スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クチナシの下で

04 29, 2011
メルセデス SLR McLaren を購入  色は漆黒だ

mclaren

よくゲームをやるな、いい加減にせよ!

・・・と言われても仕方がない。
しかしやりたいのだ。 別段いいだろう、やりたいんだから。
レースゲームがやりたいんだ。テストドライブアンリミテッドがな。

やりたいんだからしょうがないじゃないか。まったく。
ゲームなんかせず、もっとやることがあるだろう? → ない
ゲームをする時間があったら、もっと外の空気を吸って人生について考えることがあるだろう? → ない



オアフ島の西海岸あたりでレースなどで小銭を稼いだわたしは、エンツォフェラーリでも買うかなと思い試乗。
思いのほかつまらん。
だいたい、Enzo Ferrari ってのはデザインがあまり好みではないんだな元来、わたしは。
ダサい。

ということでベンツのショールームに行って SLR McLaren を再度試乗。
うーん、やっぱりパワー過多でタイヤが滑りまくる。
しかしな・・・
しかしだ・・・
この小気味良い車幅、リトルキューティーなボディサイズ。 いいんじゃなかろうか。

どうしようかな? 買おうかな? この車幅なら山とか森の探検にいいんじゃなかろうか!
(テストドライブ アンリミテッドは、山とか森が探検できる)

購入。
現世で金がなくロクなものが買えないので買い物が嬉しい。スカッとするわ。
金が余ったのでレベル2までチューンをほどこす。

頭が高回転。
これでランクAのクルマ限定のモデルヒッチハイクができる。
メルセデス・デイ、というタイムアタックにも参加できる。

(モデルヒッチハイクというのは女の子を乗せて制限時間内に目的地に送り届けるのだが、
 これがまた難しいのもある。難しくてやる気が失せてくるわけで・・・)



bridget hall
bridget hall

「しょっぱいお兄ちゃんとがんばちゃったクルマ」

などとのっけからほざくブリジェットというモデルのヒッチハイクは難所だ。
これを難所と言わず何を難所と言えばいい?

わたしはSLRマクラーレンを流麗に乗り付け、ブリジェットを乗せる。
速い。
これは速い。
このクルマは速いんじゃないかな。

しかしこの 【ブリジェット・ミッション】 はキツい。
何度も失敗を重ねる。
どういうことかと言うと、1分20秒の間に4.1km向こうの目的地までブリジェットを送り届けなければならない。
単純に計算して平均時速184.5km。
レースと違い道路には一般車 (何が一般で何が特殊なんじゃい) も往来している。
特に浜辺の対向4車線の道路での一般車のかわし具合が最重要だ。
先行車をかわし、対向車をかわし、カーブをこなし、
ここはブレーキか、アクセルオフだけなのか? 右から抜くか、左から抜くか?
猛スピード走行中に、瞬時の判断が要求されつづける。

失敗を繰り返す。

「アンタの運転のせいで爪が割れたじゃないの!降ろして!ネール直すんだから!」

このオンナはクソ生意気だ。
おまえのアス・ホールを・・・・○○○○!



mercedes SLR McLaren
slr

わたしはこのブリジェット・ヒッチハイクに成功し、ハーフスロットルが何か、というのが分かってきた。

  ハーフ・スロットル

レースゲームはこれに尽きると言ってもいいだろう。人生もそうかも知れない。
全開、フルスロットルにしてタイヤを滑らせてはいけない。
そしてアクセルを緩めることによって力学的にハンドリングが安定する。

以前のレースゲームではアクセルはボタンで 「オン か オフ」 、全開か全閉だった。
しかし Xbox のコントローラではトリガーであり微妙な開閉が・・・

わたしは当初アクセル・ブレーキの左右のトリガーを人差し指で操作していたのだが、
(ここが重要なのであえて詳しく解説するが)
それでは RB・LB ボタンが押せない(押すのが不便)なので、中指でアクセル・ブレーキを操作することにした。(そんなもん最初からみんなそうやるのが普通なのかも知れんが)

このブリジェット・ヒッチハイクを繰り返すうち、かなりのアクセル、ブレーキ、ハンドリングの上達をみた。
言うなれば 人馬一体
というか、指とクルマの挙動が一体化!
まさにコレ、  コレまさに、  SLR を長年の愛馬のように操れるようになってきたようだ。






5月26日に テストドライブ アンリミテッド2 (日本語版) が発売される。



アストンマーチン One-77 が登場するらしいぢゃないか! なんともはや、それは本当か!

わたしはつい予約してしまったな。
発売までの1ヶ月間は SLR をホノルルのダウンタウンでブイブイ滑走させようと思っている。



関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in レースゲーム

キャデラック XLR-V

04 27, 2011
TDU2 発売まであと1ヶ月というところ。
初代 TDU を着実に、そして可憐に、いみじくも着々とプレイしている。

わたしはキャデラックXLR-Vをおおいに気に入っている。

caddie

こいつを10万ドルで買い、なんとも言えぬブルー・グリーンのメタリックに塗装している。
そして視点。
結構重要なのが、ゲーム中の 『視点』 なんだな。

後方(クルマ小)  後方(クルマ大)  後方★  コックピット  ボンネット  メーターのみ

の6つの視点が選べるわけであるが、 【後方★ 視点】 が限りなく良いのである。
路側帯に停車していると、クルマの幅はほぼ画面の1/2ほどを占める。
道路の先、地平線は見えない。 が、
アクセルを徐々に開けると風景が動く。
この風景の動くさまがまことしやかに現実味を帯びている。
まさに映画のシーンを見ているかのごとく・・・

わたしは大型のアメ車の出てくる映画にとてもノスタルジーを感じる。
ビバリーヒルズコップ、ミッドナイトラン
なつかしの、名作だ。
マーティン・ブレストの快作。



tdu

このゲームは、木が茂る島の東半分と、乾燥地帯の西半分。2種類の風景が楽しめる。
オアフ島の自然。
特に乾燥地帯の景色は抜群だ。
乾燥は人を孤独の淵へと押す。押すのである。

高校の頃、憧れたモニュメントバレー。
そこにはROADが写っていた。
孤独への道。赤土とホコリ。

その粉塵こそが西部だったわけであり、岩山の奇異たるがアメリカだった。

ドライブ。ドライビング。



関連記事
0 CommentsPosted in レースゲーム

テストドライブ アンリミテッド

04 20, 2011
TEST DRIVE UNLIMITED  Xbox360



test drive unlimited

テストドライブ アンリミテッド

そう アンリミテッド なのである。アンリミテッドということは 『制限がない』 っちゅうことであり、
自由があり、感傷に浸れる、ということなのだ。 実際に。

ハワイ州 オアフ島 を舞台にしたこのレーシング・ゲーム。
わたしはこのゲームに出会うために生まれ、これまで生きてきたと言ってさしつかえないと思う。



TEST DRIVE UNLIMITED 略して TDU 。

TVゲームというのは疑似体験ではあるが、ひとつの自己表現、自己実現のツールであろう。
ゲーム機の黎明期を知るわたしほどの老齢・老獪な人間は、TDUのそのキャパシティに圧倒される。

(ところで TDUで検索すると東京電機大学が出現する。DENKI か?もしかして・・・
 なんつうダセー略語だ。信じられないアンビリーヴァボォ)

1981年。
わたしは大手町デパートの屋上のゲーセンでインベーダーゲームをやっていた。
タイムスリップし、その頃の私にこの TDU を見せてやりたい。
超絶に驚くだろう。
おぼこい少年のわたしは気が狂ってしまうかも知れない。

それはまるで、伊能忠敬に Google Map なり Google Earth を見せてやりたい衝動と同じ。
この歳になると死亡した友人も多々。やっさんやTERUにもこの TDU様の画面を見せたい。
TDU は、確実に TDU様 と 「様」 を冠して呼ばれるべきゲームだ。

人間の英知よ。技術の究極的急進よ。ウルトラなディジタル・テクノロジー。
わたしは静かにキリン氷結ストロング・シチリア産レモン500mlを飲みながら伊能の生涯を想像する・・・・



先日、、、
プレステ2が8000円で売れたのを良いことに、ビックカメラで XBOX360 の中古を購入。
わたしは新品は買わない。
馬鹿馬鹿しいからだ。
XBOX360
Xbox 360 (60GB:HDMI端子搭載) 【メーカー生産終了】


2年前にプレステ2を中古で買ったときと同じく、

    『この歳でレースゲームができるのだろうか?』

との不安のさざなみがやって来たが、ビックカメラの喧騒の中さささっと数台の中古品の中から値も手ごろな60GBのやつをエレガントに選択したわたしは、エコポイントを変換したギフトカードで会計を済ませ、店員のにいちゃんに的確な質問をし説明を聞く。

(しかし60GBとか何なの?それが1万円ちょっと。まあそのー。
 昔はパソコンのHDが50MBで8万円とかで、『50MBもあれば無限に保存できるわ!』
 などと思っていたものだ。メガがギガになりテラも登場している。いったいなんということだ)

箱がでかい。
箱がともかくでか過ぎる。
店員がでかい巨大手さげ紙袋を2重にしてくれた。
この重みがきっとわたしにハピネスをもたらすことだろう。




tdu

この画像はネットからの盗用だが、そのうちゲーム中にわたしがオアフで撮影した画像を、
なんとかパソコンに取り込み貼り付けたい。非常に。
これは意外と容易ではないだろう。
苦難の道。
おそらく幾多の苦行が待ち受けている。
まさにネパールの苦行僧。

しかしなんやかんや検索してればできるはずだ。
できそうな気がする。
今や グーグル を持ってすれば分からないことなどないんじゃないかな。

わたしは焼きそばUFOを食べつつ、伊能が辿った全国の行路に思いをはせ、夜は更けてゆく。

関連記事
0 CommentsPosted in レースゲーム

春の別れ

04 05, 2011
プレイステーション2を売った。
悲しい別れではあるが、わたしは迷わなかった。
あえて、迷わなかった。

ソアラで競ったニュルブルクリンクサーキットのリプレイが入ったメモリーカードも、
すべてのレースゲームソフトも、なにもかもまとめて古本市場へ。

別れは徹底的であるほどに良い。



なんと古本市場はPS2とソフト数本に、1万800円の値をつけてくれた。
とくにPS2は8000円だと・・・
(買ったとき1万2千円ほど)

なんとも非常に得をした気分だった。

春の日。ジャージにサンダルで運転。
陽光が車内に降り注ぎ、この西日本の街は、東日本の危機を全く感じさせない。
普段どおりの営みがとりおこなわれていた・・・



1月終わりから、雪や雨で汚れようがどうしようが、ほうったらかしにしていたクルマを、洗った。
しかし、ワックスまではかけなかった。
というか、なんというかその気力はまだない。というかもうない。
わたしはこれから、ワックスというものをかけないかも知れない・・・

soarer_20110404235517.jpg



非常に仕事がうまくいかない。
非常にだ。

まあ、でもボチボチいくか。
あ~あ。
まあ、出勤してるだけでもいいか。
死にそうだ。(弱音)
死ぬかも・・・というか、この世から消えるのもいいなという気持ちを抑えながら生きている。

しかし食欲だけはあり、ばりばりと菓子を食い、ムシャムシャと弁当を食い太っている。

最低の人生だ。

まあその、しかし、そういう人生もあってもいいかも知れない。


関連記事
2 CommentsPosted in レースゲーム
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。