スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XBOX 360 Racing ~ この1年間

04 06, 2012
 

去年(2011)、4月17日に XBOX360 を購入し、そろそろ1年になる。
わたしは、レースゲームばかりをやってきた。

Xbox-360-microsoft.png

この1年間楽しんだレースゲームを、順を追ってねっとりと振り返ってみようと思う。




61yaJp2CILL_SL500_AA300_.jpg
DiRT2
コリン・マクレー・ダート2
 
XBOX 本体と共に購入。
PlayStation2 しか知らなかったわたしは、グラフィックの美しさに腰を抜かした。

クロアチアの、なんだか太いパイプの左右にかろうじて観測できる道なき道。
チャイナの茶色的石畳と、粉塵とあばら屋。
ユタ州の奇岩を貫く道と大平原。
マレーシアの熱帯雨林。
モロッコの城塞。

それらがわたしを旅に連れて行ってくれた。
世界中を旅することができるゲーム。
すばらしい。



51test-drive-unlimited-platinum-collection.jpg
Test Drive Unlimited
テストドライブ アンリミテッド
 
西洋的なコントラストの強さ。絵画風、ロードムービー風グラフィックに感動。
まるで自分が映画の中でドライブしているような感覚。

ホノルルのダウンタウンを、ノースショアの海岸を、あるいは草原・畑・山の中まで探検できる。
ドライブ好き人間の【自由=フリーダム】を、究極まで追求した名作。

さらに驚くべきは、ランボルギーニとバイクを運転することができる。
ランボルギーニのクルマとしての資質の良さがコントローラから伝わってくる。
わたしが声を大にして言いたいのは、『車が大きく見える低い視点』のかっこよさ。
ランボやキャデラックのオープンで路肩に駐車し、この視点に切り替えると、まさに映画のワンシーン。

あらゆる場所に思い出がある。
ミウラでトライした高速レース。DB9で攻めた山脈の峠道。スタジアムとその近くの複雑極まる立体交差。
そして極めつけは、ダイヤモンドヘッドの頂上の豪邸から眺めるワイキキ。

このソフトはクルマ・GAMEの革命と言える。



51fpolA7FaL_SL500_AA300_.jpg
BURNOUT Paradise
バーンアウト パラダイス
 
自由自在に走り回れるMAP。その広い箱庭の風景はなんともソリッドでクール。
クルマの挙動はこれまたアメリカン・チックで、ほどよく大ざっぱで好感が持てる。

高架から飛び降り、フェンスを突っ切って脇道にそれ、ジャンプ地点で豪快に飛翔。
特に街のセントラル・ディストリクトの構造たるや、カオス的混迷を極め、夢の世界。
3次元的快楽を見事に実現。
物理法則もこのゲームでは助長される。

荒れくれて朽ちた、しかしながら近未来的/道路風景。
いつかこんな街を実際にすっとばしてみたい思いにとらわれ、アクセルを全開。
アーバンな憂いに浸り、高速度でアドレナリンを放出したいならこのゲーム。



51pqz5c9+0L_SL500_AA300_.jpg
Forza Motorsport 3
フォルツァモータースポーツ 3
 
わたしは One-77 に乗りたいがため、お得な Ultimate Edition を購入。

今でも、ニューヨークの市街地コースのレース開始前の美麗な映像の衝撃が忘れられない。
なんじゃこれは!ゲームはここまできたというのか!ここまで細部を描くのか!
行ったことのない New York が目の前にあった。
これは、以前やった GT4 - Root246コース の衝撃をはるかに上回った。

クルマの挙動がこれまた良好。良質。
クルマの重みを、グリップを、スライドを、横Gを、ここまで現実的ドライビングに近づけた作品がかつてあったか?

    な い 。

人間は高速でクルマを操ることによって、現実のルーティンを忘れられる。
仕事や学校や家事手伝いなど、クソ食らえだ。
なぜ仕事や学校やアルバイトというもがこの世に存在するのであろうか?



51uzs8p7SJL_SL500_AA300_.jpg
PURE
ピュア
 
崖から飛び立ち、ものすごく低い地に、真っ逆さまに落下してゆく、比類なきスリリングゲームだ。
飛んでる間は、マカオタワーからのバンジー状態を体感できる。



51Dg9MZjQsL_SL500_AA300_.jpg
Test Drive Unlimited 2
テストドライブ アンリミテッド 2
 
期待が大きく、はじめてAmazonで予約購入したソフト。

何と言っても、イビザの風景の素晴らしさが、わたしの夢中プレイ度を加速させた。
この島の核となる街、エイビッサの小高い丘の旧市街の色。路地、花、石造り。
こういう、住宅の建て込み方や広場の作りや花の飾り方は日本になかなかないね。異国情緒。

テストドライブ アンリミテッドの良さとは・・
風で草がなびき、鳥が飛び、飛行機も飛び、客船が航行する。
フェラーリを道端に停めている時も、時間の流れを感じられることだ。
これにプラスして道を人が歩いたり、チャリに乗っていたり、車いすに乗っていたり、老人が杖をついてとぼとぼと歩いたりしていれば完璧なのだが。

このゲームに関しては苦言を2点挙げたい。

    1. 昼と夜を選べるようにして欲しい。 (夜が長すぎてせっかくの風景が見えん)
    2. オーバースピードでハンドルを切った時、蛇行が止まらない。

まあそれでも、これらの欠点をおぎない、更に余りあるほどの魅力がTDU2にはある。

One-77 や Pagani Zonda をブイブイ乗り回し赤茶色の岩場乾燥地帯を眺める。
高価な邸を購入し、服を着替えまくり、ベランダから海を眺め、ガレージにはメーカー別に車を並べる。
ヘアカット、整形をしまくり(わたしは女性キャラ)、カーディーラーにて、さえない男に手を振る。
(自分の好きなタイプの女の子を作り上げるのは楽しいもんだ)

そして何よりも、好きなクルマを、現実では到底買えないビークルを何台も乗り倒し、それらのわずかな挙動や出力の違いを確認しつつ、果てしない自由を満喫できるこの仕組み。
このGAMEの製作者に心から礼を言いたい。
本当にありがとう、と。



51JWvjb4JoL_SL500_AA300_.jpg
DRIVER: San Francisco
ドライバー サンフランシスコ
 
これは期待にたがわず【大当たり】のクルマ・ゲーだった。

発売前に Golden Gate Bridge にて自動車やらトラックやらパトカーが炸裂しているトレイラーを見て大興奮。
それに劣らない大事故を、実際に、ほんとに起こせるエクセレントなゲームだった。
大味だがバーンアウト・パラダイスよりはクルマの乗り味は現実のクルマに近い。
何が楽しいか?
 
   ・ごみ箱や街灯や電柱みたいなのを、痛快な音で破壊しまくれる。
   ・通行人が何か言いながら意気軒昂、猛スピードで逃げる姿が微笑ましい。
   ・通行人が落したバッグをそのまま放置し、逆向きに歩き去る。
   ・クラッシュ、レックト、事故った場合の車体の壊れ具合が、まことに秀逸。
   ・60fps かなんか知らんが、TDU2 をやった後やると、現実のようなヌメヌメ感。
   ・まさに爽快なドリフトと、まさに流麗・無比のジャンプを超手軽に楽しめる。
   ・日本にはそうない片側4~5車線ストリートで左から右からガキゴキと他車をパスできる。
   ・対向車線の大型トレーラーもしくは巨大バスで、悪党のクルマを破壊したときの感極まり。
   ・アストンマーチン・ラピードに乗れること。

などなど、キリがないが、やはり当ゲームの魅力は 【シフト=SHIFT】 であろう。

このシステムを考えた製作者の脳のひらめきは、洗濯機を初めて発明した脳に匹敵する。
車のゲームならではのストレスの解放(壁に衝突したら一旦バックしなくちゃいけないとか)。
あえてわたしはこのシフトという大幅にずるいシステムは【レジェンド】となると思う。おそらく。
レースゲームのグラミー賞トラフィック部門、カンヌ・ゲーム祭準グランプリ受賞。
ヨーロッパ人も中国人もアブラ人も、四海兄弟、温厚篤実、青天白日になれるだろう。
何だそれは?ということだが、
世界中のすべてのクルマ好きな人が 【シフト】 の恩恵を受けると幸せになれるということだ。

派手な交通事故は、なんせ金がかかる。
心も痛むし、体も痛む。
死ぬかも知れない。
ところがドライバー・サンフランシスコではそれが無料。



51TTwVfqu+L_SL500_AA300_.jpg
DiRT 3
ダート3
 
美麗なグラフィック。
スムースでクール(かっこいい)メニュー選択システム。

わたしはアフリカのコースが好きだ。背景が細やかに、いい感じの色で描かれている。
コースもかなりメリハリがあって良い。
メリハリのないラリーゲーというと、PS2時代のWRCシリーズかも。
左右に曲がることの繰り返しで、何の変哲もなくゴールみたいな・・
心に残るコースを作っていただきたい。
コリンマクレー・ザ・ラリー2のような。

非常に繊細に作りこまれてるゲームだと思うけど、わたしはジムカーナに興味が沸かない。
苦手意識旺盛で、なかなか次に進めない。
というか、車の基本的操作が下手なのだと思う。
今後の課題。



51aYVJUWI4L_SL500_AA300_.jpg
Split/Second
スプリット セカンド
 
これぞ待ち望んでいた種のレーシングゲームである!

スピード感、ブチこわし感、ダークに洗練された街の風景。
登場するクルマがまるでモーターショーのコンセプトカー風だらけ。

       超 楽 し い と 言 う 以 外、 ど う 説 明 す る ?

肌が合う。
馬が合う。
Split/Second とわたしとは、育った水(水質)が同じかのごとく、納得した。

このゲームの景色 → ビル、工場、クレーン、船、橋、山、空、その他分けのわからん建造物 を描いた人(美術担当の人)は、どう考えてもジーニアスだ。
ラテン語で言えばゲニウス。
日本風に言えば「高天原に神留坐す神漏岐・神漏美の命以」。

こんなにも想像力がある人がいるんだな。
こんなにも絵がうまい人がいるんだな、この世の中には。








レースゲームをやった後、実際のクルマを運転すると楽しい。
ハンドルに添える手から、アクセル・ブレーキを押す右足先から、喜びを感じる。

また逆もそうだ。
実際にクルマで家に帰ってきて、すぐレースゲーやると、これがまた楽しい。

00_20120406000835.jpg

わたしの所有するユーズド・2ドア Outdated なクーペは、いい感じにやつれてきた。
そこそこ速いんだな、踏み込むと。
ウィィーーーン  とね。

わたしはこれからもクルマとつきあうことだろう。
そして・・
老いて、朽ち果てて、死の直前までレースゲームをやり続けたいものだ。








   

   

   

   




スポンサーサイト
0 CommentsPosted in レースゲーム

DiRT3 + Wireless Speed Wheel

02 01, 2012
 

この組み合わせでケニアのダートコースを攻めている。

03_20120201153421.jpg

簡単に谷に落ちる。楽しい。

「DiRT3」(ダート3)は、歴史のあるレースゲームと言える。
コリン・マクレーというWRCドライバーがおり、彼が監修してラリーゲームを制作。
この男は英国人で、勲章を受けている。
1999年、日本でプレイステーションにおいて「コリン・マクレー・ザ・ラリー」が発売。
衝撃であった。

たかが12~3年の歴史か、と思われるかも知れんが、それはどうでもいい。
テクノロジー日進月歩の時代、10年を超えるレースゲームというのはそうなかろう。(あるか?)

61CXXCANCEL_20120201155101.jpg

なつかしいゲームジャケットである。
フィンランドの山登りコースで、いかにラリーが深いかをわたしは知ることとなった。
知ることとなったのである。
夜のUK(イギリス)。視界が悪くても、ラリードライバーはめげずに走らなきゃならないということを学んだ。

51WFT34T8ELAA168_.jpg

2作目。コリン・マクレー・ザ・ラリー02。
こいつはすばらしいゲームだった。
今でも転戦した各国のダートのうねうねと、うねる道が思い浮かぶ。

2000年。わたしは東に旅に出て、横浜の綱島の地ではじめてこのゲームに触れた。
すべてがすばらしかった。
グラフィック、車の挙動、難易度、システム、コースの多さ。
ゲーム機としての初代プレステの能力を最大限にまで引き出していたのではないか。

その頃、グランツーリスモ2が出たが、処理落ちしまくりで、わたしはコントローラーを投げた。
ゲームも捨てようかと思った。
やる気がしない。
ソニーのバカたれよ、処理落ちするようなゲームを作るんじゃない。アフォ。
ソニーのアホさはサムスンと提携したことでも分かる。
反省がないのかいまだにプレステ3は「SKYRIM」がカクカクだそうじゃないか。
・・まあそれはどうでもいい。

その後、Colin McRae the Rallyはパソコンゲームになった。

08_20120201162222.jpg

わたしはPS2での発売を待ち望んでいたのだが、3、04、2005ともPC版のみが発売された。
よって詳しいことは知らない。

PC版でも買えばいいじゃないか、と言われそうだがパソコンゲーはスペックがどうのこうので・・
しかし今、ハイビジョン液晶の画面で風景もクルマも緻密に描かれたラリー・ゲーをやっていると、時代の流れを感じる。
コリンマクレー2はCD-ROMだったのだ!
あの内容、あの画質が700MBの中に入れ込まれていたとは。





□ PS3・XBOX360 時代

2007年9月。「DiRT」というラリーゲームがPS3/XBox/PCで発売。

10.jpg

コリンマクレーとは関係なさそうだが、今までコリンマクレー・ザラリーを作り続けてきたコードマスターズの作品である。
これもやってない。
パイクスピークのヒルクライムが再現されているようだ。

そして2作目が発売。
大ヒットする。(ラリーのゲームで大ヒットっていっても知れてるけども)

13.jpg  COLIN McRAE DiRT2

わたしにXBOXを買わせたゲームである。
忘れもしない夏の日。仕事中ネットサーフィンしてると、「コリンマクレー・ダート2」の文字。
ほう、ラリーゲームか。
「DiRT」とはセンスがいい。
早速youtubeでDiRT2のプレイ動画を見たわたしの腰は抜けた。

なんじゃいこりゅあ!





DiRT3はヒットした前作2に比べ、画面がいい具合に暗めに落ち着き、ゲームシステムもクールになった。
だがダートの熱さは相変わらずだ。




0 CommentsPosted in レースゲーム

Black Curry not in Stockholm

01 30, 2012
 

curry.jpg

男の極旨 黒カレー


焦がしにんにく油&マカ入り

じっくり炒めた玉ねぎと「焦がしにんにく油」を効かせた濃厚なコク旨ソースに、やわらかチキンと南米の活力素材「マカ」を加えて煮込んだ、男のためのスパイシーな黒カレーです。




アマゾネスで5箱セットを購入したのだが、なかなかのカリーだ。

確かに黒い。
精力の源泉が凝縮されたような濃いブラックリー・カラーをしている。

ちょっとなんか、海苔(海苔の佃煮)のような味がするんだが気のせいか?

このカリーは、熱湯で温めて封を切った途端、あたり一面に「これぞカレー」香味が香る。
いいんじゃないかな。
食欲をそそられるんじゃないかな。

この香り高く発散する様子は「グリコLEE」を思わせるほどだ。
まあ、わたしが思うに、レトルトの最高峰は「LEE」なんだが、たまにはコレを食うのもいいかな、という感じである。





ドライバー・サンフランシスコもストーリー・モードを終え、難しいチャレンジを残すのみとなった。
難関が残った。

「60秒以内に50台のクルマを追い抜け」というのができない。

それとは別だが、おおよそ「運」が左右する「Not in Stockholm any more」というチャレンジ。
ついに成し遂げた。
サンフランシスコ湾を1周するハイウエイ。
一般車をよけつつ6分で1周しなければならない。
ほぼアクセル全開が要求される。


なかなか目が痛くなる・・・ ↓







2 CommentsPosted in レースゲーム

タナーの休日

12 07, 2011
 

Driver San Francisco - Tanner's Day Off / 2"20'22



 何度も何度もやり、午前3時半にようやくニューレコード。
 わたしの走りを見てくれ。 今夜はこれが限界・・







 タイム2分20秒22。 World Ranking 1025位。
 トップの奴は1分55秒台で走っている。

 どういうタイムなんだ、それは??




0 CommentsPosted in レースゲーム
プロフィール

babylonsist

Author:babylonsist
足の太い女は情が薄いらしい。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  02  01  09  08  07  11  10  09  08 
全記事表示
最新コメント
RSSリンクの表示
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
★★★★ おすすめ記事一覧 ★★★★
拍手の多い順に記事を並べています。 おヒマな時にどうぞ。

   ↓ ↓ ↓ ↓
******* BIKE *******
******* TRAVEL *******
******* TRAVEL 2 *******
******* GIRLS *******
******* GIRLS 2 *******
******* GIRLS 3 *******
******* MUSIC *******
******* MUSIC 2 *******
******* MUSIC 3 *******
******* CARS *******
******* CARS 2 *******
******* CARS 3 *******
******* DIARY *******
******* DIARY 2 *******
******* DIARY 3 *******
******* DIARY 4 *******
******* DIARY 5 *******
******* DIARY 6 *******
******* DIARY 7 *******
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。