スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デリヴァリーヘルスの意義を考える

07 18, 2009
四国へ2泊3日の旅。

瀬戸大橋

もちろん一人旅であるからにはデリヘルの旅になるのだが、、
いやそんなことはない。
デリヘルだけの為にあるの旅ではないのだ。
あくまでも見知らぬ土地を運転する、という楽しみがある。
それに加え、海と山に恵まれた四国という日本で唯一残された、なまめかしい美女を多く輩出する豊潤な土地で、本州の腐ったようなそれとは違う空気を吸い、歩き、ちらちらと町を見学し、検索し、電話し・・・「もしもし、あのーお願いしたいんですけど」
何をや?
デリヘル嬢や!
そもそもデリヘルの為に旅行するということはどういうことであろうか?
それは性欲を満たすための旅・・・
とただ単純に言い切ってよいものであろうか?
男は元来オフェンシブな存在である。
男という存在は昔から太西洋を横断し、チョモランマを制し、タクラマカン砂漠を4WDでぶっとばしてきたのである。荒野での休息。水筒のほんの少し残った水を飲み干す。カウボーイハットをうちわがわりにパタパタとしてると、いつの間にか原住民の年頃の娘が木陰で井戸の水を汲んでいる。
Speak English?
娘がこちらを向く。
Girl, Speak English?
どうやら娘には英語が通じないようだ。
・・・えっと何を書いてたんだっけ?そうそう男はオフェンシヴな存在ということだ。
リバプールのジェラードを見よ。ゴールに向かってレーザービームのようなシュートを放つだろう。撃て。撃つんだ。その手に持ったガンをぶっ放すんだ、躊躇なくな。

蓬莱

前置きが長くなったが、この高度に洗練された資本主義の国に生きていると全国どこでもデリヘルというマグニフィセントなシステムを男は利用することができる。
これに関しては日教組の意見がどうであろうと何も関係ない。試してみよ。地方の小さな町でも『地名+デリヘル』で検索して結果が出ないのは稀であろう。需給のバランスが価格を決めながら、尚かつサービスの内容は日々進化を遂げつつ磨かれてゆく。非常に驚くべきことだ。
カンフォタボーの追求。カンビーニエントの究極。マネーと商品。今やそれしかない。欲しい文庫本があればAmazonでもなんでもすぐに手に入る。私は先日ダグラス・ケネディーの『幸福と報復』のUSEDを上下巻とも1円で購入した。いや正確には340円の配送料という名目の経費がかかるのだが、安いものだ。私は予言しておこう。BOOK OFFはそのうちなくなる。
10年前、このようなコンビーニエンスはあったか?否。
当時インターネットの黎明期は過ぎていただろうが、なかなか本屋を探してもないような本を値段を見比べながら格安で手に入れることができるような時代が来るとは、想像もできなかったはずだ。高速道路の料金はETCカードを介して口座引き落とし。第三京浜で150円払って領収書をもらってた昔が懐かしい。
何?当たり前だって?
それを当たり前だと思うな。昔は30センチのレコードをお金貯めて買って、テープに録音して彼女にあげてたんだ。ポール・マッカートニーの声がデジタルになろうとは当時高校生だった私は想像もつかなかった。ビートルズの音楽は針と盤面のアナログな摩擦により・・・摩擦?そうだ。摩擦ってのは重要。結局なんだな、男は摩擦の心地良さに虚しく金を払うものなのか?
まあそれはそれだ。
いいか、何万ダウンロードか知らないが、デジタルの音楽を何千曲も入れて好き勝手に飛ばしながらちっちゃなplayerで聴いているようじゃ、ビートルズのアビーロードの良さはいつまでたっても分からないぞ。いや、分かるか。
YouTubeなんて便利過ぎる。ああいうのはあまり良くない。苦労して(金払って)芸術作品にたどり着くという根本が否定され、アーティストが貧乏になってゆく要因だ。

山

前置きが長くなったが、私は付近の環境からポンと突出したマンションに勝手に昇るのが好きで、坂出の蓬莱マンションに昇ってみた。こうして見ると山もよく見える。
だいたい四国の山の形は本州とちょっと違っている。
四国山脈は中国山地より険しい、というのをガキの頃学んだが、『香川』とか『愛媛』という漢字を見て勃起しない男がどこに居ると言うのだ?なんとなく艶かしくてすべすべしてて、しかもしっとりしてるイメージがある。分かる?ちょっと押したらプニュっと・・・
今ナラダ・マイケル・ウォルデンのホワイト・ナイトのジェフ・ベックのギタープレイを聞きながらエアコンを24℃に下げて素っ裸でブログを書いているのだが、実に爽快だ。
君は高松という町を訪れたことはあるだろうか?村上春樹の海辺のカフカの舞台になった町だが(小説は期待したより面白くなかった)実に艶かしい町だ。山がなー。以前、私が塾の講師をやっていた頃、教え子3人をBMWに乗せて香川大学に侵入して、黒板に落書きをしたことがあったな。『FUCK OFF!』とな。
高松、坂出、丸亀、観音寺。まさにかわいらしい山々としっとりとした海に囲まれ幸せな家庭で育った少女たちが毎年毎年輩出されているわけだ。
私が同じく塾の講師をやっていた頃、丸亀出身の歌の上手くない女の子をヴォーカルにしてバンドをやったことがあったな。いや、上手くないのをあえてヴォーカルにして何か狙ったわけじゃないが、歌の下手なの知らなくて最初の練習で歌わせてヘタでびっくりしたというわけだ。
丸亀の彼女は音楽大学でピアノを専攻しており、音楽理論も徹底的に習い、譜面も読め譜面も書け、コードと黒鍵の関係について議論したことなどあったが、いかんせん歌が上手くなかった。セクシーだったんだけどな。そう、彼女は「セクシー」を持っていた。夜中に神戸までドライブして○E○できるかなー、と思ったけどできなくて結構四国の女の子は固いんだなとおもた。

墓

まあそれはどうでもいいのだが、墓地も見下ろす形になる。
お墓ってのは値段がはるけどどうしてなんだろう?あんなに石が高いのがさっぱり分からない。みんなせっせとお金払ってお墓立てる。それと戒名だ。たいして信仰心もないくせに死んだ後の名前なんてに金を払う。まあ坊さんの収入なのだから、そういうシステムなのだから。人は金を払う。
だからと言って「墓なんて立てるんなら、その金で何回デリヘル呼べるんだ?」と言っているのではない。言っているのではないが、思う。もったいないと。

アパートの前にいい色をしたコルベットが停まっている。
さり気なくな。
こういうのは勇気がでる。
このコルベットの持ち主は分かっている男だ。

コルベット


つづく
関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 旅行
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。