スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシア・ロマノフ王朝の悲劇 ~90年目の遺骨発見~

08 31, 2008
悲劇の死を遂げた皇帝ニコライ二世、ロマノフ一家。
アナスタシアは生き延びた?世界中で囁かれたアナスタシア伝説。

アメリカの科学者チーム、アンソニー・ファルセッティ、マイケル・コーブル両氏がエカテリンブルク郊外の森を目指した。エカテリンブルクは流刑地。ニコライ一家はここで銃殺されたとされる。

300年続いたロマノフ王朝。1917年のロシア革命によってニコライニ世は退位。彼には5人の子供がいた。
オリガ、タチアナ、マリア、アナスタシア、アレクセイ(唯一の男子)。
ニコライ一家はソビエト各地を転々、幽閉され続け、4月17日。エカテリンブルクに到着。
レーニンは皇帝の処刑を主張。一方、トロツキーは皇帝の罪を追求する裁判を主張。皇帝の銃殺の決定の真相は?ロシア社会政治史アーカイブが公開された。
デンマークへの新聞社へのレーニンの手紙。「ニコライは死んでいない」
確かにその時はまだ生きていた。
処刑執行の指示を待つウラルソビエトの、モスクワの意向を確認する電報。
7月16日、「殺れ」の暗号電報。翌17日、処刑完了。
7月19日、ソビエトの新聞に掲載。ニコライ・ロマノフの殺害はたった6行のニュースだった。

しかしニコライの娘たちのうち、生き残った者がいるとの疑問が浮上。彼女たちはコルセットにダイヤを結びつけていた。弾丸がダイヤに弾かれた可能性もある。何ということ!
実験までやった結果、生きてる可能性は否定できないとの結論。
処刑執行の張本人、ヤコフ・ユーロスキーの記録により、ニコライは一発目で死んだが、アレクセイと3人の娘は死ななかったとされている。その後一応死亡を確認し、遺体を運搬。またなんだかんだあって、11の遺体は結局9体と2体に分かれて放置された。
レーニンの後を継いだスターリン。ソビエトは世界の2大勢力まで成長。ロマノフ王朝の話さえタブーになる。しかしブレジネフ時代、密かにエカテリンブルクにロマノフ家の遺骨を探しに行く者が居た。
本人登場。(この人、奥さんによってKGBに密告されたらしい)
裁判にかけられたが、その途中の1991年、ソビエト連邦崩壊。
ロマノフ家の遺骨の捜索が表向きになされ、一家と思われる9体の遺骨が発見された。
1998年、ロシアは遺骨が皇帝一家のものと発表。
しかし、北里大の長井教授はニコライの衣服からミトコンドリアDNAを調べ、それに異を唱えた。
再調査の必要性を残しながら、エリツィンは過去の指導者の犯罪を認めた。自己の政権の正当性を強調するために。

去年発見された2体の遺骨の解明作業。
最初の調査で、この骨は人骨、一体は女性であると判明。
更に遺体の焼却作業の再現。3時間では完全に焼却できない。
しかも骨が切られた痕跡がある。
結局2体の遺骨は、例のxyによって男性と女性のものと判明。
そしてコーブル氏によるDNA鑑定。リピートピークが父親とも母親とも一致し、男性の骨はアレクセイのものと確定。
一方の女性の骨は、『アレクセイと姉弟である可能性は、姉弟でないそれの100万倍』とのことで、4人姉妹の誰かまで特定はできないが、ニコラスの娘であることが判明した。

エリツィンは先の指導者を完全否定したが、プーチンは過去のことも含めロシアの歴史として受けとめる発言をしている・・・とのことで締めくくられそうな雰囲気。
えっ?これはプーチンを称える番組なのか?
確かにプーチンは強いけどな。
関連記事
スポンサーサイト

Previous: She's So Heavy

Next: 篤姫の声
-2 Comments
By ニホンカイ09 06, 2008 - URL [ edit ]

骨はともかくとして、ソビエトロシア時代の証拠物件には偽造捏造の疑いももたずに本物視する未熟さにあくびがでます。英国記者サマーズとマンゴールドが独自調査した数々の新証拠や疑問点には一切触れていません。遺体がでたからといって、全員が同じ時間に同じ場所で処刑されたことにはなりません。別々の場所でそれぞれ違う時期に処刑された可能性は否定できません。アナスタシアとアンダーソン夫人の関連性にも全く触れていません。偽物であるなら、何故ニコライ一家以外に決して知りえないであろう家族の内部事情にあそこまで精通していたのか?。元側近たちからの断片的な情報を収集する程度で半世紀も演技を続けることができたでしょうか?。骨にしても人数を多めにしてみたりとか強引な数合わせをしいる可能性は否定できないのではと思いたくなります。ロシアに協力した米国の法医学者の政治的背景を探ってみたいですね。ロシアから裏金もらってるとは思いたくないですが・・・。

By babysis09 10, 2008 - URL [ edit ]

>英国記者サマーズとマンゴールド

この本ですね。
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4122014476/503-0493834-8467940?SubscriptionId=13GZZQZ7RT6P3EBX4JG2

ここの2番目のレビューにはこうあります。

ロシア内戦が終了するまで女性たちは外交交渉カードとして生かされた後に用済みになってから処刑された。そして辻褄をあわせるためにエカテリンブルグに合葬されたとすることは可能だそうです。

上のようなことをいかにもロシアならやりそうですが、テレビを見て初めてこの事件を知った私のような者には推測不可能です。


>アナスタシアとアンダーソン夫人

これに関しても本が出ているのですね。
あるブログのコメントに、上記のレビューと多分同じ人がこう書いています。

アンダーソン夫人については彼女が火葬されたので彼女の「小腸」とされる病理組織の血液型と彼女自身の血液型との適合検査ができません。アンダーソン夫人の入院カルテの血液型は改竄されている可能性を考慮しておく必要があります。
残りの家族について廃帝・廃太子は皇位継承権をもっていて白軍・ドイツ軍や連合軍に奪回されると困りますからすぐに処刑したでしょう。しかし当時の赤軍は緒戦で圧倒的に劣勢でしたから残りの家族は赤軍が勝利を収めるまで人質として生かしておいて用済みになってから処分したと推測する方が妥当だと思います。コロンビアの元大統領候補が救出されたように、現代のテロリストのやりくちから類推すれば矛盾はありません。また90年も経っているのに当時事件の関係国だったロシア、ドイツ、イギリス、デンマークの関連公文書が公開されたという話は聞きません。アンダーソン夫人が偽物であることが確定したというのなら、関連当局が事件関係文書を堂々と公開すればいいと思うんですがね。ロシアの記録はユロフスキー一家の私文書にすぎないのです。よく言われるロマノフ家の財産問題では少なくとも英露間ではサッチャー・ゴルバチョフのゼロオプション協定でノープロブレムになりました。日本軍が奪取した白系政府の金塊もその対象だそうですが。発掘された遺体に関してはニコライ2世一家だけでなく他の皇族も大勢処刑されているので遺伝子の極めて近似した遺体を調達するのは容易なはずです。さらに一家の遺体の調査グループがシベリアの永久凍土で遺体が良好に保存されたと言っています。しかしサマーズとマンゴールドの調査によると当時のエカテリンブルグ近辺に永久凍土層は存在せず、夏季は腐敗しやすいはずなのです。エカテリンブルグ事件の真相は依然闇の中だと思います。


やっぱり依然闇の中とは・・・。
こういう陰謀説を読んでいると何を信用したらいいのか分からなくなります。テレビに出てたアメリカの学者もロシアから金を・・・!というのも有り得ますしね。
NHKはもっと名誉と金をかけて、BBCの記者並に徹底的にやってみたらいいのに。

Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。