スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

津山市街 (写真)

08 24, 2008
2008年8月23日(土)

韓国娘
t823004.jpg

A Little Sex Town
t823006.jpg

木造3階建の迫力
t823007.jpg

朽ちたショップ
t823008.jpg

クルマ(日米)
t823010.jpg

今後何年、ピエロの絵は存在できるのだろうか
t823011.jpg

アルネ近くの廃屋
t823012.jpg

今津屋橋方面を望む
t823013.jpg

急坂の武家屋敷、椿高下
t823015.jpg

旧出雲街道、城東地区
t823023.jpg


土曜日の津山市街は、残酷なほど人通りがなく、いい具合に朽ちていた。
城東地区の町並は、飛騨高山のごとく観光地化されず、家々に日々の暮らしの匂いがある。
観光地としてのアピールの完全な失敗。ロケーションの悪さ。駐車場の不備。それらがこんな素晴らしい古き日本の街並みを、逆に『あるがままに保存し生育させてる』と感じる。
全国どこでも、古都が『高山』になった瞬間バスが大挙し、通りは人で溢れ、民家はすべてみやげ物屋、或いは食べ物屋に変わる。即ち、人やら看板が邪魔になって良い写真が撮れなくなる。
いい加減な観光促進プロジェクト、市の財政難、西日本人のおおざっぱさ。
夜這文化を培った許容力。大人になればなるほど卑屈なまでに大都会至上主義であるが故、自分の故郷を否定するしかない現状。「津山、田舎じゃけん」って自分で自分を見下してる。
繰り返される平凡な日常。津山城再建費用などどこを向いても出てこない。あきらめ。達観。繰り返される無意味な性交。暑くて寒い、靄、霧、露、霜、雪。太陽の恋しい県北は江戸時代からなんら変わってはいない。
夜這やスワッピングを、おそらくまだ現在も繰り返しながら、県北の都は今日も生々しく輝く。
関連記事
スポンサーサイト
-0 Comments
Leave a comment
管理者にだけ表示を許可する
-0 Trackbacks
Top
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。