スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリシア・ウィット

05 31, 2011
この可憐な笑顔。女の子らしさ具合。 Alicia Witt

Alicia Witt

アリシア・ウィット ◆◇◆◇

1975、米国マサチューセッツ、Worcester 生まれ。

このようなかわいらしい笑顔はそうはないと思う、まことしやかに。
アリシア・ロアンヌ。
母は中学校のリーディングの先生、父は理科の先生であり写真家。
まことに実直・堅実・平穏な家庭の娘さんだったわけだろうが、
このけがれなき約5歳の少女を見いだした、ウィット過剰サイケデリック過剰な男がいた。

       デヴィッド・リンチ

1984、リンチの 「砂の惑星」 で女優デビュー。
映画の撮影中に8歳になった彼女は、その後勉学と音楽のためハリウッドを離れる。
そうなのである。彼女はピアノがとても上手なのだ。
両親がホームティーチャーとなり勉強しつつ、国内外の数々のクラシック・ピアノの賞に輝く。

ばっちり化粧をすると、、

alicia witt

14歳。
高校の卒業証書を得た彼女は、フルタイムの女優をめざして、
88年~93年まで最も髪の毛が長いとギネスに認定された母親と共に再びハリウッドへ。
そして再びリンチが彼女を起用する。



90年代初頭、梅丘。
わたしは当時住んでいた安アパートの近所のレンタルビデオショップまで、毎週末暗く細い通りを歩いた。
ある人気ドラマのビデオを借りるためだ。
当時そのドラマは大変な人気で、貸出中であることが多かった。
というか最初の1本は運良く見れたが2本目はいつもいつも貸出中!
ぜんぜん続けて見れないじゃないか!
腹を立てたわたしは、代わりに場末的AVなどを借りてとぼとぼとアパートに帰った。
TP現象の仕掛け人

3年後。
田舎に帰ったわたしはツタヤにずらりと並んだそのドラマのビデオテープを目にする。
借りられるじゃないか! いくらでも!!
人口希薄地域の恩恵。



ツインピークスにはキャラの立った男女が多数出演。

わたし的ベスト3

  ◆ 男

     1.FBI 鑑識員 アルバート

     2.DEA 捜査官 デニース

     3.ベンジャミン・ホーン


  ◆ 女

     1.ロネット・ポラスキー

     2.ドナのお母さん

     3.ガーステン・ヘイワード = アリシア・ウィット

         http://www.youtube.com/watch?v=2Y8_DRkrjXc
         http://www.youtube.com/watch?v=Cg9utP7Gq8k



alicia witt

このピアノで鍛えた二の腕。小顔でこのむっちり感がなんとも・・・・・

アリシア・ウィットももう35だそうだ。
光陰矢の如し。



関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in おねえさん

明日はモンテカルロ

05 29, 2011


ゴロっとエビの大盛りペペロンチーノ

ゴロっとエビの大盛りペペロンチーノ

これは、あれだ。ガーリックがそのーーー、効いててうまいじゃないか。

今日セブンイレブンで会計時、レジのおねえさんが、「10円多いですよ」 と返してくれた。
なんて親切なおなごなんじゃい!
19歳~29歳の女性と触れ合う機会がほとんどないわたしは、10円多いですよ、だけで感無量。



昨日は仕事が休み。
兵庫の上郡というところに行ってきた。

  「何しに?」  「何でもいいじゃないか!」

超マイナーな町と言っても良いと思う。
しかしわたしは google map で見て、いい感じの小ぶりな集落なんじゃないかな、と行きたくなったわけだ。
『誰もわざわざ行かんよ、そんなとこ』 という所に、わたしは行きたいのである。

ただ、行ってみてあんまり感動も感傷も高揚もなかったな。
except 駅前の一角。
JRだかなんだか知らんが、上郡駅前の一本裏の街区はちょっと良かった。
道が広く清潔で、工夫を凝らした洒落た(アーバナイズドされた)一角だった。
兵庫人というのは、やはり岡山県民や広島県民にくらべ洒落っ気がある。
ということを思った。
山間の佐用に行った時もちょっと思った。

  余裕があるのである。

ゆとりを持っているのである。人生に。
LARK FULL FLAVOR 12 というのは旨いな。
言うまでもないが、人間金銭的に余裕があると、もしくは天然的性格だと、
街並みはおしゃれになってゆく。
私が住んでた頃の横浜の下町はそういうのがまったくなかったな。
岡山もあんまりない。
香川や愛媛もだめだ。広島はもっとだめだ。
広島のだめさというのは群を抜いている。

と言って、わたしを高揚させるものが海外の集落や街にあるのだろうか?
最近外国に行ってない。今世紀に入ってからどこにも行ってない。
行ってみたいところ・・・
スロバキア、イエメン、ウクライナ、グルジア、チュニス、アンマン、エジンバラ・・・

わたしは南米は苦手だ。能天気なイメージがありすぎる。
今日はモナコグランプリの予選だと言う。フジテレビをつけていて今からタバコがうまい。



ベッテルが13秒台だと・・・
確かモナコって19~20秒くらいがデーモン・ヒルが居たころのベストラップではなかったか?
13秒というと、わたしがプレステの初代フォーミュラワンにて、インチキ走行で出したラップ並だ。

montecarlo



原発はまずいことになってるんじゃないかな?
小出先生の話を聞いていると、なんとも聞き入ってしまう。

     私は Science、科学というものに携わっている人間ですけれども・・・

この求心力。
マッキンゼーのおっさんの話も良かった。
話が上手というか、絶対的ノウリッジを持つ男の話を聞いてるととても安堵感をおぼえる。
わたしが最もフェイバリットな話し手は、副島氏だ。
自分の話の内容に対して怒りだすからなwww
徐々に怒る、っつうのではなく、にわかに怒るしwwww
色んな事知ってるし、リチャード.Kとかと決定的に違うところは、上品なんだな^^
あの人は今世紀最高の話し手だと断言する。
大好きである。



なんだかこどもばかりを毎日見てると、感じることがある。
日本人というのはまことにうわべだけの礼儀正しさで安心してるな、と。
変な国だ。
わたしはもっと本音で生きろ、などと言うつもりはない。
そのままでいい。
そのままでいてくれ。

しかし久保純子というのはいい女だな。
NHKの頃から逸材だとは思っていたが、歳を重ねても良い。
着物がものすごく似合いそうな気がする。
振袖(振袖って未婚の女性しか着ないんかな)を着せて、宇治川を一緒に歩いてみたいものだ。
あじろぎの道、その対岸、亀石楼から新洛巽亭のあたりを・・・
「のう純子、よい日和やのう」
「だんさん、腰の様子はいかがどすえ?」
わたしはネパールの衣装を着ていてキセルにラーク・フル・フレイバーの葉を燻す。
つくつくぼーし、つくつくぼーし、つくつくつくつく・・・
ひんやりとしたエア。緑のポジティブエーテルが剃った眉に染む。
さらさらさらさら・・・・・川のせせらぎ。
と、そこに、われわれの前をちんたらちんたら歩くジャージ腰履きのクソヤンキー。
わたしは路傍に転がってた木の棒を使って俄かにヤンキーをしばき倒す。
「だんさん、何しらはりますのん?」
「DON'T THINK ! JUST FEEL.....(考えるな、感じるんだ)」



関連記事
0 CommentsPosted in 日記

明日は休日、明々後日も休日、という夜更け

05 27, 2011
家に帰りつき、パソコンに電源を入れIE9を立ち上げると、

   Internet Explorer ではこのページを表示できません。

どういうこっちゃ?
いやーな予感がする。
ひょっとしてエロ動画をよく見ているからか?
まあ 「接続の診断」 を押したらなんとか直ったが。
なんか注意を促して欲しいものである。
「あなたはエロ動画を見過ぎです。そういうサイトはウイルスが・・・」 とかね。


職場を出て、数奇屋で牛丼を食い、深夜25kmの道のりをドライブ。
何ら1年前と変わってはいない。
何らだ。

そして家について、テストドライブ アンリミテッド(レースゲーム)をしている。
なんでこんなに運転ばかりしなくちゃならないんだ?
なんでだ?
どうしてこんな人生になってしまったんだ?





ブラック・マーボロ・ゴールドというのを買ってみた。

marlboro_gold_edge_cigarettes.jpg

こいつはイケるな。
タール8ミリ。ニコチン・コンマ6ミリ。いい感じだ。
しかし健康に悪いとか、肺がんとか脳卒中とか、パッケージにそういうの書かないでくれるかな。
もう分かったから。
書くのならロシア語で書いてほしいわ。


なんつーか、そのー、リチャード・コシミズの動画なんかを見てて考えるでもなく考えて、あのオッサンはなかなかの味を出しているなぁ・・・・きっぱりと何事も言い切るところがいいね。
アメリカの経済破綻→デフォルト。現実味を帯びているような感じがするではないか。
ベンジャミン・フルフォードというおっさんも面白い。
帰化したそうだが、日本が世界の危機を救う救世主となる、とか言ってる。
おもしろそうなので本も2冊買ってみたが、本はあまりおもしろくない。
彼は語る時の視線がなかなか良いのだ。
なんつか、欧米人と日本人がミックスされたような目の動きをしている。
『ああ、ここまで言っちゃったぞ。どうだ?』 
みたいな微妙に揺らいでる視線がおもしろい。愛すべきおっさんだ。

青年から中年、オッサンになると通常は好奇心も摩耗し、記憶力低下、あきらめ力増加するのが常だが、そうではないオッサンもいる。
上記の2人がまさにそうだ。
元気なオッサン。





最近はクルマの中で、Rip Slyme のスターと、Pat Metheny のシークレット・ストーリーしか聴いてない。
またそれもよし。

rip

IE9というのは思った以上に良い。
実はパソコンを新調し Windows 7 になったから導入してみた。
そして人生初のセキュリティソフトも導入。
・・・そうしたらエロ動画サイトが見れなくなって、数十分格闘の末、なんとか見られるようになった。

しかしわたしはあえて言いたいことがある。
劣化したものを見て満足するべからず、と。
やはりAVは高画質で見なければならない。高画質でだ。
youtube に上がっている動画をmp3にして聴くのもだめだ。CDを買え。ちゃんと正規にDLしろ。

劣化したものばかり見たり聴いたりしてると、にんげんの感覚はそれなりのものになる。





先日ふと、道端でタバコをふかしていて 「タバコやめようかな」 と思った。
しかしやはり思い直した。
わたしは 「これ以上タバコを吸うと韓国人にするぞ」 との法令ができても、
「ああ、それなら喜んで韓国人になってやる」 という意気込みである。
そういう意気込みでないといけない。

ただ、もし都会に住んでいたら・・・。電車で移動が中心となるような都会ならば、おそらくわたしは、既にタバコをやめていただろうと思う。
今現時点で、京浜埼玉千葉や京阪神でタバコを吸っている人間は、真の男だ。
頭が上がらない。





180円のタン塩を食う。
十分しあわせだ。
端麗・生を飲む。
十分しあわせた。

こうやって人間は奴隷となっていく。
搾取されているのをどこかで認識しながらも、日々のささやかな喜びでそんなこと忘れてしまう。
時は過ぎてゆく。
65歳になってやっと気づく。
「あ、俺の人生って搾取され続けていたんだな」 と。

きっぱりと言おう。

現代人はその労働に値する、その労働に見合った報酬を受け取っていない。
ロックフェラーのせいだ。

90歳か何歳かのじじい、ディヴィッド・ロックフェラーのせいだ。

縄文の日々。
土器を作って、酒も自分で作って、木陰にあぐらをかいて一杯やりながら夕日を見つつ一日を終える。
そんな時代は 「搾取」 もそんなになかったろう。

縄文

進化し、快楽が複雑化・多様化し、いったい何の意味があるのか?
トンボのように暮したらどうなのか?
歯を磨くのをやめ、Yシャツにネクタイ締めるのをやめ、地上のエアコンすべてを捨てたら良い。
(と言いながらもAVを見ている)

文明とは悲劇である。
人間の歴史は一握りのリッチと、その他おおぜいのプアの形態が常。


    君の好きなガムが come back in style.....


どうしてもわたしは人間が人間以外の植物・動物を無慈悲に食していることが気になる。
と、牛丼を食った口が言う。
食べるのはオートミールだけとか、方法はないのか?

チンジャオロース。
まったく動植物の生命を奪って作られた代物ではないか。
人間はそんなに大柄でいいのか?

昨今のこどもは、例外なく虫が嫌いだ。
虫を忌嫌っている。
「虫・無理」 と言う。
同じ時代に同じく神から生を受け、ともに暮らしているのに。
なぜそう嫌う?



関連記事
0 CommentsPosted in 日記

Lucky Dragon

05 24, 2011
これはわたしが大学時代やっていた音楽だ。
ジャズというかフュージョンのようなインストゥルメンタル・ミュージック。
わたしはドラム担当。

    http://www.youtube.com/watch?v=Fgrd0SHcPO0

これがまた17分30秒と長い。プログレ並だ。
今こうやって聴き返すと、ドラムが地味だね。もう少し暴れてもいいかな、と。
それとリズムが重い。
Peter Erskin のようにスパンスパンと軽くスネアガ入らないとね。
ただシンプルだからソリストが自分の思いのままを存分にぶつけることができる。
というか自分がどうにかしなければならない、という状況になっている。
ドラムの野郎はたいして当てにならない・・・



テナーサックスは1級下のまっちゃんだが、いい具合に盛り上げている。
最近、いい具合に腰がじんわりと痛い。
鈍痛。鈍く痛い。
35歳くらいまではなんともなかったのだが、その後腰痛がやってきた。
ソファにもたれF1を見ているとじんわりといい感じに腰が痛い。
しかしこれは決して不快ではなく、どちらかと言えば心地良い。

青春時代の音はあまりにもナイーブで、これでもかと荒削りだけど、
象のようにパオーーと鳴くサキソフォン。
あの当時は時間が無制限のような気がしていた。
いつまでもいつまでもジャズ研の部室で練習していた。
これがまた楽しい・・・



夕食

夕食である。
SUNTRY金麦をあおりながら焦げた卵焼きをちびちび食べている。
今夜は寒い。
黄色の長そでを着てても金麦を飲むと冷える。
まだファンヒーターが出っぱなし。

またバイクでも借りようかなという気になってきた。
しかし金はなし・・・



関連記事
0 CommentsPosted in 音楽
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。