スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Hankook の侵略

09 30, 2009
タイヤ・ショップに颯爽とソアラで乗り付けたら、かっこいいにいちゃんが近づいてきた。若い。

 「あの、17インチのタイヤなんですけど、安いのをと・・・」
 「僕もソアラ乗ってるんですよ」
 「あ、そうなん?」
 「ソアラって、30が最高っすよね」

色も同じグリーンだと言う。
「今日は乗ってきてないんですよ」と言いつつ、しばらく携帯をいじって、愛車の写真を見せてくれた。

      こんな感じ ↓

30soarer

 「すげー、ホイール・・・いくつ?」
 「20インチです」

さすがにタイヤ・ショップのにいちゃんだけあってキメている。
しかし、若いのにグリーンの車体を選ぶなんてなかなかやるじゃないか。
ソアラは前期、中期、後期とあって、後期のグリーンが純粋な緑に近い。
前期と中期はちょっとブルーイッシュなのだ。

タイヤの倉庫に入って色々教わった。
ハンコック (というとジャズ・ピアニストのようだが)=Hankook という韓国のタイヤブランドが、比較的安いのでお薦めだと言う。
その横にまだあるじゃないか、安いのが!

 NANKANG (ナンカン)

わしはネットで見たぞ。
なんでも台湾製で 225-45 あたりが¥5000きってた。4本で2万。激安だ。
しかし、にいちゃんはナンカンはいかんですよ、と言う。
何でも中身の何かが薄いのとゴムの質が悪くて、壊れやすいそうだ。
壊れるというとおかしいが、ゴムが欠けたりするらしい。
そして重要なのが乗り心地で『接地感』が乏しく、しかもノイジーらしい。
悪いとこだらけやないけ。
世界のタイヤブランドのランキングで、このナンカンは40位あたりだと言う。
40位ならベスト100に入っているという考え方もあるが、しかし、ミシュラン、ブリジストン、グッドイヤー、ピレリ・・・(あと2つ)・・・がベスト6で、ハンコックが第7位らしい。
そして10位以降ともなると、聞いたことのないようなブランドばかりだと言う。

ハンコックよ。いい位置に着けているじゃないか。
私はあることを思い出した。
このあいだNHKで『アジアの新中流○億人(何億か忘れた)を狙え』みたいな番組があった。
携帯電話で日本国内トップシェアのSHARPが、中国の内陸部に廉価モデルを売りに行く話だ。
中国市場は韓国・中国製のモデルが席巻しており、売り場の中国人も言う。

 「日本一?・・・関係ないね。ここではシャープなんてブランド力がないから厳しいよ」

そうなのだ。
リッチな層は日本のメーカーの電化製品を買うだろう。
金があればシャープ AQUOSの大画面の液晶テレビでプレミアリーグを見ることだろう。
しかし特にアジア新興国の中間層は【完璧に】【全員が】 サムスン、LG と言って良い。良いだろう。
韓国のこの2社はじわじわと、尚且つしたたかに世界を侵略し始めている。
(まあ『中間層』という言葉はあいまいではあるけれど・・・)
みなさんもこれらのロゴくらい見たことがあるだろう。


samlg


今やサムスンは世界一の電器メーカーなのである。

マイケル・クライトンとか昔のアメリカの小説には、SONYのテレビ、TOSHIBAのノートパソコン、そしてセカンドカーにはMAZDAのミアータ(日本名・ロードスター)などなど日本製品が登場していたものだが、最近の小説には、『韓国製のコンポ』とか『韓国製のテレビ』なんつう言葉が出現し始めた。
サムスン、LG のブランド名までは書かれてないけど。
いや、分からん。わしが読んでないだけで、サムスンやLGや、自動車のHYUNDAI や KIA がもう沢山登場してるのかも分からんぞ。
オリンピックやワールドカップの競技場の広告看板を見よ。
コカコーラとマックとヒュンダイだけは必ずあるじゃないか。
渋谷のハチ公口のサムスンのネオン広告がなくなったという。
日本じゃあまり爆発的に売れないんだよね、韓国の家電とか車って。
そりゃ正直なところ日本人は「えーっ、韓国製ー?(チョンかよ?)」っていう感覚があろうから。
だが、しかし、日本で売れないからまだ大したもんじゃねーや、と思っていると大間違いな次元に達してしまっているのではないかと思う。
企業戦争における侵略はさり気なく、じわじわとやってくる。

 もう随分前だが私はLGのビデオテープが安かったので買った。何の支障も無かった。
 今テレビではLGの携帯の新型モデルのCMやってる。当然のように。
 電器屋でお薦めのミュージックプレイヤーを訊ねると、コレですと。よく見りゃサムスンじゃねーか。
 F1放送時のストップウォッチの横にLGのロゴが。憎たらしくも。
 K1の韓国ラウンドでバダ・ハリが KIA MOTOR のシャツ着てた。まあ開催地だし。


侵略の始まりとはこういうものだ。
話は戻って Hankook。
昨今の流行のホイールは18インチ以上。
17インチだと日本製のタイヤはハンコックと並べると値段に差があり過ぎて、勝負にならないから殆ど置いてないという。
実際日本製で一番安いという FALKEN は Hankook より、1本あたり約5000円高い。
まあ、わしに金がいくらでもあればそりゃBSでもミシュランでも履くわいな。
しかし1本で5000円違えば、4本でデリヘル1回呼べるやないけ。
貧乏は辛い。
『辛』の字で思い出したが、わしは韓国の『辛ラーメン』を箱買いしてて、よく食っておる。
辛ラーメン食って、ハンコック履いて、韓国人妻デリヘルに行けば完璧じゃないか!

genesis

  ↑ HYUNDAI GENESIS  ■ ヒュンダイ・ジェネシス

この車。
ヒュンダイが初めて自分で作ったFR車にして、初の高級車らしき物体。
発売して間もなくリーマンショックでうやむやになったが、景気回復したらアメリカ人買うんじゃないかなあ。
価格的にレクサスLS、ベンツの敵ではない。
4.6L・V8 が3万5000ドルということは、レクサスIS並じゃねーか。
内装がプラスティッキー、とか、乗り味がまだまだ高級車ではない、とか、つまりLSのパクリだ、とか、リアがBMWだ、とか、内装はモロSクラスの真似だ、とか、アストン・マーティンを真似たエンブレムだ、とか・・・誹謗中傷のネタはいくらでもあろう。
しかし安いんだな。
決定的に。
アラブの王子もヨーロッパの企業家も買わないだろうが、アメリカ人は安くてほど良ければ買うからな!
ネブラスカの片田舎でしょぼくれた安食堂をやってるベンジャミンが買うかもしれないな。




関連記事
スポンサーサイト
0 CommentsPosted in クルマ

プジョー 406クーペ

09 29, 2009
406

406クーペは黄色が、最も良かろうと思う。
この面構えを見て欲しい。
なんともスッキリとしたフロントマスクではないか。
このクルマが初夏の草原を駆け抜ける姿を想像して欲しい。
さわやかな日に、さわやかな女の子が助手席に乗っている。

 「君の短いスカートは、その・・・」
 「えっ、なに?」
 「いや・・・なんでもないんだが、その太ももはつまり・・・」
 「独り言か私に言ってんのかはっきりしてよ」
 「あっ、その・・・まあ、どっちでもいいんだけどさ」

彼女のサラサラの hair が揺れている。

昨今の車のヘッドライトはでかくて中身がごちゃこちゃし過ぎ。

目

  ↑こんなのが多いね。

プジョーのライオンマークが光っている。
今日はいい天気だ。
僕と彼女を乗せた黄色いクーペは湖畔にやってきた。

 「ほんとにいい天気だね」
 「そうね。気持ちいい」
 「もっと気持ちよくなりたい?」
 「えっ、なに?」
 「いや、何でもない、ただ・・・」
 「ただ?」
 「君のその細い腕の産毛がスェクシーに・・」
 「あ、なんか聞こえる」
 「・・・・・・」
 「何だろ?」
 「・・・・・・」
 「ベースの音じゃない?」



 「ほんとだ、ベースの音だ」
 「こんなところで誰が弾いているのかしら?」
 「はっはっは。知りたいかい?」
 「知りたい」
 「知りたいの?」
 「教えてよ」
 「そうか、教えて欲しければ、この・・・」
 「触らないでよ、もう!」
 「このあたりがやわらか・・・」
 「誰なのよ!」
 「うん、そうだな・・・」
 「早く教えて!」
 「まあそんなにせかすなよ」
 「・・・・もういい」
 「じゃあヒントをあげよう」
 「・・・・もういい。絶対聞かない」
 「・・・っと」
 「触んないでよ!」

406_2

彼女の機嫌の直ることはなく、フレンチ V6 サウンドを残しつつ黄色いクーペは緩やかな丘を越えていった。





関連記事
0 CommentsPosted in クルマ

魔羅節

09 27, 2009
ネットで甲斐庄楠音の絵を眺めていた。

甲斐庄楠音(かいのしょう ただおと)
は、京都生まれの画家。
驚くべき細密または獰猛な筆の力。
見る都度、畏怖の念を感じる。

怖いのだ。
【幻覚】は本当に背筋が極寒。
【横櫛】はまじで夢に出てきそうだ。

ふと岩井志麻子の本が読みたくなって本棚を探す。
彼女の代表作の「ぼっけえ、きょうてえ」の表紙が【横櫛】なのである。
横浜のとある重鎮が薦めて下さった「魔羅節」の文庫が目に留まった。
(しかし、まら→魔羅、と変換できないんだよな)

数年前のこと、重鎮が電話を掛けてきた。
今しがた BOOK OFF にて「魔羅節」を購入し興奮しているようで、裏表紙のあらすじを読み始めた。

  それは百年ほど前の、岡山でのこと。
  腐臭たちこめる茅屋に、行き場のない者たちが吹き溜まり、
  夜昼なくまぐわい続ける、禍々しい世界。
  男と女はもちろん、人とけだものから、死者と生者まで、
  相手かまわず嬲り合いの果て、幻想が現実を侵食し、
  すべては地獄へなだれこむ―――。


私はこの優秀な紹介文を書いた人間を褒め称えたおぼえがある。

早速「魔羅節」を手にとって開いたところの 『支那艶情』 という短編を読む。
この文庫、買ったはいいが殆ど読んでなくて、この 『支那艶情』 も初めてだった。
面白い。
そしてエロい。
スピード感と恐怖。
岩井女史の語りは端的&断定口調。
「うちはな、目の前でお母ちゃんを殺されたんよ。崖の上の道でな」
・・・絵が思い浮かぶ。
私は岡山人であるが故、会話に出てくる方言も完全に理解。

岩井志麻子。
これはやっぱり痛烈にえぐい。
映像でなく文章だからこそこのエロは成立している。
この内容は映画もドラマも漫画も不可能じゃないかな。
しかしながら、100年前の岡山の風景が生々しく視覚化される。

 『♪魚を獲るより 婿獲りゃれ わたしゃしたがり させたがり』

あ~こわ。怖かった・・・と思ったが最後、
次の短編のページをめくっているのである。


関連記事

日産 300ZX

09 27, 2009
300zx_1

最近太ったせいで、どうもクルマの加速が悪くなった気がする。
暴飲暴食はよくない。

しかしながら先ほども、王将の冷凍チャーハンにプラスしてラーメンを食ってしまった。両方に刻みニンニクを多量に投入したらウマイ。ウマすぎる。
ニンニクは刻みが重要であって、おろしニンニクは良くない。
刻みが実にいい。
しかしいったん太って取り返しのつかないことになってもいけない。
明日から必ずやおかゆと沢庵でも食べて摂生ライフを送ろうと思う。

日産 Fairlady Z32型、300ZX。
私はかねてからこういう ↓ ブルーがかったグリーンメタリックが好きだ。

300zx_2

300ZX は完璧なクルマである。
いや、まあ当時、私としては完璧と感じたクルマであった。
発売後間もなく、友人の親が購入。
その友人は平凡にも鈴木という名だった。
鈴木と私はまだ道路もロクに完成してない港北NTにて、300ZXを走らせた。
これは、すごい!
なんてカッコよくて速いんじゃい!
鈴木は言った。
 「おまえも買えばいいじゃん」
そんな簡単に買えるわけねーだろーが。
当時私は中古の角ばったセリカXX に乗っていたが、この流麗に丸みを帯びたスポーツクーペに 『時代の先端のセクシー』 を感じた。
この手のクルマに乗っていれば女の子はさぞかし喜ぶことだろう。
 「内装もいいじゃん」
 「そうだね」
 「着座が低いし、カーセックスしやすいね」
 「そうだろうね」
鈴木はクールな奴である。
彼は当時不幸臭がただよう女と付き合っていた。
この女がなかなか良いのだ。
何が良いかと言えば不幸を呼びそうな目だ。
普段は明るいが、微妙に不幸そうな目がそこにある。存在してしまっている。
若干だが確実に不幸を呼び寄せがちな悲しい目。
鈴木は彼女とこのクルマの中でやるのだろうか?
悲しげな目をして彼女はあえぎ声を・・・

300zx_3

10年以上製造されたこの300ZX。
V6・3リッター・ツインターボのエンジンが、国内で初めて280馬力に達した。
名車と言いたい。

関連記事
0 CommentsPosted in クルマ
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。