スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Super Best of Yumi Arai

11 20, 2011
 

買ってしまった。

super best of yumi arai

これ、あれなんだな。
買っちゃいかんぞ、買いそうだな、買ってはいけない・・・
とずーーっと思ってはいたのだが、ついに買ってしまった。

先日、妹と話をしてて「神奈川県っていいよね」という話になり、この曲 → ◆◆◆
の話で盛り上がってきた。
荒井由美バージョンは消されてるようで、山本潤子バージョンだ。

  ソーダ水の中を貨物船が通る・・・  とかすごいと思う。

何を考えて生きているのかと思うくらいの才能だ。
あと、

  紙ナプキンにはインクがにじむから
  忘れないでって やっと書いた遠いあの日


なんという歌詞とメロディの爆裂的才能。
日常の切り取り方が尋常ではないセンスだと思う。切ない。
神奈川県民でなくとも、この曲で切なさいっぱいになれる人は多いと思う。

くそったれな歌詞が溢れてる。
昨今も、昔も、それは一緒だ。
この世はいつも、浅はかなクソッタレな歌詞が溢れている。
くそったれな歌詞を書く人間よ。荒井由美を研究せよ。
荒井神社に毎日お賽銭を供し、修行をせよ。
毎日滝に打たれなきゃ分からんだろう、くだらない歌詞をばら撒く馬鹿者どもは。



しかし、わたしが密かに最もお気に入りの荒井の曲は、このアルバムの5曲目だ。

  ~夜明けの雨はミルク色 静かな街に~

だな、当然ながら。まあ、雨がミルク色なわけで、それが妥当かどうかなど、
こんな歌詞作り天才少女の作った歌詞の前では無意味なわけで、
ミルク色と言ってんだからミルク色なわけだ。

『誰かやさしく私の肩を抱いてくれたら』
のところでフィジカルにではなく心が勃起するんだけど。
どうしようもなく。
ポップミュージックとは(別にフォークでもいい。何でもいい)、こんなにも@@@なのか!と
改めて大感動する今宵。


荒井由美の70年代の曲たちは、神が降臨してるとしか思えない。




関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 音楽

マカオ 3-b

11 18, 2011
 

マカオ・ベネチアン・リゾート ~ タイパ島
われわれ4人は今年完成したというホテルというか、そういうとこに行った。

Macau GALAXY

なんだか規模がすごい。
わたしはマカオに関しては正直『どうせポルトガルっぽい建物とカジノがあるだけの低層な街なんだろな』と思っていた。
(まあそれは当たっているが)
しかもそのマカオの離れ島となると・・・


話は反れるが女子バレーがドイツに勝ったな。録画しときゃ良かった。
新鍋っていうのも味のある女だな。
しかしわたしは岩坂名奈ひとすじである。
あの名奈ちゃんの笑顔があれば生ビール5杯はいける。
あの名奈ちゃんのヨーグルトのように純白なフトモモ。
あれを見ているだけでわたしは天空の城に向かって羽ばたくことができる。
更に言うならば、あのフトモモに顔をうずめることができたら、いつ死んでも何の心残りもない。

Nana & Risa
images.jpg


しかし日本4位だな。すげえ。
フジテレビ「今日のつぶやき」・・・名奈ちゃんってかわいいな、ほんと。





   ★タイパ・アイランドへの道 → http://youtu.be/N-Aqb1HQkqM




この島もマカオ本土と同様、高層のアパートが立ち並んでいた。
こんな感じ。

111105_134741.jpg

沢木耕太郎がマカオの地を踏んだ当時は、この島ってどういう景色だったんだろう?
漁村だったのかな?
彼は煌びやかでエキサイティングな香港からマカオに渡り、大小をやった。
そして負け越してたのを長時間かけてトントンに持って行った。
沢木原作の「深夜特急」は、1998年頃、大沢たかお主演でドラマ化された。2時間×3回。これも何十回と見た。井上陽水のテーマ曲が心に沁みる。わたしは「深夜特急」大ファンである。
特にインドのベナレス(ヴァラナシ)とか、イランのテヘランの映像が良かった。マレー半島を縦断する鉄道でシンガポールに向かう途中の、チュムポーン(?)という田舎町も良かった。
しかし何と言っても大沢が海外で初めて宿泊した香港の重慶飯店内のゲストハウス。
そこににやってきた女の子はインパクトあった。
大沢たかおのことを、「孤寒」とか「広胸」とか言った子だ。(違ってるかも知れない)

沢木耕太郎の深夜特急 (新潮文庫)はわたしの出会った数千冊のBOOKのうちでもベスト10に入る名作だと思っている。彼の語り口調、感じたままを受け入れる姿勢、しかし反骨の精神を常に持っている様子は大いに共感するところがあった。
実際彼は、大学を卒業して就職が決まり、最初の出社日が雨で丸の内の横断歩道を渡り通勤する人々を見てるうちに嫌になり、家に帰ってしまったのだ。
沢木耕太郎氏はサラリーマンを1日もやってないのだ。おだやかだがアウトロー。
マカオやモナコでの博打の描写。マレー半島の南国の描写。混沌のインド、パキスタン。
読み飽きない文章なんだな・・

大沢たかおの深夜特急が非常に見たくなってきた。・・しかし友達にあげたので見れない。
中古のDVDがもう少し値下がりしたら買うかな。

111105_135400.jpg
111105_141240.jpg
111105_135414.jpg

資本主義の見本市のようなVENETIAN Resort。沢木の旅とは無縁。
独特でローカルな旅情を求めるなら、、こんな所には来るべきではないかも。

              ★すばらしき天井画 http://youtu.be/HP8tKxP0Ekg



わたしは資本主義は終わっていると思う。
この仕組みは犠牲になる人々の数が多すぎる。
まあかと言って北朝鮮や旧ソビエトのような体制もどうかとも思うし、現在の中共もまやかしだ。

人が増えすぎたのだ。

ここまで多くの人類を抱え、皆を幸せにする社会の仕組みは今のところない。
ユダヤ金融資本が考えているような『世界の理想的人口は1億人』というのも肯ける。

ガストがこんなところにもあった。

111105_141318.jpg
111105_142429.jpg

これは何なんだろう、と考えてはいけない。
考えてはいけない。感じるんだ。
これらはすべて、金のない人から金をまきあげる為のグローバルなシステムの一部なのだ。




じゃあ昼飯でも食いますか?
ということになって、リーズナブルなホーカーズレストランっぽいところがあったのだが、、、
それでは町村さんが納得いかないようだ。
マサムネさんがお気に入りのステーキ定食みたいなのを見つけて、『もう食べるか』という段になっても町村さんはわがままを言う。

   「飲茶(点心)がいいのー、飲茶がいいのー!飲茶じゃなきゃ僕いやだっ!」

だだをこねる町村さんのおかげで、またレストラン探しが始まる。
われわれはいつのまにか超巨大カジノに飲み込まれており・・・どうだろう?何千という人々が博打してる光景を眺めつつ、その奥に一軒のチャイニーズレストランを見つけた。

「ちょっと飲茶あるか聞いてきますね(ワクワク)」と町村さん。
皆腹が減っている。
さっきのホーカーズにしとけば良かったのに・・・
「あるみたいです!」

少し店の前で待たされたが、ほどなく着席。
まず青島ビールを注文。
町村さんは飲茶(点心)のメニューを熱心に眺めている。
でも、点心ってそんなに美味いかなぁ・・・
悪くはないと思うけど。

受付のおねえさんの愛想がとてもよかった。身のこなし(特に首と腰の)がやわらかい。

111105_150247.jpg
111105_151326.jpg

来ましたね、点心がね。
これがやはりウマイ。肉ばっか食ってたのでこういうのはこういうので良好。

この店は清潔すぎる。
地元の人なんかひとりもいないだろう。観光客だらけ。
確かに料理はうまい。うますぎる。
しかし、脂ぎった床とか、油ぎった壁とか、あぶらで焼けたメニューの店がわたしは好きだ。

店の受付のねえちゃんに『一緒に写真に映ってくれ』と頼む。
「彼氏がいるから・・・」と渋っている。
どうして彼氏がいたら写真撮るくらいのこともできないのか?何に縛られている?
それが分からない。

111105_155427b.jpg




  顔の大きな二人だ。
  というかわたしの顔が大きい。

  漫画のようだ。








肉の苦手なヒロガネさんがチジミのようなものを注文。
これがまた大当たりだった。
まさに、国際化されたチャイニーズ・テイスト。
このチジミはニューヨーカーでもパリジェンヌでもエルサレム人でも納得いくだろう。

111105_152718_20111118024049.jpg
111105_150759.jpg

まったくもって、完璧に、満足いく昼食だった。
やはり町村さんが固執してただけあって、点心類がうまかったし、他のものも及第点だ。



Macau Venetianにて、スーパーカーを3台見た。

  ・Ferrari 458 Italia
  ・Bugatti Veyron
  ・Pagani Zonta

111105_160555.jpg

111105_162814.jpg

どれもこれもが現実離れした車だ。どんなに速くとも公道では何の意味もない。
排気音がいい、とかそれくらいだろう。
車の周りに群がる中国人と一緒になって写真を撮っているわたしもまた、資本主義の奴隷なのだ。




町村トラベルのオプショナルツアーで、ZAIA -CIRQUE DU SOLEIL- をみんなで鑑賞。
わたしの個人的嗜好からすると、これに何千円も払うのなら西荻窪でジャズのライブの方がいい。
タバコ吸いながら観れるし・・・

111105_193318.jpg




   ★脚長インド人 → http://youtu.be/Z1Ln3kgmLqQ





タイパから本土にもどってくると、澳門最後の夜が空から降りて来ていた。

程よい喧騒と熱気。
まだ夏の身なりのままで過ごせる。

体の芯にも熱気があるのを感じる。
南国・・・・。南国か。
けたたましくそこらじゅうを飛び交う広東語。

わたしの頭は高速回転を始める。



     (マカオ 3-c につづく)




関連記事
0 CommentsPosted in 旅行

Glico curry LEE ×10

11 17, 2011
 
レトルトカレーを食べながらぼうっとしていると、『ブラタモリ』が始まった。

わびしいものだな。

Glico LEE ×10

わたしがカレーLEEと出会ったのはいつの頃だろうか?
LEEがこの世に出たとき、二谷由里恵のCFだったと記憶している。

LEEのウマさはその習慣性。
ガラムマサラをまた食べたくなる。猛烈に食べたくなる時もある。

  青が散る・・

このドラマをみなさんは知っているだろうか?
二谷由里恵と石黒賢のデビュー作だ。
まあ二谷はどうでも良いのだが、わたしは川上麻衣子の『セクシー』が忘れられない。
石黒賢と一緒にホテルのエレベーターに乗り込んだとき、川上の片手に握られたルームキー。
(古い話だな)

古い話はもういい。新しい話をしよう。
新しい話・・・

いったいどういうのが新しい話だと言うのだ?
わたしは「新しい話」だと言われても何も思いつかないではないか。

111111_173715.jpg

カレーを食ってからビールを飲む。
当然だ。酒が入ったのではカレーのスパイシーが半減する。
最近、家でメシを食うときにはいつも韓国妹のチラシを横に置いて食ってみる。そうすると、

  目が離せないのだ、チラシから!

じっとチラシを見つめながらメシを食う。

わびしいもんだな・・・



関連記事
0 CommentsPosted in 食べ物、飲み物

やきにくチエ

11 15, 2011
 

日曜。
甥っ子が遊びに来て、Driver San Franciscoをプレイ。
2人水入らずでレースゲームに集中。
その時、メールが入った。


  「近くにいる。出て来ないか?」

いきなり近くに来たか!  この男、ササオカ → ◆◆◆
「まあ行けるぞ」と旧友に返事を返すと、TELが鳴る。

  「千恵に行くぞ、千恵に!」

そう来たか!
そう来るのなら行こうじゃないか! 千恵に!

千恵とは某県北部における、焼肉の最もうまい店の1つである。

111113_174342b.jpg

とりあえず私の部屋に呼んだら「Maru-Jan」っていう麻雀ゲームをはじめ、甥っ子もそれを見守る。
なんでもオンラインで全国30位くらいらしく自慢げ。
ササオカは明日東京に帰る。

そりゃ千恵しかないだろう、千恵しかな!



千恵
千恵

肉が来た!
Beerで喉を潤し、千恵特製・Killingダレを取り皿にぶちまけ、ニンニクをどっさりと投入。
肉を噛み千切る。
噛み千切らなくても、やわらかい。 これぞ千恵の肉なり!

ササオカ氏は渋く日本酒をやってるようだ。
最高のひととき。 千恵はやはり鉄板の前に限る。 タマネギも極上だ。

111113_202307.jpg
111113_204726.jpg
111113_200029.jpg
111113_200045.jpg

「わっしゃー、おめー、どこでも見たことねーでこんなレバさしゃーなー!」(まるで津山弁)

わたしはレバ刺は食べなかったが、レバーの超レアを食って卒倒するかと思った。
このレバー超レア焼きほどに、人間の体を奥底から奮起させる食べ物はないだろう。

昨夜、田町でクルマ400台くらいをパンクさせた事件があったらしいが、やはり千恵の肉。
焼いてくれるおねえさんとの会話も弾み、ビールとポン酒をグビグビ!

肉。 肉の力。 津山肉。 千恵肉。



肉を食べ倒したあと、「歌うたいたいな」というんでカラオケに行こうかと思ったがスナックへ。

111113_231138.jpg

なつかしの洋楽を歌いまくる人間。
「Raindrops falling on my head」が出た時には心が切なさでいっぱいになった。

木村カエラと安室奈美恵を足して2でわったようなホステスがかわいかった。
その後4時まで「おまえはだからだめなんじゃ!」話を聞かされ、ビジネスホテルに泊まりエロテレビを見ようかと思ったが思いとどまり、薄着で寝てしまって朝起きたら寒気と頭痛。

頭クラクラの月曜日だった・・・



関連記事
0 CommentsPosted in 食べ物、飲み物
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。