スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数学科 クラス会

06 24, 2012
 
関内で大学時代のクラスの同期会をやった。
TGちゃん、Wちゃん、Sちゃん、Hちゃん、TKちゃん、俺。

われわれは1982年、横浜郊外、保土ヶ谷区の緑に囲まれた丘で出会った。
その丘には木々が立ち、白い校舎群もぽつぽつと建っていた。
大学の敷地内には大きな野外音楽堂があり、1年の頃はそこでよく何か食った。
われわれは教育学部数学科というとこに籍を置き、4年間をその丘で過ごした。
(わたしは6年間だが)

http://www.geocities.jp/babylonsist/bbs/image/univ/math_1b-class.jpg

バイクやクルマで学校に通う前は、わたしは石川町のアパートから電車でこの丘まで通った。
石川町から根岸線で横浜。横浜から相鉄線で和田町。
そして待っているのが浜銀の脇を入って大学までの激しい坂道だ。
田舎から出てきた18歳の僕は、『こんなはずじゃなかった』との思いで、毎朝この狭い坂道&階段を上った。
上りきったところに、常盤公園というテニスコートのある晴れやかな公園がある。

明治末期、横浜市域の発展によって人口が急増し公園施設の不足が問題になり、保土ケ谷の富家であった岡野欣之助が、自らの資産を投じて常盤台一帯に所有していた別荘「常盤園」を造成し、大正3年10月に一般公開したという。
この公園まで来ればあとは楽だ。
わたしは入学当初左手の甲に擦り傷があり、通学中になめつつ坂を上り下りしていた記憶がある。
そして、ひとり、ふたりとクラスに友人ができていった。

大宮出身で大船にアパートを借りたという伝説のHちゃん。
クラスで確か最初に友達になったかな?
Hちゃんの大船のアパートは、彼の人柄もあってか数学科のクラスの一部の人間にとってサロンのような役目をしていた。大船で遠いのに・・
TGちゃんなどは、50ccのパッソルで新宿に行った後大船に来たりしてたから、いかに若くて元気だったことか。
そしてそのアパートにはエビちゃんという男の子や、夜な夜なHちゃんの部屋を訪ねてくる結構きれいなお姉さんがいて、まるで大船のめぞん一刻だったな。

ある日、わたしが石川町のアパートに帰ると、うちに遊びに来たHちゃんとWちゃんがアパートの大家さんと一緒に飲んでたことがあった。
携帯電話が無い時代。それはそれで、色んな連絡方法があったし、『待つ』ってことも人々はしていた。
わたしが大学2年のとき交通事故で入院した時、クラスのみんなが見舞いに来てくれたが、TGちゃんがわたしのベッドで眠ったということもあった。

その頃には、クラスの仲間も中型二輪免許などを取り、色んなバイクに乗り始めた。
TKちゃんはVT250、TGちゃんもパッソルからVT250、わしはXL400。
最近はめっきりバイクを見かけることが少なくなった。
若者のエンジン離れが進んでいるのだろう。
わたしの学生時代はエンジンとともにあった。いつもバイクかクルマかのローンを払っていた。

収入: 仕送り7.5万、カレー屋のバイト8万
支出: バイクのローン、ドラムのローン、ガソリン代、家賃、光熱費、その他

毎月毎月、あるだけの金をすべて使ってきた。すべてだ。
金が無くなったらフルーチェの箱を開け、ボウルにフルーチェを作った。
食ってはタバコを吸い、食っては水を飲みしてた。

TKちゃんの家は大学の裏門の近くの4畳くらいの狭いアパートだった。
でかい彼はそこで3年間を過ごした。
狭いんだなここが・・
TKちゃんとはよく横浜の街をバイクで走った。VTっていいバイクだった。



土曜日の遅い時間の相鉄線の車内は、ざわざわと人々の会話が聞こえる。
わたしはiPhoneでaikoのえりあしを聴きつつ、車窓を流れる光をぼうっと見つめる。

ロック研の友人も、ジャズ研の友人もかけがえのないものだけど、クラスの友人もそうだ。
それぞれの人生。その人生はさまざま。
SちゃんはE県で教師を4年間やって、やめてSEになったという。
Sちゃんとはよくドライブをした。なんせ夜に強い男で、どこまで運転しても眠くならない。
彼の個性的な言動が記憶に残っている。

わたしは大学2年のとき、ある大物ミュージシャンにバンドをしないか、と誘われたわけだが、そのバンドをやっときゃ良かったと思うこともある。みんなそう言う。
しかしだ。そのバンドでデビューできるとは限らないし、そんな売れるか売れないかなど誰にも分かりはしない。
B'zはあの2人だったからこそ売れたのだ。

入学して間もなく、渋谷で合コンをして終電の時間過ぎたので、わたしとTGちゃんとHちゃんは、コンパに参加してたロック研の先輩の友人のマンションに泊めてもらった。
渋谷から恵比寿まで線路沿いを歩いたなぁ・・
それがきっかけで、TGちゃんとHちゃんは「メリールー」っていうサークルに入り、サークルって言うより遊び&旅行業集団か、、それが発展して「TOKYO LOVE CAT」になった。ラブキャットに入ってからの彼らは、夏は与論島行って真っ黒、冬は苗場行って真っ黒。年中遊び呆けていたが、仕事でもあったみたい。
スキー場のタコ部屋で食った野沢菜の話をするHちゃんはほんと懐かしそうだった。



こうやって旧友と再会できたのも、facebookのおかげだ。
Wちゃんは、わたしはオーストラリアかどっかで死んでるもの、と思っていたらしい。
えらい世の中だ。facebookのおかげだ。

今日はすっかり忘れてたことが話題になり、びっくり。
武蔵中原に住んでた頃、Sちゃんと会ったこと・・
藤沢に住んでた頃、結婚したてのWちゃんの新居におじゃましてメシ食ったこと・・
これらは スッカリ 忘れていた。
言われてみて、ああ・そういえば・・となんとなく思い出す。
不思議なものだ、人の記憶って。
誰かは覚えてるけど、誰かは覚えていない。

しかしわれわれは、1982~1986、まさに現実をたくましく生きていた。
シェーキーズの500円食べ放題でWちゃんが吐いたときもあった。
箱根一周した深夜、Sちゃんがこれからディズニーランド行こうか、と言った時もあった。
罰金払わずに逮捕された時もあった。
TGちゃんがほとんど授業出てないのにドイツ語通った時もあった。

そして今、2次方程式の解の公式を言える奴はほとんどいない。数学科なのに・・



TKちゃんはいまだに単車に乗っている。
バリバリ伝説に出てきたCB750Fの進化型だ。

winding-road-headlands-big.jpg

今度TKちゃんとツーリング行く約束をした。
しばらくそれを楽しみに、仕事に精を出すかな!



関連記事
スポンサーサイト
21 CommentsPosted in Yokohama

ここまでニンニクを入れるべし

06 23, 2012
 
予定どおり横濱家に来てしまった。
午前中うちでドラム叩いてると、猛烈に横濱家のスープを飲みたくなってきたのだ。
味玉ラーメンと餃子セットを注文。
餃子セットというのはプラス100円で、餃子3つとライス茶碗一杯つき。

IMG_1388_R.jpg

なんつうかこの、横濱家の味には言わば【スキ】がある。隙だ。
吉村家とかの家系は確かにうまいのだが、ウマ過ぎ・濃過ぎ・隙なし、っちゅう感じやな。
ひとくち、ひとくち食うごとに「おいしいだろ?おいしいだろ?」と確認してくるようで落ち着けない。

その点だな、この横濱家のどこか抜けた感じのユルさは、味わう人間をリラックスさせてくれる。
ラーメンはあれだな、最後までじっくりと味わえるものが好きだ。
吉村家はひとくち目から全開にウマイ。
横濱家は決してそうではない。
ちょっとユルい。
しかし、刻みニンニクやら辛みそを入れつつ食ってるうち、気がついたら完食しているのだ。

今日もわたしは、多量の刻みニンニクを投入した。

IMG_1389_R.jpg

これがウマいんだわ、これがね。
横濱家最高!
太源も流星軒もおいしいんだけど、やっぱ横濱家最高ね。

三井住友銀行に行きたかったんで、センター南?の方へ行ってみる。
住所を控えて来たんだが、ナビにその地番が無い。
よって近くまで行って、駐車場の案内人のおっちゃんに聞いてみる。

「この近くに三井住友銀行ってあります?」
「・・ありますよ。そこの駅前のビルにありますが、クルマじゃ行けませんよ」
「ありがとうございます。」

わたしはここであろうビルの横に路上駐車し、クルマを下りた。
ビルの階段を上ると、えらく長い階段だ。
3階分を上りきり、ぜいぜいと息が速くなり、やっと駅前に出た。
駅の出口が3階というわけだ。
そこはまるで近未来都市というか、絵にかいたような美しい駅前だった。

有隣堂があったので店に入り、ニンニク臭いのでちょっと距離をおいて兄ちゃんに聞く。

「あのう、三井住友銀行ってどこだかわかります?」

ニンニクを多量に食ったため、自分でもニンニク口になってんのがよく分かる。

「ええっと・・・・、・・・・わかりません」

わからないならわからないで、早くそう言えよ。

IMG_1390_R.jpg

路駐してるので急がなければならない。
わたしは有隣堂を駆け出て、ビラ配りしてるねえちゃんに、距離を置いて聞く。

「あのう、三井住友銀行はどこか知ってますか?」
「いや、わかりません」
「すみません、どうも」

ふと周囲を見回すと、左側に軽くあるじゃないか。
ビラ配りやっててあれが見えないのか???
わたしは銀行に駆け込み通帳記入し何件か振込をした。

港北NT
なんかとらえどころのない街に成長している。
相鉄沿線とはエライ違いだ。
まず幹線道路が広く、完全クルマ社会を想定した街づくり。
観覧車もあるし・・
でも、なんかここに住むのもなぁ・・・という気がしてくる。
どこに居ても同じような風景。

IMG_1393_R.jpg

なかなかの邸宅も建っているが、ものすごい邸宅でもない。
牛久保あたりの住宅地をちょっと走ってみたが、町の風景がどこも同じでどうもね・・
そして住宅地は、幹線から隔離されている。
幹線道路に囲まれたかなりの広さの一角から、幹線に出られる道が一本しかない。
ということだ。

まあ今後、探検をしてみたくなくもないが、これなら生麦とか川崎を探検してみたい。
やっぱわたしはこういったごちゃごちゃした街が大好きだ。
    ↓
IMG_1394_R.jpg




 
関連記事
0 CommentsPosted in 食べ物、飲み物

横濱家

06 23, 2012
 
6/21

猫はかわいいなぁ。
人間は色んな顔してるけど、猫(特に子猫)は同じような顔している。

猫はあごがないな。
あごがある猫を見たことがある人はいないだろう。
わたしはそういうあごのない顔が好きである。



昨日は暑かったが、今夜は窓を開けていると心地よい風が入ってくる。
駅前の踏切の音が小さく、ひっきりなし。
しかし、死ぬまでに一度アストンマーチンに乗ってみたいものだ。
所有しなくてもいい。乗るだけでいい。3日間くらい。

九州を走ってみたいもんだな。九州を。
特に伴都美子のふるさと辺りを中心に・・



さり気なくカーグラフィックTVがはじまった。
金がどこかに落ちてないかな?3000万ほど。
今月末は資金繰りに頭を悩ませている。
まるで3次元パズルのようだ。

田辺さんと松任谷。
まだこの2人がやってんだな。
箱根に雪が残っている・・
CRVなどどうでも良い。アストンマーチン特集をやれ。



6/23 Saturday

今日は土曜日である。
昨日10時に寝て、10時間も眠った。
今日の横浜西部地方は曇り。いい感じにだる~い天候である。

今夜は、大学のクラスの友人と再会する。
その前にクリーニングに出したYシャツ取に行って、横濱家行くかな?
横濱家のラーメンは家系ではないと思う。
友人のMちゃんも、横濱家は名前に『家』がついてるけど家系ではないと言う。
わたしもそう思うんだな。
そもそもスープの色が違う。結構透明なんだな。
透明というと、東名高速を走りたいな。
遠くに行きたい。
5月の中盤に、第二東名を通り、静岡の山がちな風景を堪能した。
どっかに3000万円くらい落ちてないかな。
落ちてたら熊本旅行に行くんだけどな。

1日目は浜松辺りで1泊だ。
浜松の友人に頼みこんで泊めてもらってもいい。
やつはいいヤツだ。
2日目は山口辺りに1泊する。
ちょっと浜松から山口は遠すぎるかな?

まあいい。3日目に熊本入りする。
阿蘇山の近辺の道を流す。きっと爽快な気分になれるだろう。
阿蘇山火口近辺の木々のない岩盤道路をくねりくねりと流しつつ、aikoを聴こう。



寝たには寝たのだが、頭がボーッとしている。
この1週間はおおよそずっとそうだった。
わしの頭も限界なのかな?
調子のいい時は全開高速運転なのだが。
まあいい。
そういう時もあるだろう、長い人生だ。
思い通りに行かないときでも、とにかくやってみるとなんとかなる。
それがわたしが学んだことだ。



関連記事
0 CommentsPosted in 日記

東京 6日目A 「台湾産からすみ」

06 18, 2012
  
■■■ 目次へ ■■■

話はそれるが、今日は大森の旧友宅におじゃまして、娘さんのM絵ちゃんに『ベクトル』を教えてあげた。
忘れてるもんだ、人間。
ベクトルなんてさ、何年ぶり?
はじめは何が何だか分かんなかったが、途中から徐々に思い出してきて、M絵ちゃんも納得してきた。
教えれば出来る子に教えるのは、楽だし気持ちいいし、教師と生徒お互いhappyになれる。

内分・外分点っつうの思い出したわ・・
ゴルフの打ちっぱなしから帰宅した旧友Sは、娘が勉強を教わったと知り、

「おお、晩飯はオレがおごってやるよ!」

ということで、大森からわざわざ溝の口にあるという、幻の『昭和』チックな焼肉屋を目指す。
しかし、、、店を閉じたらしく、跡地は駐車場になっていた。
んで、近くのバーミヤンへ。

バーミヤンって最初は安いだけが取り柄だったけど、少々うまくなってるんじゃないかな。
火鍋食べ放題コース

IMG_1375.jpg

一緒に頼んだ四川風・激辛マーボ豆腐もうまかったし。





では本文に戻りたいところだが、今日はなつかしのグリルガーデンに行ってみた。
この定食屋は、ガーデン山ってとこにあって、大学からクルマで5分程度の距離だった。
そのため、学生時代は良く利用していた。
通称【激メシ屋】
僕が大学に入学してしばらくしたとき、ロック研の先輩に「キシモト、激メシ屋行こうぜ」と連れられて行ったのがはじめてで、その後、そうだな、月に4~10回ほど行ってたな。
ジャズ研のやつらにも教えてやった。
そうやって、名だたる定食屋は人から人へと受け継がれるものだ。

しかし、行って、実際、グリルガーデンを見るまでは、『もう無くなってんじゃねーかな?』と不安だった。
当時わたしは18~20歳だったが、激メシ屋のおばちゃんは・・そうだな30ちょいくらいかな。
あれから相当の年月が経ってるため、おばちゃんも高齢で店やめてるかも知れない、と超不安。

が・・、あった。
ありましたよ、激メシ屋が、以前と変わらぬ場所にね!

迷わず特製ランチを注文。600円と、これまたリーズナブル。

IMG_1349.jpg

これは何なのかよく分からないと思うが、右にトンカツ、左にハンバーグ、下に焦げ焦げの目玉焼き、そしてその上にカレー味のちくわの天ぷら、それだけのものをごっちゃに乗せているのである。
わたしは紳士的に「ライスは少なめで」と言っておいた。
言わなきゃエライことになる。
激メシ屋のメシの盛りはエライことになるからだ。
19や20歳のころはいいけどね。

大ざっぱな味、でも味噌汁までちゃんと味付けがされている。
涙が出そうになった。
18歳のころに戻ったようだった。

IMG_1350_R.jpg

近くの墓地からみなとみらいを望む。
付近を散策していると、なんか気になる団地が・・・

IMG_1352_R.jpg IMG_1353_R.jpg
IMG_1355_R.jpg





それではようやく本編へ戻ろう。
11(イレブン)東京・横浜旅行、6日目。

わたしは大森にいた。Mちゃんといっしょに。
そして夕方、Mちゃんの実家へ。

実は大学時代、Mちゃんの家庭教師やってて、実になつかしの場所。
おとうさん、おかあさん、変わらぬ優しい笑顔で迎えてくれた。
Mちゃんの上海土産の台湾のからすみで乾杯。

IMG_0556_R.jpg

IMG_0555_R.jpg IMG_0557_R.jpg

からすみ、うみゃ~がや、、と思っていると、「カレーもあるわよ」とMちゃんのおかあさん!
Mちゃんのおかあさんのカレーほどにウマイものはないぜ。
学生時代、一人暮らしで家庭教師に来たとなれば当然夕食がでてくる。
カレーの日は3杯くらいおかわりしてたからな!
Mちゃんのおかあさんは、横浜の僕のおかあさんなのである。

楽しい晩餐を終え、Mちゃんの実家を後にし、高台を下りてゆく。

「きっせん、福富町行っちゃう?」
「今日も行っちゃうの?」
「行っちゃおうか?」

ということで昨夜のチャイニーズ・キャバクラへ。








      (東京 6日目B)につづく

 
■■■ 目次へ ■■■




 
関連記事
0 CommentsPosted in 旅行
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。