スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

康師傅 香辣 牛肉面

12 28, 2011
 

マカオで買ってきてとっておいた、香辣 牛肉面 というカップ麺を食った。

111227_143730.jpg

辛くてまあまあの味。
が、やはり 日清 の方が口に合う。
何という香辛料だろうか?中国によくある香り。それが少しいかんな・・
香港の空港で食った麺に入ってたのと同じ香辛料だ。

111227_145007.jpg

牛肉面と言いながら、ごく微量の肉のかけらが入っているのが微笑ましい。
ただし、思うのだが、香辛料とか薬味というのは、幼いころからそれで育っているとそれに慣れる。
ワサビとか山椒とか、他の国の人が食うと「なんやコレ?」と思うだろう。
けど日本人にとっては「あれがないともの足りない」ということ。





夕食

安い刺身と、カマンベールチーズ。
寂しい夕食。 寂しい年末だ。

ところが安い刺身も、ワサビを大量に投入すると、これがうまい。
わさびは、頭がクラクラする。
ちょっとしたトリップ感覚になれる。
かつてカート・コベインは、ビー玉くらいのワサビを口に放り込み、テンションを高めていたようだ。

ビールを飲みながら「金曜日の妻たちへⅢ」を見ている。
1980年代の町田のつくし野の風景が映し出される。
並木道の木漏れ日の中を、少女が走ってゆく。

クソドラマだ・・・




関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 食べ物、飲み物

ホワイト・クリスマス

12 26, 2011
 

わたしの住んでいる某国某県にも雪が降った。

111226_021931.jpg

友人の会社のweb作成の依頼を受け、一応の完成をみて代金をいただいた。
それにプラス!!
ステーキをおごってもらった。
クリスマスの夜、男ふたりのディナー。

なかなかナイスなステークで、ポタージュスープもステークソースにも満足。
前を向いて走っている友人との会話は何より楽しい。



おやじが、
「金正日が死んだからあの国も変わらないかな?」
などと言う。
変わるわけはないじゃないか。

北朝鮮は大国のはざまの緩衝地帯。あのちっちゃな国がつぶれると誰もが困る。

「誰が困るんだ?」

まず中国。 中国さまが困る。
もし半島が民主化統一でもしようものなら、豆満江の南まで米国資本主義がやってくるわけで、それはそれで困る。
最早中国共産主義も資本主義と何ら変わらないのでは?
いやいや、大違いだ。
資本主義的に国をいいように操る独裁国家。共産党はしたたかだ。

あの国は社会主義の論理が既に破綻している。
が、その時その時をうまく生きる道を中共は心得ている。
過去に多くの血を流してきた経験から、あの人口を統制するには独裁しかありえないとよく解っているのである。

次に韓国も困る。
(まあ韓国ごときが困ろうがどうしようが、それはどうでも良いのだが)
半島が民主化統一された場合、2000万人の貧乏人を抱えることになる。
しかもそいつらは教育が施されていない愚民2000万人。
半島ごと経済破綻 → 国体の消滅 → 中国とアメリカが分断統治 → もとに戻る

半島が赤化統一された場合、・・・サムスンもヒュンダイも困るだろうな、ものすごく。
ただわたしは、半島民主化統一より赤化統一のほうがゆくゆくありえると感じる。
(感じでモノを言うな)
おそらくこの百年で中国は半島全体を併合するだろう。その途中経過だ。
(おそらくでモノを言うな)
さらにおそらく、中国の台湾併合はこの10年内に行われるだろう。
現在冷静な目で見て、台湾に必要なのは米、日ではない。中国市場だ。

日本人もうかうかしていられない。
わたしは中国が尖閣どころか沖縄をも併合する、とここに断言する。
ただしそれは25年以内だが。
基地が去ったら沖縄の生きる道は、多分中国の属国であり、もっと言えば一部になることだ。
それは歴史が物語っている。
沖縄は決して日本ではなかった。
琉球という日中どちらにも媚を売りながら食べていく島だ。
食べれる方につく。それは当たり前のことだ。

1228637514771_1228637514771_r.jpg

韓国が北朝鮮を併合した場合、アメリカはいわば豆満江で中国と向かい合うことになる。
財政破綻寸前のアメリカにとって軍事費の増加は命取りだ。
中国が北朝鮮を併合した場合も同様。
やはりアメリカにとって中国とのあいだに、どうでもいい小国が必要なのだ。

君たちは知っているだろうか?
朝鮮労働党には多くのCIAエージェントが入り込み、どうでもいい国を操っているのだ。
彼らはもうそれに飽きつつあるかも知れない。
飽きても仕方なく運営しなくてはならない。あの金王朝を。
CIAが操るということは米国が操るということで、それはすなわちよく言われる軍産複合体なるものが操っているということだ。
要は朝鮮戦争が終わった後、いつの日か東アジアで戦争を起こす火種として、彼らは朝鮮民主主義人民共和国という耳クソみたいな国を認めたということだ。

そう、今でもロックフェラーやロスチャイルド家が北朝鮮を生かしているのである。


日本は?
北朝鮮が崩壊した場合日本はどうなるのだろうか?

何も変わりはしない。
少子化・借金漬けの国はそのまま斜陽するだろう。
そのうち自国の経済危機で半島など構ってはいられなくなる。
ただ、中国に併合されるのだけは何としても避けるんじゃないか、と信じる。

日本人は中国人より数倍できるからだ。
両国の偉人を比較して言っているのではない。
両国の平均的国民・大衆を歴史的に鑑みてのことだ。
おそらく金を稼ぐのは日本人より中国人の方が上手だろう。
だがモノを作るのは断然と日本人に分がある。
源氏物語絵巻から千と千尋の神隠しまでえんえんと積み重ねられてきたジャパネスク。
なんなら「ワンピース」もそのうちの一つと言ってもいい。
西欧のアートと唯一区別でき、尚且つ金を生む世界でも稀な文化を持つ国。

新しいものが好きで、外の文物もうまく消化し、えも言われぬセンスを持っている。
それはわび・さびであり、醤油の味であり、伊能忠敬の細やかさと集中力。
そしてこの民族はイン・コンカレントに複数のことをこなす器用さを持つ。
君もそうだろう?
PCで今日のトピックを確認しながらテレビの連ドラを見つつ、携帯ゲームをしてるだろ?
電車の中で音楽聴きつつPSPやりつつスマホいじりながら、今日の晩ごはんのこと、明日の授業のことを考えているだろ?(それは少数か)

われわれは、一度に何人もの話を聞いて答えを返す、聖徳太子の血を綿々と受け継いできた和人。





まあ世界のパワーバランスや日本人のことなどどうでもいいのだが・・・

クリスマスが今年も過ぎて行ったわけだ。
年末、姫路にでも行くかな。

ピンボケだが我が家のイルミネーションである。

111225_214855.jpg

(嘘)




関連記事
1 CommentsPosted in 妄想

Godfather III

12 25, 2011
 

この1週間でゴッドファーザー I・II・III を観た。
ついにコンプリートした。
だが長い。 長い映画だ。

Godf3MaryKogel.jpg

以前、ゴッドファーザー・サガを録画してたのをこの20年で20回ほど見た。
サガは I・II を時間軸にそって編集したものだが、やはり本編の方が断然いいと思った。

特に I は完璧だ。
III もなかなかのものだ。
II に関してはデニーロのかっこ良さが際立つが、終盤がダレる印象がある。


III で、マイケルがシチリア島のバゲリアに凱旋した時のクルマ。
見事なまでにかっこいい。
マセラティ・クアトロポルテIII(多分そうだと思う)

しかし ここ をじっくりと観察してると、2代目↓が強烈にいいと思ったね、わたしは。

22-Maserati-Quattroporte-II_horizontal_gallery.jpg

なんというダンディズム&スマート。
シチリアの石畳を優雅に下るにはこの車。


ネットでいろいろ写真を見るうち、実に渋いクルマを見つけた。
よく英語が分からんけど、1971年にMaserati Indyをベースに2台だけ生産され、1台はAga Khanという人が買い、もう1台はスペイン国王が買ったそうだ。

72_Maserati_Quattroporte_Frua_Sdn-dv-07-Belle-01.jpg

広いグラスハウスに、実にハンサムな丸目4灯。

プレイボーイが乗る車だな・・





関連記事
0 CommentsPosted in ドラマ、映画

スピリッツ ◇ 峯岸みなみ

12 23, 2011
 

深夜にオレンジジュースを飲んでいる。

001z.jpg
002z.jpg
003z.jpg
004z.jpg
005z.jpg
005bz.jpg
007z.jpg
008z.jpg

峯岸みなみは動いてるより「静止画」がとてもよい。
足が短いところが、あえて良い
ひざから下が特に短いところがかわいい。
(すみません・・)




関連記事
0 CommentsPosted in おねえさん
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。