スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世界の12人

11 30, 2010
日曜・月曜と連休をとり、我が国の中心 ・ 浪速の街へ。
大学時代のテニスサークルの後輩、ZENくんが転勤で浪速にやってきている。

日曜の朝、わたしは旧友のR氏をともない、
よく 『トヨタのアストンマーチン』、、などと呼ばれる私の 【30ソアラ】 にて、
遠い昔、羽柴秀吉の築いた、比類なきえげつなさと、ギャルの濃厚メイクを誇る、常時微熱の商都をめざした。
ほんとたまらんで、真っ黒なつけまつげの超度級ヴォリューム!
何とかそのふさふさのリッチなまつ毛を、ことごとく征服し、服従させたくなってくるぢゃないか!

2010年11月 阪神高速道路

わたしなどのように、中国の各都市の高成長・高層化を深く知る者にとって、大阪のビル街は貧弱だ。
貧弱極まりない。
ちょっと画像検索してみるがよい。
上海、深圳、北京、どこでも良い。あなたは華人たちの建築・建造の猛ラッシュぶりを知るだろう。

まあそれがどうした、という感じか・・・・・。
チャイニーズ・シティは猛烈な拡大と高層化が進行中だが、わが国の梅田およびミナミは熟成されている。
そこは、ある意味完成し、高レベルなマイナーチェンジが日々ヌメヌメと進行し、
そこには、じゅくじゅくに熟れ、甘い果汁のしたたる女人たちが闊歩し・・・・・・・



新世界 たつ屋

われわれはいきなり、昭和の香り際立つこの街の深い淵の底にやってきた。

    西成区山王 1丁目17番

昼の12時半から生ビール。
人生というものはすなわちこうでなくてはいかん。

西成区山王
西成区山王



「わしが払うわ」
阪神高速を11時過ぎに下り、大阪の市内に入ったソアラのガソリンが底をついた。
給油。
R氏が気前良く支払ってくれたのだが、なんとハイオク・リッター158円。会計は1万円を超えた。
「高いな」
「高いわ」
われわれはナビにしたがって、ZEN大王の住むという桜ノ宮へ。

大王の住まわれているマンション近くにすんなりと到着。私は大王にメールした。

 『ZEN公爵、着きました。連絡をお待ちしております。かしこ』

ラブホテル街として有名らしいが、そんなことはない。人けのない閑静な街並みだ。
しばらく待ったが返事が来ない。大王は日曜でもお忙しいのだ。
私はかねてからの希望を口にした。
「あー、鶴橋でホルモン食いてーな」
「もう行こうか?」 とR氏。
「もう行っちゃうんすか?」
「おお。行きゃーえーわー。ZENを来させりゃーえーがな」
大王に対してなんたる無礼な口の利き方。
「鶴橋でこの、バリッバリに焼いた肉食いてーな」
「じゃあ鍋の店行こうか」
R氏は非常に自分勝手だ。

われわれは24時間で800円のコインパーキングにアストンを放り込み、環状線桜ノ宮駅へ。
歩いてるおばちゃんに通天閣はどこで下りればよいのか、フランクリーな感じに質問。
「あそこやったら、天王寺か新今宮やと思うけど、また駅下りて誰かに聞いて」
環状線・外回りの、日曜の昼時の車内は空いていた。
携帯のバイブレーション。大王様からの電話だ。
「はいもしもし」
「わしじゃ。わしやがな」
「それは分かってるんですけど、我々今天王寺に向かってまして・・・」
「何?それは本当か?わしも天王寺におるんやが」
すっかり関西弁になられた大王。天王寺で仕事があって、今終わったと言う。
新今宮の駅で待ち合わせることにして電話を切った。相変わらず偉っそうな口ぶりだ。



「君がこいつの旧友だというR君かね。まあよろしくな」
一足先に新今宮に着いてホームで待っていた大王が威厳を撒き散らす。
われわれ3人はR氏の先導で、こりはウマイ、という鍋の店へ。
開発と観光地化に取り残された一角。12時開店だというが、既に飲酒客で満席。表で待つことにしたところ、そこへ馬鹿面をした大人数の若者たちがやってきてそこらうちじゅうに座り始めた。

たつ屋

「何人?」 店の人が出てきて烏合の衆にたずねた。
「えーっと。12人・・・」
「12人!!! それはあかんわ。うちはこんな小さな店やから」
と言われたにも関わらず、のろのろとのん気な顔をしていつまでも店の前にいるこいつら。
10分たっても帰らないんで、また店の人が出てきて言う。
「12人なんて無理やし、帰って。うちはもうこんなちっちゃな店やし、帰って、帰って」
無言でのらりくらりと佇む若者たち。顔を見合わせながらやっとそのうちのひとりが自分の座ってたイスを持ち、店の軒下に運ぼうとすると間髪入れずに店の人。
「あーー、もうええから、イスはええから、帰って、帰って。イスはええから」
店の人がさっさと中に入ってしまっても、12人の衆はだらだらだらだらとイスを運んでると思いきや、まだ地べたに座ってる輩もおり、何を喋るわけでもなく相変わらずのらりくらりとしている。
まあどこかでこの店のことを聞いてやってきたんだろう。悔やむ気持ちは分かる。

その時ZEN大王が腰を上げた。
「さっきから聞いとったらあれや、おまえら店の人が、あかん、言うとるんじゃろうがい」
「まあまあ、棟梁、ここはおさえておさえて」
「わしはそういうメリハリのない昨今の若者を憂いとる者のひとりや。にーちゃん、悪いこと言わん。帰りーや」
そこへちょうど良いタイミングで、店の人の声がした。
「3名さま、どうぞ」

ホルモン鍋

ホルモン鍋、ホルモンうどん、チャンジャ。生ビール3つ。

昼の12時40分に乾杯だ。
「ごくろうやったな、遠くから来てもろて。じゃあお疲れ」
大王の顔もなごんでいる。(そもそも大王なのに仕事をしている、ってのもおかしなものだが)

大王とR氏
Marlboro ICE BLAST
鍋のしめに麺

鍋の締めにと、R氏が麺を注文。
うどんでも雑炊でもない。この麺が見事なまでに旨い。

ZEN大王も酒が入ってきたようで、饒舌になってきた模様。
「わしもアレじゃのう、この麺を入れるというアイデアは思いつかんかった。君はいい店を知っとるな、がはは」



      パ ー ト 2 へ



関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in 旅行

欧州と亜州の交わるあたり

11 28, 2010
週末にかけて天気が好転しそうなので、洗車機に入れた。200円。

トヨタ ソアラ 3.0GT 1999

ソアラのグリーンの塗装面は、今日のような日の青空を映すと、私の好きなブルーイッシュ・グリーンに変貌。

クルマはこの色に限るね。
古いフェアレディZの300ZXにこういう色があった。
それと、82年に発売されたこの世で最もカッコいい車のうちのひとつ、3代目カマロにもこういう色があった。

あの頃のアメ車ってのは、わたしの好むカー・デザインの基礎を成している。

   シボレー・カマロ
   ポンテティアック・ファイヤーバード
   フォード・マスタング

最高じゃないかな? 



ついにその姿を現した アストンマーチン DB9 1/18スケール ミニチュア。

アストン・マーチンDB9 1/18

黄色の派手なフォーミュラカーは、97年シーズンのラルフ・シューマッハとジャンカルロ・フィジケラが乗った、ベンソン&ヘッジズのジョーダンのクルマ。
当時の私は多数の子供に囲まれた生活を送っており、趣味はF1観戦のみというダメ人間であった。
フジテレビの映像を録画し、見て、すぐにもう一度見る。
これがおもしろいのである。
だって他にすることもないし。田舎は本当に退屈だ。
わたしは津山に対して何の興味もない。



一昨日の夜は、バンド仲間のREK君をうちの社長に紹介しつつ3時まで痛飲。
昨日の夜は、職場の仲間と新見の千屋牛の肉を出す店で4時過ぎまで痛飲。
体にこたえるわ、実際。

でも楽しかった。
特に昨日夜は同じ職場の戦友と言いたい放題で、ありがちなストレス発散。
だけどサラリーマンってのはいい商売だなって感じる。
昨今の不況でわたしの給与も安すぎると思うけど、デフレまくりでそれなりに食っていける。

職場の超年下の新卒2年目の女の子は、なにもかにもができた女の子。
仕事もできる。かなりできる。愛想もあり、努力家で、礼儀もわきまえ空気も読める。
新卒2年目の頃の自分のことを考えてみると、この女の子は非常に奇跡的なことだと思う。
こういう人間って稀にいるものだ。



ホワイトの530が柵原ルートを走っている。

BMW530i
BMW530i

このつり目がかっこいいな。バランスが良い。
発売された当初は、『BMも終わったな』 などと思ったものだが、今になって実に良いと思う。

やはり人間というもの。イタリアあたりに住んで、ヨーロッパの好きなところにドライブできるような環境にあるのが最高の喜びだと思うね。
ザグレブ、ブカレスト、ワルシャワ、ベルリン。
サンクト・ペテルブルク、ミンスク、キエフ、ティビリシ。・・・そしてテヘラン。

欧州と亜州が交わるあたり。
行ってみたい都市が沢山あるんだがな、本当に。

今日、28日に米韓が軍事演習をするのだという。大丈夫なんかな?




関連記事
0 CommentsPosted in 日記

羅臼~内田~電車~岡村

11 26, 2010
羅臼・・・・・ラウス

なんて旅情をくすぐる名前なんだろう。
羅臼と聞くと、私はさびれたコンビニで弁当を半額にしてくれる内田有紀の顔が思い浮かぶ。
遺言。。。ベタなのだが、ベタベタなのだが、ものすごく良かったな。

親しかった私の先輩は毎年のように北海道をバイクで旅し、週休3日制を自分に課しながらイラストを描き、毎年長期休暇を幾度も取り、北海道に行くほかは全国をバイクで旅していた。わざわざ私の部屋にも遊びに来て、北海道の思い出を語り、風呂に入り、すき焼きを食い、ビール飲んで、TVゲームをして、、次の目的地である高梁市に向かって走り去って行った。
先輩を見送った福渡の橋。
最後の笑顔をこちらに向け、スッと前を向いて単車を発進させた。

   安 田 隆 一   やっさん

やっさんと多くを語り合った中で、奇跡的に意見が一致したことがある。
岡村孝子のNO.1は 「電車」 だ、 ということ。



本当にいい曲を書く。本当にいい曲だ。
なんでこんなに壮大な曲調の歌を 「電車」 と名づけたのかよく分からないが、すごいな。今聴いても。

もう少しでいい。もう少し金と暇があったなら、
安田さんをしのんで北の大地をバイクで走ってみたい。
もちろんひとりでだ。
(まあそのー、このあいだレッドバロンで目撃した、渋くカスタムしたDRAGSTARで乗り付けた足の長いねえちゃんみたいなねえちゃんと一緒ならば、ふたりで走ってもいいが)

釧路、知床、稚内・・・ 夢は広がる。
だけどな、やっぱり大陸と名がつくところをツーリングしてみたいもんだ。
北米大陸、オーストラリア、ロシア。
ユーラシア大陸というのは、EURO+RUSSIA+ASIAという意味だということをみなさんは知っているだろうか? きっとそうじゃないかな? 私はそう思っている。

サンクトペテルブルクからウラジオストクまでロシアを横断・走破。
その辺のキャバクラで働いてるウエイストが細めの女の子をスカウトし、バイクの免許を取らせ、関空から聖ペテルブルクにひとっ飛び。市内でバイクを購入。東を目指す。
サンクトペテルブルクと同じ名前の都市が合衆国にある。ST.PETER’S BURG。
比較的しいたげられていたロシア移民が新天地に作った町だ。

しかしグーグルマップっつうのはすごいわ。
住所さえあれば、正確な位置、その近辺の路地の様子、航路、陸路、電車路での行き方が分かる。
いったいどうしたというんだ? こんなことがあって良いのだろうか?

人間は新しいテクノロジーに触れると必ず 「こんなことが現実にあって良いのか?」 と考え込む。
航空機しかりテレビジョンしかりPS3しかり。
PS3と言えば、昨日グランツーリスモ5が発売されたわけで、しかし私は 【もうグランツー形式のレースゲームは終わりだ】 との予感を持っている。これからは 【テストドライブ・アンリミテッド2】 のようなゲームの隆盛が予想される。

隆盛と言えば流星。
流れ星の仕組みをみなさんは知・・・・





無限に無駄話が続きそうなのでもう終了。




関連記事
0 CommentsPosted in 音楽

ガネーシャ

11 24, 2010
チキンマサラ

カレー王国、でランチ。外でランチというのは、ひさしぶり。
この店はナンがなんというか、かなり大きくて、しなり具合もいいんだな。

チキンキーマを頼もうかと思ったが、チキンマサラのが安いんでそれを頼んだ。
が、ウマイわ、これも。やわらかいチキンがすげーうまい。
カウンターの中にいるインド人の店員に、親指を立てると 「初めてですか?」 と話してきた。
いや初めてじゃないけど、このあいだ来た時いた日本人の可愛いウエイトレスはやめたのか?
彼女に会いに来たのに残念だ。ああ、そうか。などと話をしていたのだが、
前から気になってた、店に飾ってある 【ガネーシャ】 の大きく立派な絵について訊いてみた。

   Is that the god of ガネーシャ?

   ya, ガネーシャ。 yes. that's the god, ガネーシャ。

   i love it. Very Beautiful and Fantastic and .... looks Very Strong.

そのガネーシャの絵なのだが、全体が赤、そう血の赤でなくほんのちょっとだけ紫っぽい赤、の色をした絵で、まさにすばらしい筆力、およびデザインの才能を持つ画家が描いたのだろうと思う。
ガネーシャの周りに描かれた模様や、派手できらびやかな様々な装飾品や背景。
何か非常にエキサイティングなんだけど、しっくりくるわけで・・・

98年にシンガポールに行ったとき、リトル・インディアを訪れ、私はシンガではあるが初めてじかにインドの空気に、アートに触れた。おばちゃんや子供、男たち・・・・インド人たちといろいろ喋った。
なんか、ジワーーっとしっくりくるのを感じた。
ヒンズーのアートはものすごい勢いのキラキラ装飾&色使いなんだけど、なぜか気持ちが落ち着く。
街が、人が、、、前者はカラフルで、後者は地味。いい感じに地味なんだな。
まあ、リトルインディアごときではあるが、自分の故郷にいるみたいな気持ちになったのだ。

それは何の神さまだ?とか、この絵はいくらした?→わからない、とか、しばし話して店を出たのだが、やはり英語で話すのは気持ちいい。私の語彙はまったくもって貧困状態だが、それでも話す。
顔の黒い人、白い人に向かって脳細胞にキュルキュルとアクセスしながら、英語表現を探る感覚をを久しぶりに思い出した。これが非常に楽しい。 脳細胞=私の貧弱なハードディスク、右脳も左脳もフルに働く。
そうだな。物理的な目標だけでなく、来年の春くらいまでに英語を定期的に話す環境を作る、みたいな目標を持って暮らしてみるのもいいかも知れない。
例えばインド人でなくても外人の友人を作るとか、英会話スクールに通うとか、モルモン教・・・とか。

以前勧誘を受けて、モルモン教の教会に通ってたことがあるが、あれはいかんな。
英語を思う存分話せるのは非常に楽しいのだが、なんせ禁欲の宗派。
タバコやめろ、とか、酒を飲むな、とか、、いちいちジワジワと人の行動を抑制してくるわけだ。
でも、まあ、外人と色んなこと話すのは本当に楽しい。
ツインピークスを字幕でいつも見てるから、意外と会話能力は落ちてないしな。



ソアラ 3.0GT

ソアラが帰ってきた。
ODDが10万キロを超えたので、タイミングベルト交換。 ¥68,000

     タイミングベルト(技術料)  ¥33,000
     タイミングベルト(部品)     ¥3,600
     テンショナーベアリング     ¥3,200
     ウォーターポンプ交換    ¥14,500
     ファンベルト交換         ¥6,480
     オイルシール             ¥770
     クーラント             ¥1,450

という内訳になるのだが、クルマは金がかかる。本当にかかる。死にそうだ。

代車のホンダ・ライフから、交換修理を終えたソアラに乗り換えた、その瞬間だ・・・・
私はBMWの6シリーズにでも乗ってるのかと思った。
なんて安定感、ずっしり感、信頼感、高級感なのであろうか!私のクルマたるや。すごいな。

まあ、30の中古のソアラでこんなに満足できるのは、きっと幸せなことだ。
中学生の頃、私は大きくなったらミュージシャンになって、きっとアウトローに渋くきめたアメ車にでも乗ってるだろうな、と思っていた。未来の俺は。
金はうなるほど持ってるし、女は両手じゃ足らないほどに侍らせているだろうと思っていた。
毎日毎日、キャビアだのフカヒレを食い、高級スコッチを口にしてるだろうと思ってた。
それが何だ?現状は!

まあいい。
明日いよいよ REGZA 32R1 の箱を開け、オフホワイトの 「高級わけありテレビ台」 の上に設置する。
アストンマーチンのミニカーを、その横にさり気なく置こうと思っている。
それが楽しみでならない。

今夜は遠足の前の日のような気分。




関連記事
0 CommentsPosted in 食べ物、飲み物
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。