スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールド・カップ・イヤー

04 30, 2010
深夜の国道を、70~80キロの速度で流している。
帰路についている。
あいかわらず Kenny Kirkland のファーストアルバムのピアノ・プレイが車内に満ち、私は明日からの6連休に向けて、ハンドルを操作している。

今日は中学3年生の女の子から 『アンティック珈琲屋』 っていうビジュアル系のバンドの話を聞いた。
なんか良いんだそうだ。
後で YouTube で見てみようと思う。

しかし私はクルマの中ではジャズしか聴かない。
あたりまえのことだ。
私はクルマの中で「歌詞」のある歌を聴いたこともない。ジャズだけだ。
秀でた演奏家の奏でるジャズだけが、私をソアラの車内で解放させてくれる。
もう何度も言っているが、日本では渋谷の雑踏と、三宮のおっぱい公園の雑踏の中にいる時だけ、私はあらゆる物事から解放され、自由な気持ちになれる。

ソアラのメーター



しかし村上ショージって面白いな。本当におもしろい。
深夜番組ってのも笑わせてくれるものだ。
ダウンタウンとココリコと山崎、唐沢寿明まで舞妓はん教室ってのをやっているwwww



今夜は外食をした。明日から休みということで、職場の同僚のM氏を誘ってみた。
ジョイフルの799円のでかいステーキである。
私が運転をしたので、M氏だけ飲んだ。私と同様、東京から岡山に帰ってきた人なのでなんとなく話が合う。営業をしていたというのも共通だし、24歳で大学を卒業したというのも共通している。

ジョイフルのこの巨大な799円・ステーキはもう3回目だね。ハッキリ言って。
ガーリックソースがウマイんだな。肉はクズ肉だろうけどさ。

1回目は、R氏とマセラティを見に行く前に食った。
2回目は、Mちゃんというある経営者と、その女子社員と3人で。
なんか、Mちゃんは、「ファジアーノ見に行きましょうよ」としきりに言う。
私は、Mちゃんとこの社員と宇多田ヒカルの話で意気投合し、「芦屋の六麓荘連れてってあげようか?」という話になり、ファジアーノはあまり気が進まない。
私はあんまり、地元のサッカーチームがどうであれ、気にしない。
要するに最近はマンデー・フットボールを見るくらいのサッカー観戦者であり、やはりイブラヒモビッチがどうしたとか、カカとかクリスティアーノ・ロナウドとかドグロバとかルーニーとかメッシがどうした、、位しか興味がなくて、いまさらながら、ファジアーノを応援する気にはならないのである。

1回だけファジアーノの試合を見たことがある。
確か、これに勝てばJFL昇格って試合で、相手はおそらく鳥取FCだったように思う。
県営競技場にある、サブグランドでの試合で、客席は階段5段くらいの高さしかない。
横から見る感じで、普段はテレビで上からピッチを眺めるのに慣れているせいもあって、見にくかった。
まあしかし勝ったし、ゴールも良かったし、何より昇格の喜びで満足。
試合後、鳥取のサポーターが 『ファージアーノ!ドドンドドンドン』 ってやったくれたのに、そのころは全く統率のとれていないファジアーノのサポーターは、返礼をすることもなく、バラバラと散っていった。
お礼くらいすりゃいいのにね・・・。

しかしだな。今年はワールドカップ・イヤーなんだな。
それを考えただけで、体の底から暖かいものがこみ上げてくる。
この仕事について良かった。南アフリカでのゲームは、殆どヨーロッパと同じ時差なので、日本の深夜になるだろう。私は、私には見ることができる。だって新しい会社の出社時刻は13:30だからな。



酒

いつもの酒をあおっている。
日曜日に超泥酔し、次の日がたいへんだったのも忘れて、ダウンタウンを見ながら缶を傾ける。

サッカー日本代表は、今年、どんなワールドカップを見せてくれるだろう?
今から楽しみだ。
私個人的には、松井大輔のプレイが見たい。
あいつのことは昔から大好きだ。さり気ないし、プレーがおしゃれだし、なんか人を食っている。プレイがな。
後はスティーブン・ジェラードだな。イングランドがどうなるか、ってのも気になる。

日本代表については、この金子達仁氏の記事がおもしろいと思う。
結構2ちゃんねるなんかでは叩かれてる評論家だが、僕は好きだ。彼は分り易い文章を書く才能がある。

    ◆ 金子達仁のサッカーコラム ◆ ←クリック

「28年目のハーフタイム」 とか 「決戦前夜」 とかホントにおもしろかったもんな。
今でもこの2冊はよく読み返す。日本サッカーの夜明け、っていえる頃だな。

今年のワールドカップで日本はもうだめじゃないの?、、みたいな空気が蔓延しているが、私は逆に期待してるね。松井大輔のほかにも、本田とか森本とか、一応日本にも期待できる選手がいるし、とにかくサッカーはやってみなけりゃわからないスポーツだ。
アトランタオリンピックのU-23日本 vs ブラジルの一戦を思い出してみれば分る。

  マイアミの奇跡

ああいうこともあるんだよな、サッカーには。
例えばバスケットボールとかには考えられない奇跡が起こるのだ。
ワールドカップまで、あと41日と22時間!

関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in サッカー

Midnight Silence

04 28, 2010
深夜の国道を走っていると、徐々に心が解放されてくる。

時速80キロ。車内には Kenny Kirkland のピアノの旋律。
上着のポケットから LARK Mint Splash 7 の箱とライターを取り出す。
フィルタを一噛みすると、『カシャ』 という小気味良い音。
ライターで火を点け、サイドウィンドウを数センチ開ける。

ずっと昔に嗅いだようななつかしい匂いがする。
国道や、山や、木や、動物や、植物や、そして川。そんな匂いだ。

私は毎日、通勤で50キロくらいドライブするのだが、まったくチョロいもんだ。
東京、横浜の1時間半の通勤に比べると天国のようだ。
好きなクルマを、ガラガラに空いた国道にて、70~80キロで流す。
片手でハンドル。片手でタバコ。両耳にカークランドのピアノ。

運転するのが好きなのだ。
別に峠道のカーブを責めていなくても、名神で180で快走しなくても、運転は面白い。
70キロくらいで国道の普通のカーブを走っているだけで心地良い。
ハンドルを切る。
切っただけ車体が向きを変える。
今、まさにカーブを曲がっているクルマの中にいるのが、喜びのひとつだ。
別に速度がそんなに乗ってなくてもちゃんとGが掛かってるのが分るし、出口を見つめて疲れた体や脳をコーナリングに集中させる。

いつかアーカンソーやミネソタの国道を、こうやって走ってみたい。
60を過ぎてからでもいい。
とにかく合衆国の州から州を、心行くまでドライブしてみたい。



関連記事
0 CommentsPosted in 日記

豪邸のベランダ

04 26, 2010
快晴の、雲ひとつない日曜日。
昼の12時半から、夜の12時まで、およそ11時間30分にわたって飲んだ。

drink

小学校~中学校と一緒だったT氏の豪邸のベランダで飲み始める。
まずエビスのブラックを2人で半ダース、軽く3本づつを開ける。次に金麦500半ダースに移行。

焼き鳥が大量に出てきた。
これは誕生寺というところの人気ブロイラー店の1本60円のくしで、これが実に肉々しくてウマイんだな。

鶏肉
神目

ゴクゴクと、次々とビールを開けてゆく。大酒飲み状態だ。
T氏が、「ニンニク大丈夫」と言うので、私が持参した蒙古タンメン中本を食べる。
田園風景を見下ろしながら、酒を飲みながら、カップ麺すすりながら、最高の気分になってくる。

中本

次はやはりバーボン。
Early Times と Old Crow のボトルが出てくる。
バーボンを注ぎ、WILKINSON のジンジャエールを加え、ライムかレモンを搾る。
これがウマイわけだ!
(T氏によると Canada Dry のジンジャエールではまったくダメなんだそうだ)

WILKINSON
OLD CROW

鶏肉食う食う、バーボンあおるあおるで、日暮れ時までに完全に出来上がった。

肌寒くなってきたので、T氏の部屋に移動。パソコンが新しくなっている。非常に色んなものがある。
T氏の父親も加わり、日韓併合、日中戦争、竹島、尖閣、たいへんな話になってきた。

「日本が戦った大東亜戦争というのは・・・・・・・」
「えらい!君は太平洋戦争ではなくて、大東亜戦争という言葉を使う。えらい!」

エンドレスな国防会議が続き、豪勢な夕食が運ばれてきた。遠慮なく、残すことなく、頂戴する。
ほとんど話してるのはT氏の父で、私は肯き、T氏は酔っ払って寝ている。
ひさびさに量を飲んだ。



今日はそのおかげで、調子悪かった。完全たる2日酔いとはこのことだろう。
日本東部の人には分からない表現だが、とてもえらい




関連記事
0 CommentsPosted in 食べ物、飲み物

Maserati Quattroporte

04 24, 2010
Tonight, I'll have "焼きめし&チキン南蛮弁当" with "金麦 RICH MALT 500ml" looking so good.

焼きめし&チキン南蛮弁当 with 金麦

今夜は帰り道、姫新線ガード下のたこ焼きを購入。14個で300円。どうみても80歳くらいの方が焼いている。
ソアラの中でたこ焼きを食べながら運転するのは、なかなか難しい。でもウマイ。中がトロトロ。



金曜日の午後。
私とR氏は、Fiat, Alfa Romeo, Maserati 正規代理店 『サクセス』 へ。(岡山県民しか知らない)
旧2号線に面したショールームに、私はソア・・・いやアストンマーティンを乗り入れた。

R氏 「あれっ?マセラティあるのかな?」
わし 「あるじゃん、あそこの左はじに!ほら」

ありました。ありましたよ。マセラティ・クアトロポルテ。

maserati

クルマやバイクのことをなかなか褒めないR氏が、ちょっと見に行こうかと興味を示している4ドアセダンだ。

ショールームにツカツカと入り、ツカツカとクアトロポルテの前に行き、2人で眺めていると、
セールスの人が 「ドアのロック開けますから、少々お待ちください」 とのこと。

R氏は運転席に乗り込む。わしは助手席に。

 「このパネルなぁ、ここ見て。なんなら、このスキマは?これ、日本車じゃったらクレームじゃ」
 「ほーー、そのスキマねぇ(わしはあんまり気にならない)」
 「1700万円のクルマで、これ」
 「えーーーーっ!1700万もすんの?(せいぜい1000万くらいと思ってた)」
 「こんなの、自分で切って貼ったレベルじゃな」

確かにセンターコンソールのパネル(カーボンファイバー)のスキマの幅が、左・右・上で違う。
しかし1mm以下の世界の話だ。わしはほとんど気にならんけどな、正直。
それよりも、スエードみたいなアームレストとドアの内張り、それを赤い糸で縫ってあるのに目を奪われる。

マセラティ

またまた ↑ この曲がった縫い目のセンスがいいね。

この赤い糸を目で追っていくと、私は彼女のことを思い出す。
天気の良い日、私のイタリア車で東名~小田原・厚木道路を通ってハコネに行った時のことだ。
車内にはグロリア・エステファンの Cuts both ways が流れ、私はタバコを吹かしていた。
彼女はサイドウィンドウの方を向きっきりで、こちらを見ようともしない。
 「今日はどうしたんだい?ご機嫌斜めかな?」
 「別に」
 「いつもの笑顔見せてよ、何かあったの?」
 「別に」
私はハコネの古い旅館に予約を入れておいた。2人で一泊12万円だ。
安いものだ。私が5時間キーボードの前にいれば稼げる額だからな。(いったい何やっとるんじゃ?)
黄色のポルシェがわれわれを抜き去っていった。
私は反射的にアクセルを踏み込んだ。V12エンジンの12個のシリンダーが瞬時にそれに答え、
車速が見る見る上がってゆく。ファオォォォォーーーーン!120、160、200、240・・・・・
 「やめてよ、飛ばすの」
 「ああ・・・・・ごめん、ごめん」
そうだ、この子はスピード出すのを嫌がるのだった。忘れてた。
彼女は少々勝気なんだけど、仕事をやらせるといつもパーフェクト。
それに加えて、声も、二の腕も、足も、器量も、反射神経も、行動力も、パーフェクトなのである。

マセラティ

セールスマンがR氏に近づいてきた。
 「いかがでしょうか?」
 「これ12気筒かと思ってたらV8なんですね。ちょっとがっかり」
なんでもR氏は、すごい排気音がするのでその方向を見たらこの4ドアセダンが走っていて、このクルマに興味を持ったようだ。
確かにこの、一見普通の外観でフェラーリのエンジン音がすると 「おお、何これ」 と思うわな。
しかしR氏の意見ももっともだ。今やフーガでさえV8。韓国のジェネシスでさえV8を積んでる時代だ。

わしは買う気も買う金もないのでしみったれた質問をする。
 「このヘッドライトの下に並んでるちっちゃなライトは何なんですかねぇ?」
 「えーー、これはですねぇ・・・」
R氏がすかさず答える。
 「さっきロック解除の時光ってたから、多分ウィンカーと連動しとるんじゃないん?」
さすがR氏だ。なにごとも見逃していない。


   ◆ マセラティ・クアトロポルテ

 ピニンファリーナに所属していたデザイナー・奥山清行によるデザイン。
 全長5m超、全幅1.9m。4.2L、V8。
 インテリアに至っては、シートの内側と外側で異なるカラーを選択できる事に始まり、
 パイピングのカラー、ダッシュボードの上側と下側のカラー、ステアリングや天井や
 カーペットのカラー等、インテリアの大部分のカラーや素材を複数の選択肢から発注時に
 選択する事ができ、これら組み合わせを全て合計すると、実に400万通りにもなる。
 またホイールデザインやブレーキキャリパーのカラーまでも選択する事ができ、
 2つとない独自の個体に仕上げる事が可能である。GTSの価格は1695万円。


マセラティ

R氏は近づいたり、遠めに眺めたりと、じっくりとクアトロポルテを観察。
本当にじっくりと舐めるように見ている。
しばらく放っておこう。
わしはその横に停めてあるグラントゥーリズモに目が行ってしまう。(2ドアクーペ)

これは素晴らしい。このヴォリューム感。この輝き。獰猛な欧州イタリー肉食獣だ。
前からのFACEが、まんま牙を剥いている。

グラントゥーリズモ
グラントゥーリズモ
グラントゥーリズモ
グラントゥーリズモ

私は白のクーペを幹線道路に停車させ、ハザードを出した。
妻からの電話が長引きそうだからだ。
このところ午前0時までに帰宅してない日々が続いている。
まあ妻が小言を言うのも分らないではない。
北青山一丁目に、いつもの深夜の甘い空気が停滞していた。今日もぐったりと疲れた。
今日の私は8人のクライアントに会い、2件の新規契約をまとめた。
私が自分に戻れるのは、この白のクーペ・グランツーリズモに包まれている時だけだ。
そこに、、足が!
足だ!長い足だ!!!!
歩道を、見事なまでに磨き上げた足を超露出させた、ミニスカートのねえちゃんが闊歩しているぢゃないか。
私は即座に妻の電話を切り、ウィンドーをスルスルと下ろした。
 「ねえちゃん、ねえちゃん、、そこのキミっ!!わしとカラオケ行かへんか!?」
ねえちゃんはこちらを振り向きもせず、赤坂方面にスピードを全く変えずに歩み去った。
完全無欠の超無視。ピクリともせんかった。
・・・・まあいい。まあよかろう。何事もダメで元々なのだ。

クアトロポルテ

R氏はまあ、かなり、おそらくこのクアトロポルテ様のことを気に入ったようだ。
2人であれこれと喋っていると、女の子がアイスコーヒーを出してくれた。
その後も延々と、ナンダカンダと語り合う。・・・・・・こういった時間ってのは何より楽しいものだ。
好きなクルマについて、あるとあらゆることを自分の好き勝手に喋りあう。隅から隅まで語りあう。
とくにR氏はクルマの知識だけでなく、あらゆることに詳しいから、面白い。

 「わしも買わにゃーおえんなー、こんなのを」
 「買わにゃーおえんで、ほんまなー」
 「見た感じフツーのセダンで、どえらい排気音っつうのがええなぁ」
 「わしは昔、ようビートルズのLPを妹に買わせるのが得意じゃったんじゃ」
 「・・・・・・・」
 「おめー、こりょー買っとかんとおえんで!ゆーて買わしちゃろーかな?」
 「クアトロポルテをか!?かっはっはっはっは!!!!」
 「わしがうまいことゆーたら買うかも知れん。かっはっはっはっは!!」



R氏と別れ、私は津島の丘に上った。なつかしの丘だ。
1999年。私はこの丘の上で高等学校の数学の先生だった。

Okayama University of Science

堂々たる正門が出来ていた。高校部の駐車場に堂々と駐車し、私は理大40周年記念館の7階の入口へ。
エレベーターで1階に下りて、食堂に向かった。
大学生が歩いている。気楽そうだ。本当に気楽そうだ。いいなあ・・・・・
私はマセラティを見た後なので、そっと450円のA定食を注文した。
学生の奏でるのん気な会話をバックグラウンド・ミュージックに、私はひとり飯を食う。

私はセコイことに味噌汁供給ボタンを2回押し、溢れて、トレイが味噌汁だらけになってしまった。あーあ。
いつか、グランツーリズモかアストンマーティンDB9、どちらでもいいが、買える人間になろう・・・・・

A定食



関連記事
0 CommentsPosted in クルマ
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。