
韓国だもんな。
男はクルマやバイクやおねえさんに執着する性質を持っているが、韓国製だけはいかんな。

ソアラ4.0GT LIMITED

レッドバロンのにいちゃんの話はえんえんと続く。
レッドバロンは愛知県に広大な体育館みたいなパーツ・ストック・スペースを保有しており、
あらゆる車種の、(古い車種も)パーツを備えてるそうだ。
なんか、メーカーが部品を保有する義務があるのは発売後7年だそうで、それ以上経過してるバイクの部品は、なくてもおかしくないそうである。
そうか、レッドバロンてすごいんだな。

しかし今日も 『小原にたしかヤマハのショップがあったな』 と思って行ってみると、
見事に倒産してて、店舗はぬけがらだった。バイクショップの廃墟。
バイク売れない時代だからな。若い人間でバイクに乗る人間を見るのも稀だしな。
最近、日本の都市部はどうなんだろうな?東京に行ってないからわからない。
2000年に綱島街道~中原街道~桜田通り、と、東京駅までビラーゴを走らせたときは、
スクーターみたいのが幅を利かせて、我がもの顔で走り回っていたな。
通勤に250とか400のスクーターに乗ってるのである。
これがまた速くてウザいのだ。氏ねと言いたい。

枡田  枡田絵理奈

また、レッドバロンにフロントフォークの長くて傾いたカスタム・ドラッグスターがあったのだが、
特にまっすぐなハンドルだと、手ごたえがなく(ハンドルが非常に軽く)危険だと言う。
外観と操作性の良さを両立させるのは、なにごとにおいても難しい。

以前勤めていた会社への通勤ルートを通って帰宅した。
最近は高齢ドライバーが多く、道路を走ってて、急で、しかも極度の減速を強いられることが多い。
私も何歳まで運転するのだろうか?
人生の後半は南国・熊本で、花の似合う女性と暮らしたいものである。



関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in バイク
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。